FC2ブログ

160828 この国民性を見よ

Category : 変見自在
P3170705
変見自在 高山正之

この国民性を見よ


支那で初めて電気の灯が点ったのは北京郊外頤和園いわえんの西太后の寝室だった。
アイヤーとか感激した西太后は点したドイツ人に電気事業の一切を授けた。
ドイツ人が今でも支那で大きな顔をし、メルケルが大事にされる理由がここにある。
西太后は走る汽車にもアイヤーと驚き、これも外国企業にすべてを任せた。
それで支那人は今もで電気がなぜ明るいのか、汽車がなぜ走るのか分からない。
新幹線を真似ても前に進むよりは下に落ちるものしか作れないのもこうした歴史が背景にある。


P3170706
その点、日本は違った。
外国に任せず、外人を呼んでノウハウを学び、日本人がつくる方式を取った。
だから明治5年には自前の鉄道を走らせ、明治20年には火力発電所が運転を始め、やがて日本製のフィラメントが点るようになった。
ただ、お雇い外国人が皆立派かというとそうでもないものもいた。
支那の定遠ていえんに敵う海軍力をと頼んだエミール・ベルタンは身に余る巨砲を、後ろ向きにつけた軍艦を造ってしまった。
日本は危うく日清戦争に負けるところだった。


DSC_3770
外務省が雇った米外交官ヘンリー・デニスンはもっといかがわしかった。
彼が明治13年から大正期まで実に35年間も日本外交を仕切った。
表向きは不平等条約の改正に励み、日清戦争の下関条約を華麗な英文にし、日露戦争講和では小村壽太郎をよろしく助けたことになっている。


DSC_3772
しかし歴史ははっきり異論を付ける。
例えば下関条約と並行した遼東半島についての三国干渉だ。
白人国家の専横に対しデニスンは論議を避け、黙って受け入れることを勧めた。

ポーツマス条約もロシア艦隊を殲滅した日本は「ロシア船の無制限拿捕も可能。もはやロシアの敗北は決まった」(ニューヨーク・タイムズ紙)状態だった。
シベリアの半分は日本のものと言われたのに領土も賠償金もゼロ。
赤ん坊がやっても結果は同じだった。


DSC_3777
不平等条約も伊東博文の顧問ダーラム・スティー ブンスが実際にメキシコとの間での交渉を行い不平等撤廃の道を開いた。
日本には横腹にナイフのような形で朝鮮半島がある。
そこが揺れるたびに日本は戦争に巻き込まれてきた。
半島はそのまま日本の安全保障に繋がるが、デニスンは動かない。


DSC_3779
対してスティーブンスは朝鮮の外交権を日本が預かる形を伊藤に勧め、実際、彼が朝鮮政府の外交顧問について暴走をふせぐ役割を担った。
ルーズベルトも同じ。
朝鮮に国家としての能力がないと判断し、朝鮮にあった米公館を早々に閉じた。
ついでに日本に朝鮮併合を促したが、彼らを知る日本はそれを謝絶していた。


DSC_3780
そんな折、一時帰国したスティーブンスがサンフランシスコで日米の朝鮮問題の取り組みについて記者会見した。
彼ははっきり朝鮮王室も政府も腐敗しきっていること、両班ヤンパンが民を好きに略奪し、民は愚昧のままおかれていること、国としての形もないことを語った。
「いま日本の存在感が増していくのに伴って民は大きな恩恵を受けている」と会見を結んだ。


DSC_3784
新聞を読んだ4人の在米朝鮮人がホテルに押しかけ、彼の発言に抗議した。
「国に戻って自分の目で確かめてみれば」と諭す彼を4人は椅子で殴り倒し、顔を床にこすり付けた。
その翌日、フェリー乗り場で待ち伏せしていた別の朝鮮人2人が彼を銃で狙撃し、デニスンより優れた米国人は死亡した。


DSC_3787
襲った6人には特別の背景はなかった。
腹がたつと朝鮮人なら誰でもするように見境がなくなって椅子で殴り、殺しもする。
米紙は理解を超えた国民性に強い警戒感を訴えたが、先の戦争では日本と朝鮮の立場を入れ替えた。
日本の方を「警戒すべき国民性」に仕立てた。


DSC_3789
スティーブンスが撃たれてから1世紀。
今度はソウルで米大使が斬られた。
米国務次官の談話に腹が立ったからという。
国民性は本当に変わらない。


’15.3.19 週刊新潮より



スポンサーサイト



150922 松本から中部国際空港へ

Category : 旅行長野
DSCF1506
松本城から一旦ホテルに戻ります。

DSCF1508
松本のマンホール

DSCF1510
石の彫刻の道標

DSCF1511
右 松本城 と彫ってある。

DSCF1512
トーコーシティホテル松本に戻り、預かってもらった荷物を受け取ります。
食堂の窓には、ここから見える山の名前を書いた写真が貼ってありますが


DSCF1513
ちょうど雲がかかっていたので分かりません。

DSCF1514
駅前には通勤者や通学者の自転車があります。

DSCF1515
松本駅で子供が長い間新幹線の模型を眺めていました。

DSCF1516


DSCF1517
ホームには、いろんな形や色の電車が次から次へと入線してきます。

DSCF1519


DSCF1521
しなの10号の松本から名古屋までの特急乗車券

DSCF1522
松本駅で買った駅弁 山賊焼 ¥760 

DSCF1523
大きい鶏の唐揚げが乗っています。

DSCF1527
千種駅で金山駅行きへ乗り換えです。

DSCF1529


DSCF1530
自動券売機で中部国際空港までのミュースカイの切符を買います。

DSCF1532


DSCF1534
改札機の通り方

DSCF1535
自動改札口

DSCF1537
ホームに降ります。

DSCF1539
この駅もいろんな電車が入ってきます。
電車を待ちながらスマホを見る女学生。


DSCF1540
こちらは男性 その奥に黄色い線上に立つ男性も。

DSCF1541
扉が開いてスマホを見ている乗客が目に入った。

DSCF1542
安全を確かめる車掌。

DSCF1544
これがミュースカイ?

DSCF1546
ミュースカイの内装。

DSCF1549


DSCF1550
まるで飛行機の座席みたい。

DSCF1552
名鉄線 中部国際空港駅

DSCF1553
中部国際空港内

DSCF1558
待合室から作業している様子が見える。

DSCF1559
伊勢湾を航行する船も見える。

DSCF1562
変わった飛行機(外国の飛行機?)も

DSCF1564
管制塔

DSCF1574
翼の端に変わった羽が付いている飛行機に乗ります。

DSCF1575
搭乗口

DSCF1577
17:45出発 18:05 上空は夕焼けが綺麗だった。



150922 松本城

Category : 旅行長野
DSCF3526
松本城へ入る橋に向かいます。

DSCF3527
松本城見取り図


DSCF3528


DSCF3529


DSCF3530


DSCF3531
券売所
天守閣に入るのに「150分待ち」とある。



DSCF3532
入場して左側に天守閣が見える。


DSCF3537
そして右側には既に行列ができている。
その様子を「テレビ松本」が撮影している。



DSCF3541
ここが天守閣への入り口。


DSCF3542


DSCF3544


DSCF3545


DSCF3554
奥の方に天守閣へ登る観光客の行列が見える。
テント内にいる150分待ちの観光客のためのアトラクション。



DSCF3559


DSCF3564


DSCF3565
テント内でアトラクションを見る120分くらい待った観光客。


DSCF3568


DSCF3575


DSCF3579
堀の外から天守閣を見る。


DSCF3583


160821 「DA16-85mmF3.5-5.6 ED DC WR」のピントが合わない

Category : K-S2
DSCF4433
今日、DA16-85mmF3.5-5.6 ED DC WRのピントが合わなくなった
近距離、遠距離再び近距離のようにAFが動き、迷った上合焦できず六角形の合焦マークがピコピコと点滅する。
今までこれで撮影していて、なんかピントが合っていないのがあるよなーと感じていたので、いよいよ故障か と暗い気持ちになった。
電気製品なので、一度バッテリーを外して試してみるも合焦しない。

ボディのK-S2側に問題があるのか、レンズ側なのかを確かめるため、手持ちのレンズで確認することにした。



DSCF4434
ダブルレンズキットで買ったので、「DA18-50mmF4-5.6DCWR」と「DA50-200mmF4-5.6WR」がある。
18-50mmはDCでレンズ内モーター駆動で、50-200mmはポディ内モーター駆動である。
両方のレンズともピッとAFが合焦する。
MZ-3用に買った「FA24-90mmF3.5-4.5AL」でも試してみる。
問題なくAFで合焦する。

メーカーに修理に出す覚悟をしながらDA16-85mmF3.5-5.6 ED DC WRのズームリング、ピントリングをぐるぐると回して(電気製品はたまにスイッチをバチバチと作動させて接触面を磨くことが必要とか)K-S2に取り付けて最終確認をする。

なんと、ピッとAF合焦する。
まあ、今回は許してやろう。
2度目はないぞ と言い聞かせた。

ここ4〜5日間は雨の日が続いたからかなー。


160819 韓国艦も物ならず

Category : 変見自在
P3124544
変見自在 高山正之

韓国艦も物ならず


ペリーは日本にきたとき「意に背けば江戸を焼き払う。降参したいときはこれを使え」と2りゅうの白旗を置いていった。
藤岡信勝がこのエピソードを『教科書が教えない歴史』で紹介すると東大教授の宮地正人らが「米国人はそんな酷いことをしない」と反論し、ひところ大騒ぎになった。


P3124545
米国は戦う相手、例えばインディアン部族にも白旗の使い方を教えた。
ペリーが帰国して間もなくコロラドのサンドクリークでシャイアン族の集落を騎兵隊が奇襲した。
「シャイアンの女たちは6歳の幼女に白旗を持たせて戦意のないことを告げたが、白人たちはまずその幼女を撃ち殺し、女たちも皆殺しにした。彼らは女たちの頭の皮をナイフで剥ぎ取った」(ロバート・ベント)

サウスダコタ州ウーンデド・ニーでも第7騎兵隊がスー族を襲った。
教えられたとおりに白旗を揚げたが、彼らは構わず女子供など300人を殺した。


P3130698
宮地はペリーが白旗を渡したという文書がどうのと信用度を云々するが、歴史学者なら米国人が歴史の中でどう振る舞ったかを基に「白旗を渡した」蓋然性を考えるべきだろう。
実際、米国人は建国前からインディアンを騙して土地を奪い、白旗を掲げても殺してきた。

日本に来た後、フィリピンでも独立させると民を騙し、植民地にし、抵抗するものはひたすら殺した。
「最低でも20万人は殺した」との米上院公聴会での証言も残っている。

インディアンと同じモンゴロイドの日本人にペリーがどう振る舞ったかは子供だって推測できる。


P3130699
ウーンデド・ニーの殺戮から4年後、日本は清と戦ったが、ここでも白旗問題が起きている。
明治27年7月、今の韓国豊島沖で巡洋艦「浪速」が同クラスの「済遠」と遭遇した。
砲撃が始まり、被弾した「済遠」は白旗を掲げ、停船した。
しかし日本艦が近づくのを待って2基の魚雷を発射して遁走した。

支那が絶対に大国になれない理由の一つがこういう国際法のルールすら守らない破廉恥な国民性にある。
それがみんなに嫌われるからだ。

因みに逃げた「済遠」は2か月後の黄海観戦でも仲間の船がバタバタ沈められていくのを見て、海戦史上初の敵前逃亡をやった。
西太后は二度も恥ずかしい行為をした漢民族の艦長方伯謙を斬首にしている。


P3130703
それから10年後の明治38年5月27日、連合艦隊はロシアのバルチック艦隊と日本海でまみえる。
午後2時、有名な150度の敵前回頭をやった東郷艦隊は午後3時、戦艦「オスラビア」を沈め、以後の7時間で戦艦、巡洋艦16隻を沈めてしまった。
翌28日、ウラジオストークに逃げる残存艦の前に再び連合艦隊が現われる。

戦艦「オリョール」の水夫ノビコフ・プリボイは著書『ツシマ』にこう書く。
「取り囲む敵艦の中に昨日我が艦隊と渡り合った主力戦艦、巡洋艦もいた。マスト1本、煙突1本倒れておらず、艦橋にも破損箇所はなかった。我が艦隊をあれほどやっつけておいて自分はちっとも損害を受けなかったと見える」

残存艦隊のネボガトフ提督は降伏を決め、旗艦「ニコライ1世」のマストに白旗を掲げた。
プリボイの艦でもテーブルクロスで代用した白旗が掲げられた。
「旗艦の艦尾に掲げられたロシア海軍のアンドレーエフ旗も下され、日本の旭日旗が揚がった」


P3130704
国際法規には降伏する場合、白旗を揚げたうえ、「艦尾に降伏した相手国の海軍旗を掲げる」の形が記されている。
プリボイの艦でも出港時に用意していた日本の海軍旗を粛々と掲げた。

先の戦争当時、日本と戦ってもいない韓国が「侵略の象徴」とか言って、旭日旗をやたら毛嫌いする。
それは勝手だが、いつか海戦のとき、旭日旗を持っていないと降伏と見なされず沈められてしまう。
白旗だけではだめなことは知っておいた方がいい。


’15.4.23 週刊新潮より




150922 松本城への道

Category : 旅行長野
DSCF3513


DSCF3514


DSCF3515


DSCF3516
交番です。「KOBAN」の表示があります。

DSCF3517


DSCF3519


DSCF3520


DSCF3521


DSCF3522


DSCF3524


DSCF3525
正面突き当たりが松本城入口です。




'93/07/25 航空祭

Category : お祭り
IMGC0205012 (1 / 1)



IMGC0205013 (1 / 1)



IMGC0205014 (1 / 1)



IMGC0205015 (1 / 1)



IMGC0205016 (1 / 1)



IMGC0205017 (1 / 1)



IMGC0205019 (1 / 1)



IMGC0205020 (1 / 1)



IMGC0205021 (1 / 1)



IMGC0205022 (1 / 1)



IMGC0205023 (1 / 1)



IMGC0205024 (1 / 1)



IMGC0205025 (1 / 1)



Nikon F801




150921 割烹 新三よし 松本

Category : 旅行長野
DSCF1490
割烹 新三よし 5時開店であるが、4時半からもうこの通りの行列。
店中のノートに名前を書き開店を待つ。


DSCF1492
5時開店 名前を呼ばれて人数により席に案内される。
待つ間、店内をキョロキョロと見回す。



DSCF1493



DSCF1494
まず刺身が出てきたのだが、写真を撮るのも忘れて食べてしまった。

DSCF1496
次は鍋で、まず、野菜などをたれで煮込み味をつける。

DSCF1497
地酒を味わう。

DSCF1500
野菜などに味がついた頃、肉が運ばれてくる。
桜色である。


DSCF1504
うまいうまいと夢中で食べて、あっという間に2時間が過ぎた。
松本駅前を通り宿へ向かう。


DSCF1505
トーコーシティホテル松本に投宿。









160801 色によりけり

Category : 変見自在
P3124530
変見自在 高山正之

色によりけり


交換留学生の服部君はその夜、ホームステイ先の高校生ウェブ君の車でパーティ会場に向かった。
多分、ここだと一軒の郊外住宅の前でウェブが車を停め、服部君が飛んで行ってドアをノックした。
応答がなかった。
カーポート側のドアをノックしたが、ここも返事がない。
その先を覗いたら30代の女が吃驚びっくりした顔で見返した。

後ろの方でウェブが家を間違ったみたいだと言った。
ここの家人を驚かせちゃったと思いながら戻っていったとき、横手のドアが開いて男が顔を出した。


P3124533
服部君は日本人だったらそうするように「すいません。パーティ会場を探していて」と近寄りながら男に声をかけた。
返事は「弾けるような轟音だった」(燐家のスタンレー・ラッキー)。
表に出たラッキーは隣のロドニー・ビアーズのカーポートに倒れている「アジア系の少年」を見た。
銃弾が胸を砕き背中に15センチの大穴を開けていた。
「手足を痙攣させて何かを言っていたが意味は分からなかった」

服部君はアール・K・ロング医療センターに運ばれ、治療中に絶命した。
撃たれてから1時間、彼はやっと苦痛から解放された。


P3124534
警官がピアーズを聴取した。
「妻が変な男が窓から覗き込んだと言った。外にでたら敷地内をうろつく男がいた」
「フリーズ(止まれ)と言ったら向かってきたので撃った」
ルイジアナ州には「不法に他人の敷地に入り、家人に恐怖を与えた者を殺した場合は正当な殺人とする」強盗撃退法がある。
彼への咎めはなかった。

家を間違えただけで日本人高校生が射殺され、しかも射殺犯は逮捕もされない。
日本人は驚愕した。


P3124536
米側はその反応をいぶかしんだ。
「服部君は西部劇を見てから来るべきだった」とニューヨーク・タイムズは「フリーズ」を知らなかった服部君を揶揄した。

日本人はピアーズの銃も避難した。
彼は44口径マグナムを使った。
先が凹んだ弾丸は当たると花のように開き、内臓をズタズタにして治療もできないまま死んでいく。
英国がインド人退治に使ったダムダム弾がそのモデルだ。
それでピアーズの殺意が浮上し、さらに人種偏見の疑いも出た。
体裁だけ民主国家の米国は急ぎ彼を最も軽い故殺で起訴した。
先の戦争で日本に連帯を表明した全米有色人種地位向上協会(NAACP)も「大いなる関心」を示す中で出た評決はピアーズの無罪だった。

悪いのは不法に敷地に入ったアジア人の少年の方だと。


P3124537
モンタナ州ミズーラで昨年4月、服部君ケースと同じような事件が起きた。
ピアーズに当たるのがマーカス・カーマ。
自宅ガレージに何度も賊が入り、工具などが盗まれていた。

警報装置をつけて1週間後の夜、侵入者ありのシグナルで目が覚め、ガレージに行って、暗がりにいた不審者に向けてショットガン3発を発射した。
忍び込んでいたのはドイツからの交換留学生ディーレン・デード17歳で、銃創により間もなく死亡した。


P3124538
モンタナ州にもルイジアナ州と同じく敷地内に不法に侵入した者を射殺できる法に加え、もう一つ「Stand Your Ground 法」がある。
「身の危険を感じた者は避難したり警察に通報したりする前に銃を使っていい」という黙って打ち殺せ法も09年にできた。


P3124539
法で認められたことをやったカーマはしかし最も重い謀殺で起訴された。
そしてこの2月12日、刑期70年の有罪判決が出た。
理由は、カーマがガレージのドアを開けたままにし、友人には必ず殺すと語っていた、つまり罠を仕掛けた殺人だったと。


P3124542
しかし周辺の話は微妙に違う。
服部君ケースと違って被害者が白人だったこと、そして加害者がモンゴロイド系のモンタナ・インディアンだったことだ。

ABC放送は判決の瞬間、正義が勝ったと喜ぶ白人傍聴者の声を伝えていた。


P3124543
そういう国が今も日本に何が正義かをいう。


’15.3.12 週刊新潮より





カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示