FC2ブログ

170126 35%の学者

Category : 変見自在
P4144654
変見自在 高山正之

35%の学者


朝日新聞子飼いの憲法学者、長谷部恭男が国会で安保法制を「違憲」と言った。
対して「いや合憲だ」と自民党議員が言い返した。

朝日の論説主幹、大野某がそれに絡んで「興味深いデータ」を先日の1面コラムで紹介していた。
それによると「国会議員の信頼度は25%。学者のそれは65%」だという。
民意は我が子飼いの憲法学者の言い分にあると言いたいらしい。


P4144656
議員の信頼度では米国にも似たような言い方があって確か「議員は中古車のセールスマン並み」と言う。
まったく信用ならないという意味だ。
どの国も議員の信頼度は低いのが相場らしいが、問題は学者の方だ。


P4144657
米国を例にとると、HIV発見を巡って20年、仏モンタニエ博士と米医学者ギャロが争ったが、実はギャロがモンタニエから株分けしてもらったウイルスで「オレが発見」と主張していた。

高峰譲吉がアドレナリンを発見すると、米国のジョン・エーベルが「オレが先に抽出に成功した。高峰が盗んだ」と言い出した。
後にエーベルの言う方法では抽出できないことが分かった。

南極観測隊の中鉢繁が1982年、オゾンホールを見つけ、ギリシャで開かれたシンポで発表した。
その後米国人学者F・ローランドがオゾンホールを見つけたと言ってノーベル賞を取った。


P4144658
米国では歯医者はサディストの、学者は詐欺師の代名詞に使われる。
対して日本ではiPSの山中伸弥、島津製作所の田中耕一など学者の信頼度は常に100%近い。
ただ朝日が絡む学者だと途端にそれが下がる。

一橋大教授の藤原彰は中支戦線で焚かれた煙幕を毒ガスだと言った。
嘘がばれて朝日は訂正した。

早大の後藤乾一は「スマトラで要塞を掘らせた地元民3000人を穴埋めにした」と言った。
実際は3人の村人が物置用の穴を掘っただけで、3人とも健在が確認された。

慰安婦問題では中大の吉見義明が漢字読み替えという子供騙しの手法で「軍の関与」を発見した。
山中教授らだけなら100%近い学者の信頼度。
それが65%にまで落ちたのは、朝日に媚びて怪しげな話を振り回す学者たちの不行跡のゆえとも思える。


P4144660
大野の一文が出た同じ日の紙面に作家の高橋源一郎が違憲問題を書いていた。
改めて砂川裁判を勉強したとかで、集団的自衛権を合憲とした「最高裁長官の田中耕太郎が駐日米公使と入念な打ち合わせをしていたこと」に驚いていた。
彼は知らない風だが、日本の憲法はGHQが1週間で作り、日本側がそれをそのまま翻訳したものだ。
だからヘンな日本語のままだし、私学にはカネを出すな、信教の自由はあるが神道はダメだ、とか解釈の難しい条項が多い。
最高裁長官とて分からないときは憲法を書いた米国に聞くこともある。
別に驚くに当たらない。

それより「あらゆる本を読んだ」作家だったら憲法9条を見た瞬間、リビウスの『ローマ建国史』を思い出したのではなかろうか。

ローマは負けたカルタゴに軍隊も軍象も軍艦もすべて廃棄させたうえ、交戦権まで奪ってしまった。
丸腰のカルタゴはそれから50年後、隣国ヌミディアの侵略にたまらず自衛戦争に立ち上がった。
ローマはそれを交戦権放棄の違反として第3次ポエニ戦役を起こしてカルタゴを滅ぼした。

オーウェン・ラティモアは「日本の戦後処理はカルタゴ方式で」と言い、間もなく軍隊の不保持と交戦権の放棄を謳ったGHQ憲法が登場している。


P4144661
日本には本来、自衛権などない。
しかし日本にとってローマに当たる米国が日本に自衛権を認め、自衛隊もOKした。
カルタゴとちょっと事情が違ってきた。

その辺を作家として書けば面白かったのに、今回は朝日の主張にべったりだ。

彼のもう一つの肩書きは明学大教授。
今回は朝日に載る学者らしい書き方をしたということか。



’15,07,30の週刊新潮より



スポンサーサイト



170120 75歳以上ドライバーの死亡事故 運転操作ミス3割

Category : あれこれ
DSCF2205 (1 / 1)

'17/01/17の朝刊記事

75歳以上ドライバーの死亡事故 運転操作ミス3割

75歳以上のドライバーが2015年に起こした死亡事故は458件で、ハンドルやブレーキなどの操作ミスによる事故が3割に上ることが16日、警察庁のまとめでわかった。
運転免許保有者10万人あたりの死亡事故件数については、75歳以上が9.6件と、75歳以下の4.0件の2.4倍だった。


警察庁によると、事故の要因は458件のうち、ハンドル操作やブレーキ、アクセルの踏み間違いなど「操作ミス」が134件で29.3%を占め、75歳未満のドライバーの15.0%の倍近かった。

ブレーキとアクセルの踏み間違いを巡っては、11〜15年に計226件の死亡事故があり、75歳以上が半数近い109件を占めた。

75歳以上の死亡事故は05年以降横ばいが続いている。
死亡事故の総数は1970年をピークに減少傾向にあるため、75歳以上が占める割合は右肩上がりの状況で、割合は05年の7.4%から15年の12.8%へ大幅に上昇している。

75歳以上の免許保有者は、05年末に236万人だったのに対し、15年は477万人に増加。
25年ごろには「団塊の世代」による大幅増が予想され、一層の対策が求められる。


とし、

免許の返納率をみると、東京の5.03%、大阪の5.41%は全国平均の2.77%を大きく超えている。
地方に比べ都市部の方が鉄道など車に代わる公共交通の整備が進んでいることが影響しているとみられる。

高齢ドライバーの重大事故が相次いだことから、3月には75歳以上の運転者への認知機能検査を強化する改正道交法が施行される。
有識者会議は、判断能力低下や視力の衰えといった高齢者の身体的特性を踏まえた議論を進め、6月までに事故防止の施策を取りまとめ、各省庁局長級で構成する政府のワーキングチームに提言する。


と報じている。



ここで言っていることは、

75歳以上の運転者は、ブレーキとアクセルの踏み間違いで死亡事故が増加している。
地方は鉄道など車に代わる公共交通の整備が進んでいないが、運転免許の返納あるいは取り消しを進めるために75歳以上の運転者への認知機能検査を強化する改正道交法が3月に施行される。

25年ごろには「団塊の世代」による大幅増が予想されるので、有識者会議は判断能力低下や視力の衰えといった高齢者の身体的特性を踏まえた議論を進め、事故防止の施策を取りまとめ、各省庁局長級で構成する政府のワーキングチームに提言する。

〜と、聞いただけの結論を書いていて、象徴的な高齢者の事故のブレーキとアクセルの踏み間違いをどうするのかということには言及を避けている。


今の車の多くがオートマチック変速機を備えている。
マニュアル変速機の車とは運転方法が違うのだ。
オートマチック車は、アクセルは右足、ブレーキは左足で操作するのだ。
こうすると踏み間違いが起こる可能性は格段に少なくなるではないか。

自動車学校や教習所でオートマチック車の運転を教える場合、アクセルとブレーキの操作方法をどう教えているのか。
過去、マニュアル車に乗っていてオートマチック車に乗り換えた人に、免許更新時に公安委員会や警察などはどう講習してきたのか。

運転免許の返納や取り消しだけが解決方法ではないことを提案するのが、常日頃社会の公器を自認する報道機関の役目ではないのか。



170119 上海バンスキング

Category : レコード
DSCT0206 (1 / 1)

上海バンスキング
オンシアター自由劇場公演の「上海バンスキング」は、吉田日出子というその主演女優をユニークなジャズシンガーとして、一躍クローズアップした。
このレコードは、吉田日出子と劇団バンドが初めて出したレコードである。
昭和56年10月1日に買っている。
36年も前のことだ。

スイングジャーナル誌の絶賛の紹介記事を見て買ったと思う。
ーが、バンド演奏がサーカスのジンタのようなもので、買った当時は大して良いとは思わなかったようだ。

いま、改めて聞くと妙に懐かしい思いが胸の中から湧き出てくる。
日清戦争後などの昭和初期の出来事を否応なく知らされる近年の情勢のためか、当時の日本の生き方や人々の気持ちがしのばれて感傷的になってしまう。

フラットがかったクラリネットの演奏が非常に効果的に聴き手に効かせて("聞かせて"ではない)くれる。
トランペットが、これだジャズだよねと納得させる上手さなのに対し、クラリネットが本当に素人っぽく下手に聞こえるのだが、実は効果を出すために工夫したらしい。

吉田日出子の歌も、当時はさもあらんという雰囲気を出していて実際の舞台を見て見たかった。



スウィンギン・ジャズ・ミュージカル・ショーと銘打って、『生バンドでつづる、黎明期のジャズマン達の恋と夢、あの街には、人を不幸にする夢が多すぎた・・・・』というキャッチ・フレーズの通り、吉田日出子のうたう昭和初期のジャズソングと劇団員のジャズ・バンドの演奏とが、上海のクラブ「セントルイス」の舞台にして展開される。

昭和11年(1936年)2・26事件の直後にクラリネット吹きの波多野が、ダンスホール花月園主の娘マドンナを連れて上海に渡り、トランペット吹きのバクマツらと共に、ジャズに打ち込もうとするミュージシャンの哀歓、マドンナや中国娘リリーとの間の恋や別れ、中国や太平洋の戦争激化に伴う時代の重圧に押し流されるこれら反逆児達の人生を彩る華麗なメロドラマは、不可思議なリアリティを以って、我々見る者の心をゆさぶる。

マドンナ正岡まどかに扮する吉田日出子の唄と、波多野(藤川延也)のクラリネット、バクマツ松本 亘(笹野高史)のトランペットを中心とする劇団員ジャズバンドの演奏とが、何ものにも増して、我々を遠い昭和10年代の日本と上海のエンターテイメントの世界の中に、引きずり込んで、その魅力のとりこにしてしまう。 ー 瀬川昌久氏の解説の一部



170117 19年元日に新元号

Category : 北海道新聞
DSCF2195 (1 / 1)

1月11日の朝刊に「19年元日に新元号」との見出し。

なんか変

19年って西暦19年のことだろう。
なら、’19年と書くべきではないのか。

西暦に元号ってあるの?って疑問。
「平成31年元日に新元号」って書くべきではないのか。

もっと言えば、「皇紀2679年元日に新元号」と書いて、皇紀についても解説記事を載せるのであれば万全ではなかろうか。 


DSCF2197 (1 / 1)

1月14日には社説で「19年に新元号」話の順序が違うのでは、で
”違和感を禁じえない” とあり、「おっ、気がついたか」と思ったら、まるで違うことだった。

スケジュールよりも、まずは手続きをはっきりさせるのが筋だ。
憲法の規定に絡むと指摘される大きな問題だけに、丁寧な議論と筋道立った手順を踏むのは当然だ。
その点で、政府の姿勢は先走っているように映る。
陛下一代に限る特別法の制定を軸に検討しているようだ。

世論調査では、法整備について70%が「今後の全ての天皇を対象にした方がよい」と答え、恒久的な制度を求めた。
憲法は、天皇の地位は「国民の総意に基く」と定める。
政府や有識者が提示するのは、あくまで国民の議論のたたき台である。
それを忘れてはならない。

〜として、現政府は国民の総意に基づいていない、という立場を主張している。



170116 FUJIFILM X-T1 ファームウェアバージョンアップ

Category : X-T1
IMGP1207
富士フイルムからX-T1のファームウエアの更新案内があった。
Ver.5.00からVer.5.01へバージョンアップするもので、

変更内容は
1.フロントコマンドダイヤル機能の改善。
2.フラッシュ使用時の動作安定性を改善。

である。

フロントコマンドダイアルでどんなことができたのか確認しないままバージョンアップをおこなった。


DSCF2190.jpg

DSCF2191.jpg

DSCF2192.jpg

バージョンアップが正常に終了したことを確認する。


同社のX-E2もそうであったが、細かいファームウェアの更新も嬉しかったが、フイルムシミュレーションの追加やマクロ撮影の自動化など、新機種に採用された機能を追加してもらえるのはありがたいことで、使い続けようという気持ちになる。




170115 スバル インプレッサ アネシスのリコール

Category : インプレッサ アネシス
IMGP0744
‘16年11月25日にスバルインプレッサアネシスのリコール報道があった。
車台番号で調べると該当することがわかった。


DSCF2132
リコールの内容の1点目は、
「エンジンのウォーターポンプのベアリング部の組み付け隙間が小さいため、ベアリングが破損し、ウォーターポンプがが破損し、ウォーターポンプが機能しなくなる場合がある。そのため、タイミングベルトが破損し、そのまま使用を続けると、エンジンが停止して再始動できなくなる畏れがある。」

と、いうものであった。


DSCF2184.jpg

2点目は、
「助手席用エアバッグの膨張装置のガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時に膨張装置容器が破損する畏れがある。」

と、いうものであった。


DSCF2183.jpg

1点目のウォーターポンプは12月16日に交換したが、2点目のエアバッグは在庫がないという。
それで、助手席を使わないようサンバイザーに警告書が貼られた。

交換時期はいつ頃になるのか尋ねたところ約1年後になるという。
エアバッグは、あのタカタ製で、まだ作っていないのでこれから作り準備できたら連絡するという。


170108 少女像対応で朴外交を批判 韓国紙

Category : 韓国
170110慰安婦少女像韓


少女像対応で朴外交を批判 韓国紙


「少女像対応で朴外交を批判 韓国紙」との見出しの1月8日の北海道新聞の記事である。
韓国・釜山の日本総領事館前に従軍慰安婦被害を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として日本が駐韓大使の一時帰国などを決めたことに対して、保守系の中央日報は、地元自治体や韓国外務省の未熟な対応と、像設置を求める世論に押される韓国当局の事情を考慮せず日本が取った「超強硬手段」が、関係冷却化を生んだと嘆いた。

〜と、報じている。

地元自治体や韓国外務省の未熟な対応や世論に押される韓国当局の事情を考慮して、黙認してくれないから両国の関係が冷却化したと・・・。

韓国やその自治体の未熟と法に基づく対応ができない韓国当局であることを明らかにしながら、日本がとった措置を弱者に対する「超強硬手段」だと北海道新聞は言っているようだ。






170110 第10回北海道現代具象展 2階展示室 4-4

Category : 展覧会
DSCE4637
矢元政行


DSCE4639
羽山雅愉


DSCE4641
福井路可


DSCE4644
川畑盛邦


DSCE4646
富田知子


DSCE4649
輪島進一


DSCE4651
村上陽一


DSCE4653
平向功一


DSCE4656
子どもたちの絵


DSCE4659
森山 誠


DSCE4660
武石英孝


DSCE4662
吉川聡子


DSCE4664
川口 浩


DSCE4666
宮川美樹




従来は千歳市から始まって道内各地を回ったのだが、今回は千歳市が最後の展示となった。
北海道現代具象展は10回を迎え四半世紀の間活動してきた。
ちょうど区切りが良いので今回が最後の展示となり、「北海道現代具象展実行委員会」も解散する。
北海道の重鎮や各会の著名作家も招待しての委員会の今までの活動は各地でおおいに認められてきた。
今後1年間は休み、別の名称で規模を小さくして開催するかもしれないが、決まっていない。

〜と、実行委員の一人の方から伺った。



陶器の釉薬、木製品のニス、グラスに入ったロゼ、女性の肌・髪の毛、レースの模様、逆光で反射する机などなど感嘆する技術は枚挙にいとまが無い。
特に、宮川美樹氏の今回の作品は、鳥の影を取り入れ陰の描写を見せてくれた。
次回の作品はどんなものになるのだろうと楽しみにしていただけに、今回が最後の作品展と聞いて寂しく残念である。



北海道現代具象展は、1月15日(日)までである。
会場 : 千歳市民ギャラリー
住所 : 千歳市千代田町5丁目7-1
駐車場 : 向かいの地下駐車場 駐車券にギャラリーの承認印をもらえば4時間まで無料




170109 第10回北海道現代具象展 1階展示室 3-4

Category : 展覧会
DSCE4612
招待作家 日本美術界重鎮 笠井誠一            伊藤光悦


DSCE4614
黒阪陽一


DSCE4616
茶谷雄司


DSCE4619
佐藤 武


DSCE4621
招待作家 独立展 中嶋 明


DSCE4622
西田陽二


DSCE4624



DSCE4625
木村富秋


DSCE4683
羽生 輝


DSCE4685
鉢呂彰敏


DSCE4628
招待作家 二紀展 市野英樹


DSCE4630
波田浩司


DSCE4634
高橋正敏



2階展示室へ








170108 第10回北海道現代具象展 2-4

Category : 展覧会
DSCE4613
館内スナップ写真

DSCE4618


DSCE4627


DSCE4682


DSCE4635


DSCE4636


DSCE4643


DSCE4647


DSCE4655


DSCE4657


DSCE4668


DSCE4669


1階展示室の作品を見る




カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示