CAST CHAIR UCHIDA キャストチェア ウチダ

Category : 事務用椅子
UCHIDAのCAST CHAIR(キャストチェア) に換えてから一カ月ほどが経った。
その間色々な箇所の調整をして自分の身体に合わせようと試みた。
15度動く背上部の反力調整。これは一番柔らかくした。
20度動く背もたれのリクライニング強度調整。
これも背もたれを任意の位置で固定できるので弱にした。


OLYMPUS E-520/ZD14-42

ランバーサポートは骨盤の上端をサポートするように設定。


OLYMPUS E-520/ZD14-42

最後まで残ったのが座奥調整と呼ばれているものである。
座面が前後に6cm移動できるものである。
これは、座る姿勢、文字を書く、キーボードで入力する、ウェブサイトを読む、本を読む、新聞を読む、リクライニングを深く倒して考え事をする等によって尻の位置と腰の角度が変わってくるので最良の設定はその都度変わることになる。


OLYMPUS E-520/ZD14-42

これらの芯だしの作業をしていて気付いたことがある。
机と椅子は、靴を履いていることを前提にして設計されているのではないか。
ということである。
そこで私は底厚18mmのスリッパを履いて調整することにした。
次に、一つの姿勢で最良の設定を固定すると、他の姿勢では極めて使いづらいものになることが分かった。
姿勢を変える度に椅子の設定を変えることはチョット煩わしく感じる。
そして、コンピュータが仕事の現場に入ってきて執務姿勢が変化したことで、楽な姿勢で画面を見ることに重点が置かれているように思える。
そのため、アーユルチェアの坐骨すわりをしようとすると腰が固定されないので、すぐ姿勢が崩れてしまうようだ。
もっとも、アーユルチェアは姿勢矯正用の椅子であるから、あらゆる場面での対応ができないのは致し方ない。
結論としては、単機能のものや人間工学的に追及されたとする製品は、長時間の使用に向かないようだ。
良く出来た単純な椅子が良いように思う、が、これがなかなか見つけられないのだ。

CAST CHAIR は、設定を変えながら使って私の身体に合うように調整していこう。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示