FC2ブログ

アーユルチェアー モニター終了

Category : 事務用椅子
R0013181
RICHO Caplio GX100

試用品のアーユルチェアー 3月6日に試用期間が終わったので返却した。
アンケートで購入すると答えれば、そのまま使うことができたのかもしれないが、やっぱり決心がつかなかった。
アーユルチェアーの設計思想は理解できるのであるが、心地よく使うという面では納得できなかった。
カタログにも「姿勢矯正イス」と謳っているし、shioさんは「ワーキングチェアー」と位置付けている。

多くの人は、尻の痛みに負けて購入を断念しているのではないかと思う。
私は、このイスの設計思想には共感するので、苦痛を感じないで姿勢を矯正していく座面のデザインを工夫すれば良いと思っている。
「坐骨で座る」ことにこだわると痛さは避けて通れない。
しかし、「坐骨で座る=骨盤を立てて座る」ことに着目すれば、坐骨で座らなくても良いということになる。
座面を、骨盤が立つように作れば良いのである。

そこのところを会社は汲み取ってはくれなかった。
残念ではあった。

 

関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示