FC2ブログ

181223 Flickr 無料アカウントをFlickr Pro へ

Category : iMac Retina
スクリーンショット 2018-12-22 83229

flickr に画像データを転送しようとするとこんな画面が表示された。



スクリーンショット 2018-12-22 84129

赤枠の中の文をGoogle翻訳に貼り付けると、
「Flickr無料アカウントは1月8日から1000以上の写真をアップロードできなくなる。15%割引でProにアップグレードしてください。割引は2019年1月8日まで。」
のような内容である。



スクリーンショット 2018-12-22 84526

1000 というのは1月1000画像を送信できるのかと思ったが、無料アカウントでは合計1000画像ということなので、現在転送してある14,000画像が1000になるということであった。
ブログに貼り付けた画像がほとんど消されるということなのである。



スクリーンショット 2018-12-22 100911

それはチョット困るので、ハードディスクにバックアップを取ってはいるが1年間7,000円程度を支払い2代目の画像のバックアップとして使うこととした。

スクリーンショット 2018-12-31 141446





Flickrの画面を開くと、下の方に、Proへのアップグレードを促す記事が出ていた。


スクリーンショット 2018-12-23 215009

スクリーンショット 2018-12-31 153825




スクリーンショット 2018-12-23 215021

スクリーンショット 2018-12-31 154303



Flickr Proへの変更方法を検索すると、24hours plus one の「Flickr Proへの移行と手続き方法」という記事があったので、それを読んで参考にさせてもらった。

スクリーンショット 2018-12-23 215054

スクリーンショット 2018-12-31 155222




スクリーンショット 2018-12-23 220139

真ん中のがすでにここを選んでというふうに強調されていた。
月額の金額が表示してあったが、右に月額プランがあったのでそれとの比較だろう。
$4.99が15%引きの$4.24と表示されている。



スクリーンショット 2018-12-23 221754

1年目は$50.90だが2年目からは$59.88になる。



スクリーンショット 2018-12-23 223133

支払い方法は、クレジットカードとPay Palがあったが、Pay Palは使ったことがないのでクレジットカードにした。
ここまで進んで手続きが終わった。




スポンサーサイト



181212 パソコンを使ったことがない

Category : 政治
DSCF1137
'18/11/14に開催された衆議院内閣委員会で立憲民主党会派の今井雅人委員から「バソコンを使ったことがあるか」と質問されたサイバーセキュリティ戦略本部担当大臣桜田義孝五輪相は「使ったことがない」と答弁した。


DSCF1138
立憲民主党(会派)・今井議員「パソコンもいじったことがない方が、サイバー空間のセキュリティー対策をするなんて、とてもわたしには信じられない」と発言したようであるが、バソコンを使っている人がサイバー空間のセキュリティーに精通している、精通していなくとも知っていると思っているようであるが、実際のところどうであろうか。


DSCF1139
バソコンにはウイルス対策ソフトを入れているから大丈夫だ、と思っている人が大多数ではないだろうか。
バソコンは便利な筆記用具、文房具の一つだろう。

組織のトップの人が自らパソコンで処理する必要はない。
処理された結果を見て判断し、指示すれば良い。



DSCF1142
サイバーセキュリティのことと、バソコンで仕事することとは次元が違うということを今井議員は知らないふりをして、あるいは桜田大臣がパソコンを使わないことを知っていて質問し、答弁を求めたのだろうか。


DSCF1146
いずれにしても、質問としては質問者の程度が知れる質問だと、会派も質問内容を確認したであろうからその会派(スーパーコンピュータ、汎用コンピュータ、オフイスコンピュータ、パーソナルコンピュータなどについて知っていると思われる)の国会議員はこんな程度だとあきれていたところ、こんな記事に出会った。


経営者はパソコンなんか使わないぞ・・・〜(日経XTECH)」



181206 脳にダメージを与える生活環境

Category : モテたい脳、モテない脳
DSCF1129
脳にダメージを与える生活環境

阿川 結婚というものが幸福感を生み出すというお話でしたが、母性本能とか、育成意欲とかいうものが退化しているということはあるでしょうか。

澤口 あります。

阿川 子どもを産んで、産んだ子どもに対する愛情がわかない人が増えているのかなあ。
母性本能というのは、どんな女にも生まれるというふうに、私たちの世代は思っていました。
「こんな不良でも、子どもが生まれたら、ちゃんとお母ちゃんになるんだよねえ」みたいな感じがあったんですけれども、それを疑ってしまうような悲惨な事件が多発していますよね。
これはもはや、人間が変わってきたのだろうかと思いたくなる。




DSCF1131
澤口 ええ。これは大きな問題になっていて、実際問題として脳は変わりますけれども、進化的なレベルで簡単に数十年、数百年で脳が変わることはありません。
ここ二、三万年はわれわれの脳は変わっていないはずなんです、そんなにドラスティックには。
しかし、変わってきていると疑いたくなることが多いのも事実です。
確実にいえることは、環境が変わったということです。
われわれが問題視しているのは、大きく2つあります。
環境ホルモンと食生活です。
現代は脳にダメージを与える生活環境になってきてしまっているといえます。




DSCF1133
阿川 環境ホルモンと食生活…………。
澤口 たとえば、亜鉛は体に非常に重要な物質で、脳にとっても重要なんです。
インスタント食品の中にはフィチンという物質が含まれていることがあって、体が亜鉛を吸収するの妨げてしまいます。
そうすると、脳の中の亜鉛が少なくなるので、犯罪行為を犯しやすくなります。
インスタント食品がこんなに出回っていたら、亜鉛不足が深刻になるでしょう。
また、亜鉛が不足すると精子の数も減ります。
だから、環境ホルモンで精子が減ったといわれていますが、じつはインスタント食品とか、普通の食生活でもかなり影響を受けているんですよ。
実際、子どもが生まれなくなっていますよね。
それは男性の精子の数が少なくなってきているからです。




DSCF1135
阿川 精神的な要因だけではないんですね。

澤口 ええ。精子の数が少ないと、妊娠させることができません。
今、もともと妊娠させられないような男性が増えてきています。
それと、女性がきちんとした排卵をしないということもあります。
排卵しない理由に内分泌撹乱物質、環境ホルモンの影響があったりします。



『モテたい脳、モテない脳 (澤口俊之、阿川佐和子著)』より抜粋





カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示