FC2ブログ

180127 iMac Retina 2017 A1418 設置

Category : iMac Retina
DSCF2570
養生のため1日置いて室温に慣らした。
すぐ電源を入れると、結露のためリークさせてしまうという経験があるから。



DSCF2571
外側の箱を開くとiMacの箱が現れるのは前回と同じ。


DSCF2572
iMacの蓋を開くと発泡スチロールに守られた本体がある。


DSCF2573
本体上部に箱が差し込まれていて、この中にキーボードとマウスなどが入っている。


DSCF2574
スタンドの底には、デザインはApple、組み立てはChinaのようなことが書いてある。
モデル番号が、A1418と書いてある。



DSCF2578
本体を取り出すと、薄い紙で覆われていてシールで封印されているように見える。


DSCF2577
シールには
「お使いになるには、設定時に画面に表示されるソフトウェア使用許諾契約に同意する必要があります。macOSを復元するには、サポートされたインターネット接続が必要です。」
と、書かれている。
これを読んで破らないと次には進めないのだ。



DSCF2580
Apple Japanが無料で回収する資源有効利用促進法('03/10/01施行)に基づく「PCリサイクルマーク」を貼付する。


DSCF2583
先ずは机の上に置いてみる。
同じに見えるが、高さがiMac Mid 2011の 45.1cmに対し45.0cmとなっているのはスタンドの厚みが薄くなっているためだろう。
幅は52.8cmで同じである。
重量は、iMac Mid2011が9.3kgに対し5.66kgと3.64kgも軽くなっている。



DSCF2585
左がiMac Retina のキーボード、右がiMac Mid2011のキーボード。
iMac Retina のキーボードは充電式のため電池格納のスペースがなくなっている。



DSCF2586
マウスも充電式のため電池格納スペース不要のため薄くなっている。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示