FC2ブログ

E-620とD5000

Category : Photo
普段持ち歩くのに携帯性の良い軽く小さなカメラがほしい。
撮像素子が小さければカメラは小さく作れる、のではないかという思いはフィルムカメラ時代の感覚なのであろうか。
少し前までは、デジタル一眼レフカメラはフィルム一眼レフカメラよりも大きくて重くて高価なため欲しいとは思わなかった。
デジタルコンパクトカメラはそれなりに小さい製品が開発され販売されているが、デジタル一眼レフカメラでは撮像素子がフォーサーズのオリンパスが小ささに挑戦し、E-420、520という製品を発表し販売しだした。
E-420とE-520の間を迷いに迷って、手ブレ補正機能が付いたE-520をWズーム付きで手に入れた。


E-30 E-620 のカタログから

ところがこのたびE-420、520とE-30の間を埋めるE-620という製品が発売された。
E-520よりもファインダーやオートフォーカス機能などカメラとしての基本性能が高くなっており非常に魅力的なカメラである。


D5000のカタログから

ペンタックスからもK-mという小さなカメラが発売されているが、ここにきてニコンからD5000という小さなカメラが発売された。
発表された仕様や機能はこれで十分と思えるD5000の展示品を手にして窮屈さを感じてしまった。

E-620はE-520と同じ重さであるが、とても軽く感じ風に流されるようでそれこそ手ブレが心配である。
片やD5000はE-620やE-520よりは重いのであるが質感を感じる重さであり、多少の風では動かないような安心感さえする。

カメラの大きさは撮像素子の大きさでは決まらないということが実証されたといえよう。
小ささを前面に出すのは販売上からは一つのセールスポイントになるかもしれないが、実際に使用してみてどんな具合なのであろうか。
人間の手に合った操作し易い大きさのカメラとはどのくらいが適正なのだろう。


カメラの大きさの数字を眺めてみることにする。
E-520  136.0W  91.5H  68.0D  475g  295.5mm  846c㎥
E-620  130.0W  94.0H  60.0D  475g  284.0mm  733c㎥
D5000  127.0W  104H  80.0D  560g  311.0mm  1056c㎥

各カメラの大きさの数字からみると、D5000はE-620より3mm幅が狭くE-520より9mm狭い。
D5000の奥行きは80mmで3機中一番大きくD90より03mm、D200より6mmも大きい。
E-620は20mmも小さいが、バッテリーが小さいためであろう。
D5000は幅こそ小さいが構造上高さとグリップは一番大きく寸法計、質量とも一番大きい。
質量感のあるD5000はE-520やE-620より85gしか重くないが、カメラの材質や重心が影響しているのかもしれない。
しかし、グリップとマウントとの間が狭いので右手の指が窮屈な感じであった。


関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示