FC2ブログ

170427 「共謀罪」49%内容知らず

Category : 北海道新聞
170427共謀罪


'17/04/27の朝刊記事から

  「共謀罪」49%内容知らず

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案について、北海道新聞社が世論調査を実施したところ、
改正案の内容を「知らない」と答えた人が49%と半数近くに達した。

改正案の賛否については「賛成」48%、「反対」45%と拮抗した。
改正案は14日から衆院法務委員会で実質的な審議に入ったが、認知が進んでいない実態が浮き彫りになった。


「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の内容について、
「少しは知っている」が44%、「よく知っている」が7%で、合わせて「知っている」は51%。
一方で「あまり知らない」は32%、「まったく知らない」も17%いた。


支持政党別では「知らない」と答えたのは
自民党48%、公明党51%と半数前後
支持政党なしの層は55%だった。


これに対し、民進党支持の61%、共産党支持の71%が「知っている」と答えており、国会審議で改正案に反対する野党の支持者を中心に、関心や認知が広がっているとみられる。


改正案の賛否では、
「反対」が70歳以上で56%、60代で62%、50代で58%とそれぞれ過半数を占めたのに対し、
40代では「賛成」が57%、30代以下では71%に達しており、若年層ほど改正案への支持が高かった。


安倍内閣支持層では「賛成」が70%、不支持層では「反対」が70%と対照的だった。


〜と、している。




この記事は、どう読み解けば良いのだろうか。
まず、見出しでは49%が内容を知らない〜としている。
逆に51%は知っていると・・・。

賛成48%、反対45%としているが、内容を知らないで賛成反対はないと思うので、「知っている」51%の内訳であろう。

「知っている」のは、
自民党支持者52%、公明党支持者41%、民進党支持者61%、共産党支持者71%である。

「反対」が50代以上が56〜62%、「賛成」が40代以下の57〜71%。
「賛成」は安倍内閣支持層で70%、「反対」は不支持層で70%と。

自民公明支持は40代以下が多く、民進共産支持は50代以上が多いということなのだろうか。

分かりづらい記事である。



スポンサーサイト



170415 共謀罪

Category : 北海道新聞
170415共謀罪


'17/04/15の朝刊34面に「共謀罪を考える」と題して書かれている。

反対の声 若者からも
「国が言うこと正しいか考えよう」
の見出し

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に対し、若者たちが反対の声を上げ始めている。
「安全神話」が崩れた2011年の東京電力福島第1原発事故などを多感な時期に経験し、国を「疑う」ことを知った彼らは今、国会審議にも厳しい視線を向ける。
ツイッターなどを駆使し「国が言うことが本当に正しいのか。一緒に考えよう」と呼びかけている。


2011年の東京電力福島第1原発事故の対応は民主党政権であった。
当時民主党は、国の安定的な電力の確保を原子力発電に求めていた。




若者グループが7日、弁護士を招いて「共謀罪」の勉強会を開催。
参加した団体職員は「『犯罪は既遂を処罰する』のが刑法の大原則だと初めて知った。共謀罪はそれに反している」と話す。


〜と紹介。
ISが日本を攻撃すると表明してから時間が経ち、その危機感も薄れているだろう。
各国ではISに限らず頻繁にテロが起きていて、その報道に頻回に接する。
テロが起き犠牲者が出てから犯人を割り出し、捕まえて処罰するのが正しいとの考えである。




「『国のやることだから仕方がない』と思う人もいるかもしれない」と団体職員氏。
「でも自分のように、じっくり説明を聞けば気付くこともある。ただ『反対』と叫ぶのではなく、周りに丁寧に伝えていきたい」


〜と記事は結んでいる。









170413 介護法改正案強行採決

Category : 北海道新聞
170413介護法改正案強行採決

'17/04/13の朝刊5面に介護法改正案強行採決 衆院厚労委「共謀罪」審議に影響も の見出し記事がある。

中身の記事はこうだ。

衆院厚生労働委員会は12日、介護保険関連法改正案を自民、公明両党などの賛成多数で可決した。

民進党議員が改正案と直接関係のない大阪市の学校法人「森友学園」の問題について質問したことに自公両党が反発し、採決を強行した。〜とし、

民進党は態度を硬化させており、安倍政権が今国会での成立を目指す「共謀罪」法案の審議にも影響が及ぶ可能性がある。〜と要約で北海道新聞は予測している。

本文で、民進党の柚木道義氏は、与野党が事前に質疑で取り上げないことを確認していた森友学園の問題に関し首相に質問。
丹羽秀樹委員長(自民)は改正案に関連した質問をするよう注意したが、柚木氏は応じなかった。
このため与党は「信頼関係が崩れた」とし、質疑終了後に当初は予定していなかった採決に踏み切った。

民進党の山井和則国対委員長は採決後、国会内で記者団に「こんな国会運営はありえない。森友疑惑隠しだ」と批判。
「他の委員会での(与党側との)新たな日程協議はストップしている。国会は不正常になった」とも述べた。
〜とし、与党委員長の進め方が悪い記事にしている。



委員会の進め方を協議する各党の委員からなる議事運営委員会(議運)という組織があり、そこで委員会をどのように進めるかあらかじめ協議しているだろう。
議運で森友学園の問題を取り上げないことを確認していながら民進党の柚木道義氏が議運の決定を無視して発言したものであり、民進党の山井和則国対委員長の「こんな国会運営はありえない」発言は、国民は国会運営の仕組みを知らないだろうからという認識から出た言葉であろう。

民進党として発言するので柚木道義氏個人の考えではなく、民進党の指示によるものと考える。
民進党とはこういう党なのだ、ということをこのような記事にしてあたかも反対の意味に仕立て上げているようだ。




170413国民代弁政権奪取

同じ5面に、国民代弁し政権奪取を の見出しがある。

本文で、党勢回復のためには「安倍政権の政策に対抗して同じ土俵に乗るのではなく、国民の大多数がもっともだと思うことを代弁することで政治を動かしたい」と民進党の山尾志桜里前政調会長の講演を報道している。

社会保障など国民の関心の高い分野で党独自の政策を打ち出す提案路線で、再び政権交代を目指す考えを示した。そうな。

日本をどのような国にするのかという政策を論ぜず、社会保障など国民の関心の高い分野で党独自の政策を提案して政権交代が可能だろうか。


170411 駐韓大使に韓国不快感

Category : 韓国
170405駐韓大使


'17/04/05の朝刊一面に「駐韓大使が帰任 3カ月ぶり」の見出しで、
韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題で、対抗措置のため一時帰国していた長嶺安政駐韓大使が4日、ソウルへ帰任した。
近く黄教安ファンギョアン大統領代行と会い、慰安婦問題の最終解決を目指す一昨年末の日韓合意を遵守するよう働き掛ける。

長嶺氏は4日夜、ソウルの金浦空港で報道陣に「早速黄大統領代行にお会いして、日韓合意の実施について強く求めていく」と述べた。

釜山の少女像は移転の見通しが立っていないが、日韓合意を結んだ朴槿恵前大統領が罷免されるなど韓国の政局が大きく動いたため、帰任が決まった。

また、北朝鮮が週内にも、核実験や弾道ミサイル発射などを強行する懸念もあるため、日韓の連携を密にする。
〜とした。




170406北朝鮮ミサイル


4月6日の朝刊一面には、
「北朝鮮の挑発警戒 ミサイル発射 政府、失敗の見方も」と題し、
北朝鮮が弾道ミサイルを発射した5日、日本政府は米韓など関係国との連携を取りながら、情報分析を進めた。
弾道ミサイルの高度や飛距離から発射が失敗だったとの見方が広がったが、米国などを揺さぶるため、北朝鮮がさらなる挑発行動に出る可能性も大きいとみて警戒を強めている。

政府は、軍事力行使を含む「あらゆる選択肢」を排除しないとするトランプ米政権の対応が焦点になるとみており、米側との情報共有を急ぐ構え。
菅氏は会見で「米国の『あらゆる選択肢がテーブルの上にある』といった発言は評価している」と述べた。
〜とある。




170407駐韓大使


4月7日朝刊7面中段に
「黄大統領代行と早期面会困難に 駐韓大使に韓国不快感」との見出し

韓国外務省の報道官は6日の記者会見で、ソウルに帰任した長嶺安政駐韓大使が黄教安ファンギョアン大統領代行に面会を求める発言をしたことについて、事前に「両国間で調整されていない状況で対外的に話すのは適切でない」と不快感を表明した。
日本側は今後も調整を続ける方針だが、早期の面会は困難な情勢だ。

報道官は面会の可否について「外交慣例や必要性などを総合して検討し、判断する」と説明。
検討に時間がかかることを示唆した。

長嶺氏が、従軍慰安婦問題の解決を確認した日韓合意の履行を求めるために面会を申し込んでいることから、日韓合意への反発が強い韓国世論に配慮したとみられる。

韓国メディアは、大使と大統領代行では「格が合わない」との見方もあると報じた。

〜と。



駐韓大使が4日に帰任し、北朝鮮が5日にミサイル発射。
政府の、軍事力行使を含む「あらゆる選択肢」を排除しないとするトランプ政権の対応に対する5日の記者会見。

慰安婦像の移転や撤去が少しも進んでいない中での大使の帰任が、朴槿恵前大統領が罷免され韓国の政局が大きく動いたためとしているが、それだけだろうか。





170404 教育勅語

Category : 北海道新聞
170404卓上四季01


2017/04/04の北海道新聞「卓上四季」に教育勅語について書いてあった。

中段に、
勅語に親孝行や夫婦円満などの徳目が盛りこまれているが、そもそも明治政府が天皇制を守るために国民に授けた教えだ。
「万一危急の大事が起こったならば・・・一身を捧げて皇室国家のためにつくせ」(旧文部省の通釈)とあり、軍国主義に利用された。
と、している。

「勅語」とは、天皇の意思表示の言葉(新明解国語辞典)とされ、さらに広辞苑では、明治憲法下で天皇が大権に基づき機関の参与をまたず、親しく臣民に対して発表せられた意思表示、としている。

さらに、「危急」とは、生死にかかわるような非常に危険な事態が間近に迫っていること、「大事」は、根本にかかわる重要な事態であり、危機が迫り、このまま生き残るか滅びるかという重大な分かれ目が起こった時は、国家の存立のために一致団結してつくせ、ということだろう。

ので、明治政府が天皇制を守るために国民に授けたとするのは、卓上四季氏の従来のものとは違う新しい解釈である。



170405 百年前の世界

Category : 変見自在
DSCF2464
変見自在 高山正之

 百年前の世界 



アルゼンチンの観戦武官ドメク・ガルシアは装甲巡洋艦「日進」に乗ってロシア艦隊が日本海に没していくのを目撃している。

彼の観戦記には戦いを前に甲板を洗い、自身も沐浴し、清潔な着衣に改める日本人の戦争のマナーが驚嘆の言葉で綴られている。

彼の祖国の海軍も、間もなくまみえるロシア艦隊も、戦いではどうせ汚れるのだからと汚い服で済ます。

それで被弾負傷すれば確かに要らざる感染菌にまみれることになる。
冷静に戦いに備える日本人を見ていて「ふと祖国の海軍にいた先住民水夫を思い出した」というくだりがある。




DSCF2466
過去形なのは19世紀末にロッカ将軍が国家近代化を唱え、国中の先住民を皆殺しにしてしまったからだ。

昨日まで一緒だった水夫も含め、黄色い連中を駆除することが近代国家の体裁だと信じられていた。
「白いアルゼンチン」を実現したロッカはその功績で大統領に就任した。
隣邦りんぽうもそれに倣った。
ウルグアイは白人度100%にまでもっていった。




DSCF2468
この7月、南米を訪れたアルゼンチン出身のフランシスコ法王は16世紀にスペイン人が行なった先住民虐殺に触れて「謙虚に謝罪したい」と言った。

それがつい100年前まで法王の祖国でも行われていたことは黙っていた。




DSCF2471
同じころ米国のサウスダコタ州ウーンデッド・ニーで第7騎兵隊が女子供を含む最後のスー族400人を皆殺しにした。

これで2世紀に及ぶインディアン殺しはほぼ終わり、第7騎兵隊は連邦議会から表彰を受けた。




DSCF2472
カナダではキリスト教会が先住民淘汰を主導した。

ハーバー首相の謝罪演説によるとカナダでは19世紀中頃からイヌイットなど先住民の子供が教会の寄宿舎に強制隔離され、虐待され、緩慢な人種と文化の淘汰が進められた。

子供達はキリスト教と英語を強制され、先住民の「汚い言葉」を使うと凄まじいリンチを受けた。

隔離総数は15万人。
うち5万人が寄宿舎内で殺されたという記録がある。




DSCF2473
豪州も同じころ先住民淘汰のピークを迎え、その頃の呼び名「スカル・クリーク」(死体処分場)が今、地名として残っている。

ここでの先住民殺しは20世紀も続けられ、シドニーの州立図書館所蔵の1928年の日記に「今日の収穫アボリジニ17匹」(降簱学『残酷な楽園』)とある。

旧約聖書では約束の地カナンに入ったユダヤびとは神の命で先住の民を殺しまくった。
男は皆殺しにされ、妊娠した女は腹を裂かれて嬰児も殺された。
処女は神からの贈り物、みんなで弄ぶがよいともある。

豪州の元首相ジョン・ハワードはアボリジニ殺しについて「私たちの倫理観はユダヤ教、キリスト教から来ている」(朝日新聞2月18日)と語る。
白人が有色人種を殺すのはキリスト教的倫理観に適い、むしろ神が望まれているのだと言っている。




DSCF2475
同じ19世紀末、来日したラドヤード・キプリングは「日本はいずれ米国の植民地にされ、ボタンを作る工場にされる」と予言した。

実際、その翌年には米国がハワイ王国を潰し、英国はビルマ王国を植民地にした。
国王はインドに流され、王女はインド兵に下げ渡された。

次はキプリングが言うように日本の番だった。




DSCF2478
安倍談話の冒頭の「百年以上前の世界」とはこんな状況だった。
有色人種は国家主権どころか生きる権利すら持てない時代だった。
そんな時に日本が立ってロシアを倒した。
白人は神ではなく、ただの残忍な文化の破壊者だったことを日本人が世界に教えた。

イスラムの国々は狂喜し、ネルーはドーバー海峡の船の上で飛び跳ねた。
孫文も「日本人にできるなら支那人にもできる」と言った。
他はともかく、お前たちには無理だ。




DSCF2480
日露戦争はそれほどの重みと意味があった。
朝日新聞は日露戦争百周年の折「ロシアは極東進出の意図はなかった」「日本の侵略戦争だった」と社説に書いた。

たまには歴史を直視して記事を書け。






’15.9.3の週刊新潮より




カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示