FC2ブログ

180215 BluetoothオーディオレシーバーLBT-AVWAR500が壊れたか

Category : オーディオ
P2176658 (1 / 1)
BluetoothオーディオレシーバーLBT-AVWAR500が壊れたか

いつものようにプリメインアンプとBluetoothの電源を入れる。
eXcomputerを起動しX-アプリを立ち上げる。
朝の音楽はクラシックが良い。
室内管弦楽の曲を選び再生をクリックする。

ーーーーーーーー・・・・・・・。

音楽が流れない。
再生状態はと見ると、刻々と秒数が進んでいる。
BluetoothオーディオレシーバーのLEDランプはペアリング状態であることを示す白色ランプを点灯させている。
接続端子はつながっているし、ボリュームもいつもの大きさになっている。

ELECOMのオーディオレシーバーは音質は良いが故障が多いという書き込みをどこかで見たような気がするので、一応点検することにする。

X-アプリで曲を再生する。
内蔵スピーカーから音が流れる。

オーディオレシーバーの電源を入れる。
LEDランプが点灯し、スピーカーからの音が消える。
ステレオから音は出ない。

オーディオレシーバーを切って、eXcomputerのイヤホンジャックからの出力をアンプのLINE入力につなぐ。
ステレオから音が出る。

この時点でELECOMのオーディオレシーバーの不具合を疑う。



OSのアップデートがあると何かしらの不具合が起こることがあるーとどこかで見たような気がしたので更新履歴を見た。

’18/02/02 にWindows 10 Ver.1709 の累積更新プログラム(KB4058258)がインストールされる。
’18/02/08 にWindows 10 Ver.1709 のセキュリティ更新プログラム(Adobe Flash Player 対応)(KB4074595) がインストールされる。

Bluetoothが使えなくなったのが’18/02/09ごろからなので’18/02/08にインストールされたAdobe Flash Player 脆弱性緊急修正版が原因ではないかと疑う。




P2176659 (1 / 1)
まず、ドライバーが壊れたのではないかと思い、「最新のものにすることで解決する可能性がある。ー(ELECOMのサポート)」とて実行する。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→デバイスマネージャ→
① Microsoft Bluetoothプロトコルサポートドライバー右クリック→プロパティ→ドライバーの更新→最新のものです
② LBT-AVWAR500→右クリック→プロパティ→ドライバーの更新→最新のものです
〜を確認して、接続して試験するが音は出ない。




次に、ペアリングの再設定を行う。
① Bluetoothデバイスの削除
コントロールパネル→ハードウエアとサウンド→デバイスとプリンター→LBT-AVWAR500→右クリック→デバイスの削除→はい(Y)

② Bluetoothのペアリング
スタート→設定→デバイス→Bluetoothとその他のデバイス→Bluetooth→Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する→LBT-AVWAR500 を選び完了

LBT-AVWAR500があることを確認して接続し試験するが音は出ない。

LBT-AVWAR500を介さず直接コードを接続し確認するも音が出ない。




P2166651
eXcomputerからの出力がない。

コードを外す。

X-アプリが再生モードになっていることを確認する。

オーディオマネージャ→ボリュームコントロールを見るとX-アプリのスピーカーが生きていない。
画面を見ると、ボリュームコントロールの右側にあるスピーカが✖️になっている。
スピーカーをクリックすると内臓スピーカーから音が出た。

LBT-AVWAR500を接続し電源を入れる。

LEDランプが点灯しステレオから音が出た。




回復作業に入る前に直結で音が出ることを確認している。

スピーカーのオンオフはF8で操作できることがわかったが、回復作業中の確認時にF8を触ってしまったのかは分からないので、「ドライバーの更新」で回復したのか「ペアリングの再設定」で回復したのかは確認できない。

〜が、6日間悩んだBluetooth不調が解決できたので「復元ポイント」を作成しておいた。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示