FC2ブログ

161225 タニタ 体組成計 BC-715

Category : 道具
PC256225.jpg

タニタの体組成計がやってきた。

PC256231.jpg

型番は、BC-715 オンラインショップ価格 税込 ¥8,640

PC256230.jpg

計測できるのは、体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・体内年齢の7項目

PC256227.jpg

日本製である。



「正しいはかり方」
オススメ測定時間は、起床・朝食の2時間後、昼食の2時間後、夕食・入浴の2時間後で、なるべく裸に近い状態で測定する。

ーと書いてあるが、普通の人は朝食・昼食の2時間後に裸に近い状態で測定など無理だろう。




撮影機材
OLYMPUS E-M5
M.ZD14-42mmF3.5-5.6IIR
スポンサーサイト



'16/12/24 新千歳空港 警察官出動

Category : 中国
'16/12/27 朝、TV画面に「新千歳空港に警察官出動」との文字。
何事かと調べると、'16/12/24 夜 雪で飛行機が欠航となって搭乗予定の乗客が騒いだとのこと。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/26/chitose-scuffle_n_13861670.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161226/k10010820661000.html


’16/12/21の卓上四季

Category : 北海道新聞
161224卓上四季161221

’16/12/21の卓上四季

普天間飛行場の辺野古への移設を巡り、埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事を国が相手取った訴訟で、最高裁は国に軍杯を上げた。
基地の負担は県内で引き受けるとする国の方針にお墨付きを与えた。
沖縄に米軍が集中する差別に思い至らなかったようだ。

ーとし、さらに
米軍のオスプレイの事故も墜落か不時着か結論を見ぬうちに飛行が再開された。
ーと。


161224辺野古国勝訴161221

「基地の負担は県内で引き受ける」
「沖縄に米軍が集中する差別」
〜とあるが、米ソ冷戦時などには北海道・東北にも米軍基地があったことを卓上四季氏は知らないらしい。
日中・米中が緊張状態にある現在、日本の南に備えを集中するのは差別と認識するのだろうか。

日本という国が存在してこそ報道・発言できる環境が保たれるということと考えるのだが、もしかして日本という国が無くなった方が良いと思うようになるように読者を洗脳しているのだろうか。


161224オスプレイ不時着161214

また、12/14の紙面で「オスプレイ不時着」、12/21の紙面でも「オスプレイ不時着事故」と書いているのに、卓上四季氏は12/21に「墜落か不時着か結論を見ぬうち」と書いて読者の意識を操作しようとしているように思える。




161222 嵌り役日本

Category : 変見自在
DSCF0940
変見自在 高山正之

はまり役日本



良さそうに見えた割り込みを打ったら、大竹九段がそれはダメだねと言って20手先まで打って「ほらね」。
世の中には先の先まで読めるヒトがいる。

国と国が織りなす歴史を見ても、先の先を読んで手を打つ国もあれば、ただ嵌められて泣きを見る国もある。

例えば真珠湾だ。
ハワイ沖で演習した米太平洋艦隊が西海岸のロングビーチ基地に戻らず、そのまま真珠湾に繋がれた。
本日からここを艦隊基地にするとルーズベルトが言った。
真珠湾攻撃の1年半前のことだ。

馬鹿を言え。
真珠湾は浅く、出口は狭い。
いざという時に身動きもできない。
何より日本に近すぎると艦隊司令官リチャードソンが抗議したが、大統領は彼を更迭し、キンメルに替えた。

それから日本を追い詰め、怒らせてここを攻撃させるつもりだった、おとりだったとR・スティネット『真珠湾の真実』にある。


P4144643
もう一人のルーズベルトが19世紀末に始めた米西戦争もその類だろう。
あの時米国はスペインの圧政にひしがれたキューバの民を救うと言って宣戦布告した。
でも最初の砲戦は遠くマニラで始まった。
米国にはキューバなどどうでもよかった。
4年かかった戦争のうち対スペイン戦は最初の半年だけ。
あとは反抗するフィリピン人の戡定かんていに費やされた。
そこを取れば日本が南方に出る道を閉ざせる。

この戦争の前、ルーズベルトは「日清戦争の賠償金で買った2隻の軍艦が日本に着く前にハワイを併合し、パナマ運河をつくり、太平洋に大量の軍艦を並べたい。私は日本を脅威と感じている」とアルフレッド・マハンに書き送っている。


P4144645
彼が大統領になった時、その三つの願いは現実のものになり、ハワイ、ミッドウェー、グアム、そしてフィリピンという日本包囲網が出来上がった。

広島原爆50周年に当たる95年、ワシントンに原爆投下機エノラゲイを丸ごと展示するスミソニアン博物館の別館が完成した。
館長マーティン・ハーウイットは「良くも悪くも歴史的な意味を持つ機を朽ち果てさせるのは忍びなかった」と言った。
しかし米政府公文書には原爆投下の翌年に米空軍が動機をスミソニアン博物館に寄贈し、大事に保管されてきたとある。
朽ちてなどいない。
50年前からこの日のために手を打っていたのだ。
館長はぬけぬけ嘘を言った。


P4144647
そういえば20世紀末に妙なイベントが二つあった。
一つは金沢で遊んでいた白人の英会話教師が書いた『敗北を抱きしめて』に、ピューリッツァー賞が出された。
優れた歴史研究書を顕彰するバンクロフト賞も、全米図書賞も与えられた。
白人に媚びる日本人と彼らを正しい道に導く占領軍という思い込みが半分。
残りはパンパンの語源に性病に効く抗生物質の話。

知性を感じさせないジョン・ダワーの本がいい賞ばかり受賞したワケは先の戦争を「白人倶楽部に入れなかった日本が突如、発狂し、残忍にアジア諸国を侵略した」と定義したからだ。

アジア諸国を侵したのは白人どもだ。
それを消した上で「南京大虐殺」も「赤ん坊を放り上げて銃剣で刺した日本軍」の所業も「今さら検証するまでもない」と真実と認定している。

これに権威ある賞を与えれば原爆投下も東京大空襲も「極悪の日本を一刻も早く叩き潰すための正義の行為」に昇華できる。


P4144648
彼の受賞と同じ頃、全米のジャーナリストによる「20世紀100大事件」アンケートの結果が発表された。
月面着陸とか抗生物質の発見とかを押しのけて1位は、「原爆によって日本を降伏させた」だった。
さらに月面着陸を挟んで3位に真珠湾が入る。
ロシア革命(16位)なんて目じゃなかった。

かくて21世紀。
「原爆による日本人大虐殺」を米国の恥どころか、大いなる誇りに変えてしまった。

戦後70年。
では日本はどう先を読み、どう手を打っているのか。




’15.7.2の週刊新潮より



161219 ネージュウォーカー mont-bell

Category : 道具
DSCT0007 (1 / 1)
雪道用の靴を11月に買った。(mont-bell ネージュウォーカーMen's #1129327 @8,856)
レインウェアの縫い目のシールが剥がれて雨がしみてくるので修理を頼みにモンベルに行った時、この靴を見つけた。


DSCT0008
除雪していない場所の散歩にはスノトレや紳士用の冬靴では荷が重すぎるので、仰々しくない程度の性能の靴が欲しかった。

DSCF2172
夏靴は26cmなのだが厚手の靴下を履いて足を入れると26cmではきつかったので26.5cmにした。
MADE IN CHINA だったけど、仕方なかった。
mont-bellも早く工場を新たな地に求めてほしい。

履き心地は、登山靴そのもので靴底が厚く安定感がありラッセルもこなせる。
防水防寒シューズなので足先は冷たくならず快適である。
市街地では、除雪車の排土板の痕や凍りついたアイスバーン状態のところは高機能ソール「トレールグリッパー」をしても滑るのは仕方がない。




161217 Windows10 インターネットに繋がらない原因

Category : パソコン
スクリーンショット 2016-12-17 90501


< Plalaのサイトにこんな案内が出ていた。
私のWindows10もインターネットに繋がらなくて一時焦ってしまったが、復元ポイントに復元させる作業は失敗したのに結果として繋がるようになったのでそのまま使っていたのだ。>



スクリーンショット 2016-12-17 90519


< 私も再起動をしてみたがダメだった。>



スクリーンショット 2016-12-17 90545


< Plalaの側での原因がありそうな案内である。>




161210 厚木基地の騒音訴訟で

Category : 北海道新聞
161210卓上四季

16/12/10の卓上四季

卓上四季氏は、
神奈川・厚木基地の騒音訴訟で最高裁は住民が求めていた自衛隊機の飛行差し止めを認めなかった。
〜ことについて、
健康被害より防衛上の必要性を優先した。
さらに、被害が大きい米軍機の差し止めについては判断すらしなかった。
〜と断じた。


そして、
最高裁は昨年、夫婦同姓規定の合憲判決を出している。
行政や米国への気遣いばかり目立つ。
権力が互いにチェックしあう三権分立は、もはや過去の話なのか。
集団的自衛権行使を認めた安保法の違憲性を問う訴訟が各地で起こされている。
法廷では平和に関する問題があぶり出されるはず。
〜としている。


卓上四季氏は、家族の在り方の変化をさらに進め、住民の”生活が一番”という考えを共有するよう求めているのであろう。
日本という国家が安定して存立することで平和が実現し、住民の安寧が得られることを示している。



161212 Windows10 インターネットに繋がらなくなった

Category : パソコン
Windows10 インターネットに繋がらない


12月11日夜、ノートパソコンが突然インターネットに繋がらなくなった。
分かったのはウイルス対策ソフトの日々の更新ができなくなったからである。

付属の診断機能によると
”イーサネットに有効なIP構成がありません”〜と表示された。

再起動してもダメ、ケーブルの損傷を疑って交換してもダメ、ルーターの電源を落としてしばらくしてから電源を入れてもダメ、ウイルス対策ソフトを無効にしてもダメ。
同じルーターから繋いでいるiMacには異常はないので、ない頭を高回転して考えた結果ノートパソコンに原因があると、判断した。

今夜はもう遅いので、明日IPなんたらを再構成する手順を調べることにして寝た。



12月12日、今まで何のトラブルもなく動いていたのでその時点の状態に復元すれば良いのではないかーと考えた。
このシステム復元は、復元ポイント作成も直近のものしかなかったので、’16/12/02 9:05:02 の自動復元ポイントに復元することにした。


DSCT0216 (1 / 1)

ややあって終了したのだが、
“システムの復元は正しく完了できませんでした。”
”コンピューターのシステムファイルと設定は変更されませんでした。”
ーと、メッセージが表示された。


DSCT0219 (1 / 1)

でも、パソコンの状態を表すアイコンがインターネットにつながっていることを示していて、ウイルス対策ソフトもデータを取り込んでいたのでこれでよしとした。



撮影機材 FUJIFILM X-T1 XF18-55mmF2.8-4R




161205 75歳以上運転者20万人 道内10年で倍増 高い死亡事故率

Category :
161202高齢者自動車事



’16/12/02の新聞記事

75歳以上運転者20万人
道内10年で倍増 高い死亡事故率


75歳以上のドライバーを対象に免許更新時の認知機能検査を強化する改正道交法施行を来年3月に控え、道内の75歳以上の運転免許保有者が20万7406人に上ることが、道警のまとめで分かった。
20万人を超えるのは初めてで、この10年で倍増した。

75歳以上のドライバーが主原因となった死亡事故は全体の10%を占め、認知症との関連が疑われる事例もあった。
全国で高齢ドライバーの事故が相次いでおり、道警は認知機能検査制度の周知を図っている。



「認知症の虞」2千人

道警交通部は死亡事故の原因について「身体機能や判断力低下による操作ミスや、アクセルとブレーキの踏み間違いが目立つ」と指摘する。

帝塚山大(奈良市)の蓮花一己教授(交通心理学)は
「注意力や判断力などの認知機能は徐々に低下するため、ドライバーが自覚するのは難しく、検査の機会はもっとあった方がよい」
とした上で、
「取消処分になる人が増えるため、特に公共交通機関の乏しい地方では、タクシーやバス料金の補助など行政的な支援がこれまで以上に必要だ」
と指摘している。



ーなどとしている。
高齢者の事故の報道は、駐車場や店舗へ突っ込んだものがほとんどである。
それは、新聞記事にもあるようにアクセルとブレーキの踏み間違いが原因だろう。

認知機能の検査をして運転免許の取消処分をすすめれば、事故発生を少なくできると考えているのだろうか。


新聞記事にあるアクセルとブレーキの踏み間違いは、起きるべくして起きているように感じる。
今の高齢者が運転免許を取った頃はマニュアルシフトの車が大半の時代だったろう。
しかもコラムシフトで、今の車とは運転方法がまったく別の車と考えた方がよい。



IMGP0975 (1 / 1)


クラッチペダル、ブレーキペダル、アクセルペダルと並んでいた車のクラッチペダルが無くなっただけと考えたのは分からない訳ではない。

クラッチペダルは思いっきり踏み込むので、右足でブレーキペダルを踏む習慣を左足でブレーキペダルを繊細に調節するのは難しいと感じて右足でアクセルペダルとブレーキペダルの両方を操作していたと考えられる。

危険と感じて右足でブレーキペダルを強く踏んだつもりが、アクセルペダルであったのだろう。

ブレーキペダルは左足、アクセルペダルは右足でとクセをつければ踏み間違いは回避できる。
ブレーキを踏んでかけるという習慣をペダルに足を乗せてから押す、という方法に直すだけでよい。

だいいち、いつでもブレーキをかけられるように用意しながらアクセルペダルを操作することかできる。
ペダルを踏み替えるタイムラグがない。
アクセルを踏みながらブレーキをかけることもできる。


自動車学校ではブレーキペダルの踏み方をどう教えているのだろうか。
“ブレーキペダルは右足で”と教えているのなら、問題はそこにあるのではないか。



161204 ハイジャックされた国

Category : 管見妄語
P4104626
ハイジャックされた国 藤原正彦

イギリスは中世から現在に至るまで階級社会である。
貴族とは王室を頂点として世襲の公、侯、伯、子、男爵及び一代男爵である。
一代男爵は出自に関係なく、首相、国会議長、最高裁判事、政党幹部など、国家への貢献度の高い人に与えられる。
サッチャー元首相は一代男爵になった。


P4104627
貴族の下にはかつてジェントリー(郷紳)と呼ばれる中規模の地主層がいた。
ジェントリーは家柄や所得に応じて上からバロネット(準男爵)、ナイト(騎士)、エスクワイア(従騎士)の三種類があった。

バロネットとナイトは今もあり、ビートルズのポール・マッカートニーはナイトだ。
貴族とジェントリーはそれぞれロード(Lord)、サー(Sir)と呼ばれ合わせて上流階級をなす。
両者の特権には、貴族は貴族院議員になる資格があるという以外に違いはほとんどなく、社交界を通じて通婚もあった。


P4104628
ジェントリーは地方に住み、土地から上がる所得で優雅な生活を送っていたが、地方の行政職や判事など官職を無給で進んで引き受け、自らの利益を追求するようなことはなかった。
中央官庁へ人材を送ったり、慈善事業に積極的に取り組んだり、戦争があれば自ら率先して戦場へ赴いたりもした。

ノブレス・オブリージュ(高貴な者の義務)だ。
貴族とジェントリーは宮廷、内閣、議会といった中央の政治機構独占し、地方政治を牛耳っていた。
貴族制だ。


P4104630
ジェントリーは地方では民衆の公明正大な保護者であり、同時に名望家でもあったのでその寡頭支配に挑戦する者はいなかった。
事業で成功した者は大きな土地を地方に買いジェントリーとなる道もあったが、ジェントリー(後にジェントルマン)としての品性や教養も求められたので、競って子弟をパブリックスクールに送り、教養としての古典と数学のほか、公正、自制、勇気、忍耐、礼節、ユーモアなどの特性を学ばせた。


P4104631
これはブルジョア階級(資本家、経営者、銀行家)が現れた産業革命後も変わらなかった。
彼らの実学思想やサクセスストーリーは、成り上がり者の思想として一顧だにされなかった。
ニューマネー(一代で築いた金)は成金と見下され、オールドマネー(遺産による金)は羨望されたのだ。
これはアメリカで、ニューマネーが尊敬されオールドマネーは不労所得と軽蔑され、教養や品性より功利性や実用性が尊ばれ、リンカーンの丸太小屋伝説からビル・ゲイツ、スティーヴ・ジョブズに至るサクセスストーリーが崇められるのと正反対だ。


P4104635
経済力を蓄えたブルジョワ階級はしばしば体制変革を志向するが、イギリスではなんと、「国家の統治は教養や品性のある貴族やジェントリーに委託するのが良い」と思っていたのである。
現在もその傾向は色濃く残っている。


P4104637
教養や品性より功利、実用、したがってカネが尊ばれる国においては、必然的に実業家や経済界が敬われ、政治に深く関わるようになる。
とりわけ新自由主義や金融資本主義にハイジャックされた1980年台以降のアメリカは甚だしい。


P4104641
我が国はもともと教養や品性を重んじ、江戸時代には武士階級に、その後はエリートに国を任せるというイギリスに近い国であったが、1990年代からは経団連を中心とする経済界が天下を動かすようになった。
新自由主義の激しい競争下では効率や利潤が至上課題で、教養や品性などどうでも良いのだ。
だからここ十数年間の改革の多くは彼らの要望のままだ。
法人減税のための消費増税、大量移民計画、TPP、労働者派遣法改正などすべて彼等の利益のためだ。
小学校からの英語やパソコン、デジタル教科書、グローバル人材養成、国立大から人文社会系をなくす、なども彼等が言い出した。


DSCF0938
広告収入に頼る新聞、雑誌、テレビなどメディアはこれら呆れるような愚策に反対さえ打てない卑屈と無見識の中にある。
我が国もまた「たかが経済」にハイジャックされ、恥ずべき国家群に仲間入りしたのだ。


管見妄語 藤原正彦 週刊新潮60巻24号から


カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示