FC2ブログ

160531 世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由 2-3

Category : 福田和也のへそまがり世間論
P2234489
福田和也のへそまがり世間論

世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由
2-3

さて、わが国に話を戻すと、平成21年の内閣府調査では、国民の85.6パーセントが死刑の存置を認めるという結果が出ています。
この調査は5年ごとに実施されており、平成6年は73.8パーセントという結果でした。
一貫して増えていることがわかります。
日本では高度経済成長に入った頃より凶悪事件が減り、それと共に死刑判決も少なくなっていきました。
ところが、平成7年に起きたオウムサリン事件により一転して死刑判決が増え、国民の意識が死刑存置に大きく傾いていったのです。
私個人としても、死刑存置論を支持しています。
肝心なのは、人権の尊重をいかに考えるかということです。


P2234490
想像したくもないことですが、もしも罪のない家族が殺人者の手にかかったらーー。
私はその殺人者を絶対に許さない。
当然、死刑を要求します。
江戸の昔であれば、自ら敵を討ったでしょう。
今は判例主義で、1人の殺害であれば死刑を免れることが多いのですが、自分の利得のために罪のない人間を殺したのであれば、たとえ1人でも死刑に処すべきです。
そうした殺人者を自らの死と対峙させない限り、被害者の尊厳はありません。


P2234494
逆に自分が殺人を犯してしまったらーー。
月並みな言い方ですが、人生は何が起きるかわかりません。
ある日、自分が明確な意思をもって人を殺す可能性が絶対にないとは言えないのです。
もしも私が、誰かを殺し、死刑でなく、無期懲役となった場合、その後に残された時間は全く無意味なものになることが想像されます。
何故なら、「死」と向き合うことができないからです。
死刑囚であれば、執行がいつかは分からないまでも、自分の前に確実な死があり、その恐れから、被害者の受けた苦しみや恐怖に共感し、心から反省することがあるかもしれません。
また、死について繰り返し考えることで、精神が深化する可能性もあるでしょう。



(’14.8.28 週刊新潮)





スポンサーサイト



160529 世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由 1-3

Category : 福田和也のへそまがり世間論
DSC_3739
福田和也のへそまがり世間論

世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由
1-3

死刑ーー。
報道以外では頻繁に耳にする言葉ではありません。
しかし、わが国が死刑制度を維持している以上、国民は死刑に関心を持つ責任があると、私は思います。
加えて、死刑囚・袴田巌さんの再審が決まり、釈放された件もあって、今後、死刑の存置をめぐる議論はますます喧しくなっていくことでしょう。


DSC_3742
しかも、平成21年5月21日、日本では裁判員制度が始まりました。
すでに国民は、ある人間を死刑に処すべきかどうか決定しなければならなくなる可能性があるのです。
日本の現行刑法は、明治40年4月24日に公布され、翌年の10月1日に施行されました。
以来、死刑は廃止されることなく現在にいたっています。
これは、世界的に見ると、めずらしいことなのです。
現在、世界の3分の2を超える国が、法律上、または事実上、死刑を廃止しています。
アメリカは州によって異なりますが、EU加盟国はすべて死刑を廃止しており、EUに加盟する条件に死刑廃止を挙げています。
死刑廃止の根本には、死刑が生命という最も基本的な人権を侵害する極めて残酷で非人道的な刑罰だ、と言う考え方があります。


DSC_3743
また犯罪者を死刑にしてしまったら、更生の道がありません。
威嚇力の点でも、一瞬にして命を奪う死刑よりも、終身刑にして一生を刑務所の中で拘束し教化する方が、社会にとって喜ばしく効果的だ、という意見もあるでしょう。
犯罪者の生命を奪う刑罰は古代から見られますが、近代国家の死刑は中世ヨーロッパ社会の国家刑罰から始まったといえます。
12、3世紀ごろに出現した都市的環境においては、浮浪者、いわゆる非定住民による犯罪の増加が問題となりました。
こうした犯罪に対しては、それまでの罰金などといった処罰ではとても対処できるものではなく、犯罪被害の防止と威嚇のため、死刑が行われるようになったのです。



(’14.8.28 週刊新潮)




160524 21万個のお握り

Category : 変見自在
DSC_3716
変見自在 高山正之

21万個のお握り


マッカーサーは本当に臆病者だった。
日本軍がリンガエン湾に上陸したと聞くとすぐマニラを捨て、バターン半島の先のコレヒドール島に逃げ込んだ。
半島には幾重も防塁が備えられ、米軍の盾となるフィリピン軍が6万、米兵も1万ほど展開していた。
日本側は大きな犠牲を払って昭和17年4月、ここを落とした。
米比軍はほとんど無傷。
ただマッカーサーの無策で医薬や糧食が欠乏し、かなりへばっていた。


DSC_3719
戦車隊員レスター・ケニーはドル札の焼却を命ぜられたが、勿体ないから木のうろに隠した。
部隊のトラックも「ジャップに鹵獲ろかくされるのが癪でぶっ壊した」と自伝に書いている。
そういうケチな根性をしていたから、半島からはるか先の収容所へ移動する段になってさあ困った。
トラックを残した部隊はそれに乗っていけたが、テニーたちは歩きになった。


DSC_3720
日本軍は衰弱気味の米兵のために途中何か所もの救護所を置いてめんどうをみた。
さらに朝昼晩にはお握りも与えた。
1日につき21万個もだ。
現地兵はコメの飯に感激したが、米兵は「パンを出せ」と文句を言った。
結局1日目は16キロ先で野営。
翌日は20キロ先のバランガで休んだ。
ここでは地元民が食べ物を手に米軍に徴用された身内の安否を尋ねてくる。
何人かはその人波に紛れて逃げた。


DSC_3724
先日、その道をたどった。
ガイドの女性は「大叔父もこの道を歩んだ一人で、疲れて道端で寝ていたら日本兵も見逃してくれて逃げられた」と話していた。
日本軍はフィリピン人と戦争したつもりはない。
彼らが逃げてくれれば食い扶持も助かる。
南京攻略戦のあと俘虜になった徴用農民兵もそれで逃してやっている。
比島戦のさなか、インドネシアを制圧した今村均中将はオランダ人の盾にされたインドネシア人兵士に塩を持たせて「家族に届けてこい」と放した。
誰も戻らないと思ったら、ほとんどが戻ってきた。
それを見た中将は彼らの軍隊ペタを作ってやる気になったという。
いずれにせよ日本は悪い白人とのみ戦った。
行軍は4日目にサンフェルナンド駅に着き、貨車で収容所に運ばれた。


DSC_3727
溝口郁夫『絵具と戦争』には行軍の途中、捕虜の士官に紅茶が振る舞われる写真や海水浴を楽しむ米兵の姿が記録されている。
安倍首相が米議会で演説する前に「バターン死の行進」保存団体から両院議長宛てに「飢餓状態の捕虜たちには水も食料も与えられなかった」「少しでも休めば殴られ、銃剣で刺された。射殺される者もいた」と抗議し、「安倍にバターン問題を謝罪させるべきだ」(ロイター電)とする書簡が届けられた。


DSC_3728
彼らが飢え、病にかかったのは目の前の部下の窮乏にも手当てしなかったマッカーサーのせいだ。
それでも日本軍は1日当たり21万個ものお握りを握って配ってやった。
マッカーサーはそれに感謝するどころか、独りメルボルンに逃げたあと、この「死の行進」の与太話を創作して世界に振り撒いた。
彼の嘘に乗って、テニーも「 日本人士官は馬上から捕虜の首をねた」とか嘘に嘘を重ねた。
民主党の岡田克也は彼を日本に招き、揉み手して謝罪している。
今回は外務省が愚かにも彼を日本大使館の晩餐会リストに入れ、まるで彼の主張が正しいかのような印象さえ与えた。
彼をリストに入れた外務官僚は即刻クビにすべきだ。


DSC_3730
ところでこのバターン攻略戦のように、自軍の何倍もの「食わせなければならない捕虜」が出たときに白人国はどうしたか。
例えば終戦時、各戦場では数十万の降伏日本兵が出たが、ずるい白人はこれをPOW(捕虜)と呼ばず、JSP(降伏日本人将兵)とか名付けて糧食の提供すらしなかった。
ために日本兵たちは仏印カップ・サンジャックのように自分たちで収容所をつくり自活してしのいだ。
日本人の親切心はいつも裏切られる。


’15/05/21 週刊新潮より




160516 画家 佐藤 武 氏 の新聞記事

Category : 展覧会
160516佐藤武

北海道現代具象展の会員で毎回同展に出品している佐藤武氏が、'16/05/16の北海道新聞の記事で紹介された。


北海道現代具象展



160514 PENTAX K-S2 と SDカード

Category : K-S2
R0016439
K-S2に新しいSDカードを買った。


R0016441
パナソニックのSDHC8GB CLASS10である。
K-S2は-10度での動作を保証しているので、-25度を保証しているこのSDカードは安心である。



R0016442
最近は生産国を気にしているので裏を見ると「台湾製」と書かれている。


R0016459
いつも買っているのはSanDisk


R0016460
MADE IN CHINA と目立たないように刻印されている。


R0016463


R0016465
ここまで寄るとはっきりと分かる。


R0016467



R0016474
念のためパナソニックのも寄って写した。
個人が今できることを着実に実行する。
「ハチドリの一雫」でしたっけ・・・。





160510 新聞の主張

Category : 北海道新聞
DSCF2297
’16/05/10の新聞の主張


『読者の声』
経過が不明 TPP交渉


軍事機密ならいざ知らず、TPPは国民の食料、医療をはじめ、生活全般に関わる内容なのだ。
政府の独断で決めていいはずがない。(78)




DSCF2299
道議会庁舎建て替え 5年前に既定路線
非公開協議 35回の内容判明


道が今年2月に決めた道議会庁舎の建て替えをめぐり、道議会が2010年1月から15年12月まで非公開で計35回開いた検討協議会の議事録が明らかになった。
それによると、建て替え方針は全5会派が10年11月の時点で合意しており、民間との複合施設とする案は12年に見送られていた。
道議会内部では、3年以上前から「専用庁舎での建て替え」が決まっていたことになる。
事業費116億円超が見込まれる建て替えについて、「道民不在の決定」との批判が強まりそうだ。


DSCF2300
道議会庁舎建て替え

1951年築の庁舎の老朽化を受け、道議会は2010年から検討協議会で建て替えについて議論し、昨年12月に基本計画をまとめ、高橋はるみ知事に提出。
知事は今年2月に建て替えを決めた。
予定地は今の庁舎の西隣りで、18年着工、20年春の使用開始を目指す。
延べ床面積は1万8900平方メートル以内とし、地上6階、地下1階とした基本計画を踏まえる。
事業費は解体費を含め116億円超とみられる。
建て替え論は過去にも浮上し、道の財政難で一度見送られた。



DSCF2301








151216 規格品の精度

Category : オーディオ
R0016450.jpg

6年前に車を取り替えた時、カーステレオにはテーププレーヤーが付いていなかった。
仕方がないので、ソニーのウオークマンにテープデッキから録音してウオークマンの出力をカーステレオのAUX端子に入力することで音楽などを楽しんでいた。
ところが、再生途中で片チャンの音が途切れたり、音が歪んでいたりと不愉快なことが続いていた。
原因は、デッキからウオークマンへの途中の変換コードとプラグアダプターの接触不良であった。
デッキからの出力は、ピンブラグ×2⇨ステレオミニジャックはソニー製品、ステレオミニプラグ中継アダプターはJCVの製品で、どちらも外国製だった。
規格上での問題は発生しないはずだったが、現実としてうまくつながらないのであった。


R0016451.jpg

ソニーとしては、中継アダプターは用意していないので他社製で組み直すしかなく、機会あるごとに電気屋を覗いていた。
JCVケンウッド(旧トリオ)の変換コードCN-140Aと日本ビクターのプラグアダプターAP-119Aを見つけた。
ともにMade in Japan であった。


R0016452.jpg

組み替えた結果、録音のたびにチェックしているがとても安定したものであった。

R0016453.jpg

同じ規格のものが当たり前につながるということは、当然のことなのか、とても素晴らしいというべきものなのか、考えてしまった。
海外で日本製品の信頼が高いというのは、以外とこんなことなのかもしれないと思った。



RICOH CAPLIO GX100





160409 PENTAX K-S2 DA16-85mmF3.5-5.6EDDCWR 試し撮り

Category : K-S2
DSCF4259
K-S2はDA16-85mmF3.5-5.6WRとのセットで使ってみたかった。

IMGP0052
バリアングルモニターの使い心地はどうか、16mmは使いこなせるのか、85mmで間に合うのか、などが確認する目的

IMGP0054


IMGP0061


IMGP0062


IMGP0072
これと次の画像はバリアングルモニターでなければ姿勢が苦しくなる。

IMGP0077


IMGP0081


IMGP0082


IMGP0084


IMGP0087
山に咲く花はバリアングルモニターがあると楽である。

IMGP0092


IMGP0093


IMGP0098


IMGP0100


IMGP0109
こういう場合は85mmでは短い。
16mmを使いこなせないなら18-135mmの方が良いのかもしれない。


IMGP0110


IMGP0112



150921 長野

Category : 旅行長野
DSCF3499
信州大学工学部の建物を外から見学します。

DSCF3496
ここが土木工学科の建物

DSCF3503
次に、昨日休みだった”糀屋本店” 今日は営業しています。


DSCF3507
信州味噌ともろみをお土産に買い、宅急便で発送手続きをする。

DSCF3500
店内に古い看板が掛かっている部屋


DSCF3501
”福壽○量”と彫られているが,3番目の字はわからない。
”北水漁夫”の銘があることから”魚”ではないかと思っている。


DSCF3508


DSCF3511
長野自動車道を松本へ向かい、姨捨SAで一服する。
あんずの里方面の景色


DSCF3512
そばクレープブルーベ(@380)なるものを初めて食す。
山賊焼きそばクレープというのがあったが、量が多いのでやめた。美味しそうだった。





160504 「原発避難民」の心を荒廃させた「補償金」ジャブジャブの日常 2-2

Category : 週刊誌
DSC_3702
「原発避難民」の心を荒廃させた「補償金」ジャブジャブの日常 2-2

ともあれ、楢葉町から避難してきた60代の男性は、自ら手にした補償金の金額をこう明かした。
「震災直後、私たち夫婦と息子の家族を合わせて7人で借り上げ住宅に避難しました。楢葉町の自宅や田畑などの賠償金は約2,000万円でした。息子は楢葉町ではレンガの製造会社に勤めていましたが、今はいわき市の生コン会社に転職。息子の嫁は町の役場でパート仕事をしていました。ですから、家族全体で精神的損害賠償金は70万円、震災前の収入補償などを加えれば、一時は月収が200万円近くになりました」


DSC_3705
今年2月に廃止されるまでは、避難先であらたな職に就いて収入を得るようになっても、上限50万円までは収入補償から差し引かれなかったという。
例えば、震災前の給料が100万円だとすると、それは東京電力から補償され、さらに避難先の職場で稼いだ給料が50万円までなら、合計150万円がそっくり手に入った。
そのため、楢葉町のこの家庭も、高給で知られる外資系金融機関並みの月収を得ることができたのだ。
なおかつ、家賃は無料、医療費は免除され、所得税や地方税も支払う必要がない。
大盤振る舞いとも言える補償金によって、“原発避難民バブル“が起きるのは当然といえば当然のこと。



DSC_3707
1兆8千億円の補償金

現在、いわき市は新築ラッシュ。
「以前は一戸建てなら3,500万円程度だったのに、一気に5,000万円以上に値上がりした。なかには、アパート経営を始めたいという避難民が、15部屋の新築アパートを1億5,000万円のキャッシュで購入したケースもある。不動産売買をしている人の9割方は原発避難民。煽りを喰った地元のサラリーマンなどは、高額過ぎて一軒家には手が出せなくなってしまいました」「(地元不動産業者)

場所によっては地価が2倍以上に跳ね上がった地域もあるという。


DSC_3706
これまでに、東京電力が約8万人の原発避難民に支払った補償金は、ざっと1兆8,000億円。
単純に計算すれば、1人平均約2,300万円が懐に入ったことになる。
しかし、その一方で、いわき市民に支払われた補償金は8万円(妊婦と18歳以下の場合は40万円)に過ぎない。
これでは、やっかみの感情が芽生えても致し方あるまい。



DSC_3708
“住民票を移すべき“

結局のところ、いくら補償金をばら撒いても、原発被害者の自立支援の役には立たず、ただ単に、地元住民との間に深刻な軋轢を生じさせているだけにも見える。
いわき市で被災者支援に携わっている、NPO法人の代表はこう指摘する。
「現状は、補償金という麻薬の中毒患者を蔓延させているようなもの。札束で避難民を黙らせ、避難民もそれを当然の権利のように思い込み、その立場に胡座をかいているようでは自立できません。何もかも失い、着の身着のままで逃げるほかなかった避難民は、想像を絶する辛苦を味わいましたし、補償金が必要ないと言うつもりは毛頭ありません。ですが、いつまでも悲劇を引き摺っているだけでは何も解決しないのです」


DSC_3709
さらに、震災当時、いわき市の市長だった渡辺敬夫氏が述べるのは、こんな意見だ。
「震災3カ月後には、地元住民から避難民に対する苦情が寄せられました。ゴミの分別をしないとか、昼間からパチンコ屋に入り浸っているとか。遊び呆ている避難民が、商店街の食堂で昼間から酔っ払って席を譲らないので、市の職員がお昼ご飯を食べられずに戻ってきたという話も耳にした。そういうことが積み重なり、地元住民とギクシャクするようになった」


DSC_3713
解決のためには、なによりも避難民が住民票をいわき市に移すべきだという。
「仮設住宅に暮らしているならまだしも、いわき市で仕事をし、自宅も買ったような人が、なぜいわき市民にならないのでしょうか。確かに、住民票を移せば固定資産税や住民税を納めなければならなくなる。でも、それくらいの負担もしないで、コミュニティーの一員として認められるはずがないのです」


DSC_3715
東京電力の原発避難民への補償金は、原子力損害賠償支援機構からの交付金によって賄われている。
いずれ、原子力発電所を持たない沖縄電力以外の全国の電力会社で返済しなくてはならず、その分が電気料金に転嫁されることは自明だろう。
惜しげもなくジャブジャブと注ぎ込まれる補償金のツケは、国民全体に回ってくるのだ。




’14.7.31週刊新潮から抜粋




カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示