FC2ブログ

160330 FUJIFILM X-E2 クラシッククローム追加

Category : X-E2
DSCF1942
PROVIA


DSCF1943
クラシッククローム


DSCF1944
ASTIA
今回は PRO Neg. Std の代わりに ASTIA を入れて比較する。



DSCF2021
PROVIA


DSCF2022
クラシッククローム


DSCF2023
ASTIA


DSCF2024
PROVIA


DSCF2025
クラシッククローム


DSCF2026
ASTIA

ブルーシートで比べると、クラシッククロームは黄色みが強く出て温かみが感じられる。
ASTIAは「ソフト」と分類されているが、青色が鮮やかで夕焼けの赤も綺麗で以外と彩度が高いように見える。




スポンサーサイト

160328 メディアの報道

Category : 新聞記事
DSCF4198 (1 / 1)

'16/03/23 朝刊1面 ベルギー同時テロ 34人死亡 首都 空港、地下鉄で爆発
 負傷者約230人


DSCF4200 (1 / 1)

'16/03/28 朝刊4面で パキスタン 自爆テロ53死亡 100人以上が負傷

と、伝えた。




マダム・リリー」から抜粋
http://www.madameriri.com/2016/03/24/what-media-dont-want-you-to-know/

ベルギー連続テロ報道にみる海外メディアが報道したがらないこと

ベルギーの首都、ブリュッセルで連続爆破テロがあった。死者が34人、負傷者は200人以上だと報じられている。このテロ事件を受けて、各国の海外メディアは大々的に大きく事件のことを報道している。CNNやBBCニュース、仏紙ル・モンドでも一面にブリュッセル、テロリスト、ISISの言葉が列挙し、これでもかというほど報道が加熱している。

これはフランス・パリの同時多発テロ事件の時にも感じた違和感なのだが、やはりマスコミと言うのは、「報道したいこと」と、「報道したがらないこと」がはっきりと分かれている。そんなのは、当たり前でしょうと思う人もいるかもしれないが、海外メディアの報道を一歩引いて全体像を見てみると、あまりにも不平等で悲しくなる。これでは、”欧米人の命が誰よりも尊いのか”と、憤りを感じる。

例えば、去年11月のパリ同時多発テロ事件。世界中の人がフェイスブックのプロフィール画像をフランス国旗に変えるほど、大々的な報道がされたが、実はパリテロ事件の前日、11月12日に中東レバノンの首都ベイルートで連続爆破テロがあった。このテロで死者45人、負傷者は約240人だった。ちょうど今回のベルギーのテロとほぼ同じくらいの被害者をだしたテロ事件であったにもかかわらず、世の中はパリのテロ事件ばかりで、レバノンのテロについてはどの海外メディアもあまり報道しなかった。そのため、レバノンのテロ事件はパリとの対比で「忘れられたテロ」と呼ばれている。

つい先日あったトルコの首都、アンカラでのテロ事件では、ある青年がフェイスブックに「パリのテロでは世界中が祈ったのに、なぜトルコではそうならない?」と投稿し、ネット上で話題になった。しかし、実際にトルコでは今月のテロ事件だけでなく、今年2月17日にも、街の中心部で爆発が発生し29人が死亡した。また、2015年10月に起きた爆破では、100人以上が死亡した。しかし、これもまた、欧米のメディアはあまり報道しない。

海外メディアが報道したがらない事件は他にもある。1991年の内戦以降、ずっと戦争状態にあるコンゴでは1996年以降で600万人が死亡。 約40万人の女性が毎年レイプされている。

去年の1月、シャルリー・エブド事件の数日前には、ナイジェリアのボコ・ハラム(ISIL組織)が、ボルノ州バガで約2000人の住民を虐殺した。他にもチャド、カメルーンなど現在も紛争が絶えない地域や、南スーダンの難民問題など、海外のメインストリームメディアが報道しないことはたくさんある。

これではまるで、「世の中には大切な命と、取るに足らない命がある」と言っているようなものではないか。欧米メディアは欧米人が被害者となった同情と涙を誘えるものだけを選んで、大きく報道しているに過ぎない。このメディアの傾向は、欧米だけに限らず日本のマスコミにも同じことが言える。

とは言え、マスメディアだってビジネスなのだから、視聴者が関心の高いものに重点を置いて報道してしまうのは、しょうがないことかもしれなしょうがないことかもしれない。

ただ、それを見る私たち視聴者がこれらの報道に煽られることなく、冷静な目を持っておくというのが大事なことなのではないだろうか。東京でISISによる爆破テロがあって、死者もたくさんでたのに、世界のメディアにあまり報道されないとなれば、激しい憤りを感じずにはいられないだろう。




141218 FUJIFILM X-E2 ファームウェアバージョンアップ

Category : X-E2
■’14/12/18 X-E2のファームウェアVer.2.10からVer.3.00への変更内容
1. フォーカスモードに「AF+MF」(AF時のマニュアル微調整モード)を追加
  シャッター半押しでオートフォーカスロック後にシームレスにマニュアル
  フォーカスが可能となり、AF後のフォーカス微調整が、スムーズに出来る。

2. スマートフォンやタブレット端末(*1)からリモート撮影ができる機能を
  「ワイヤレス通信」に追加

3. 独自のカラーモード「クラシッククローム」を追加
  多彩な色再現や階調表現が可能な撮影機能「フィルムシミュレーション」
  に、深みのある色合いと豊かな陰影の写真表現が可能な「クラシック
  クローム」モードを追加。

4. インターバルタイマー撮影機能を追加




ドキュメント派プロカメラマンから要望が強かったというコダック風色彩が「クラシッククローム」として追加されたので、試写した。

DSCF1955
PROVIA


DSCF1956
クラシッククローム


DSCF1957
PRO Neg.Std


DSCF1994
PROVIA


DSCF1995
クラシッククローム


DSCF1996
PRO Neg.Std


DSCF2015
PROVIA


DSCF2016
クラシッククローム


DSCF2017
PRO Neg.Std


DSCF2018
PROVIA


DSCF2019
クラシッククローム


DSCF2020
PRO Neg.Std




いかがであろうか。
ざっくり言えば、プロビアは青味が強く、クラシッククロームは黄色みが強い。
プロネガStdは極めて標準的な発色に思えるのだが・・・。
次は違う比較を予定。





160324 _Nikon D200 突然シャッターが切れなくなった!

Category : カメラ
R0016425
Nikon D200に VR18-200mmF3.5-5.6Gを付けて撮影中に突然シャッターが切れなくなった。
ついさっきまで撮影できていたのに。
シャッターボタンを半押しした時にファインダーをよく見ると記録可能コマ数のところに“r25”と表示されている。
表示パネルのところも同じく“r25”と表示されている。


何かの拍子に誤作動を起こしているのかと、バッテリーを出し入れしてみたが改善しない。
各ボタンが途中半端な位置にないか確認したが、異常なしである。
今日よりももっと寒い時でも動いていたので、あきらめて帰宅した。
室温になじませてから再度試してみるが、回復しない。


使用説明書を見てもエラー情報と索引に”r25”はなく、バッテリー残容量は6%なのでバッテリーを充電しながらインターネットで解決策を検索する。
同じような状態での質問があり、その回答に
「シャッターボタン半押しの時に表示される連続撮影可能枚数の表示である」
~と、使用説明書P308に書いてある。
シャッターボタンに触っていないのにこの表示が出た場合は、何かしらの異常が発生している可能性が強いのでニコンに修理依頼したほうが良い、と。


他の回答で、「充電式バッテリーの寿命」、「互換性バッテリーの不適合」、「ファームウェアのアップデート」、「サポートに問い合わせたら」で、
「電池チェック」の劣化度は0なので、これらの回答は該当しない。
ところが、ニコン純正バッテリーEN-EL3eの不具合で、劣化度0でもダメになるのもある、との記事もある。


70%くらい充電できたので、バッテリーをカメラに入れて試した。
シャッターボタン半押しするとr25と表示されるが、さらに押し込むとシャッターは切れた!

結論 バッテリーの充電量が不足していて、かつ気温が低かったので要求する電流が流れなかった、ということだろう。


シャッターが切れていても半押しの時にr25は表示されている。
今までも表示されていたのだろうが、目は被写体を見ていたのでr25は見えていなかった、ということだろう。
と、納得させた。






141218 ブラウンのシェーバー

Category : 家電
R0016308
今まで使ってきたシェーバー”ビダン”のバッテリーが「もう疲れた」と言うので、今度はブラウンのシェーバーを入れた。
ブラウンのシェーバーを買うのはこれで3台目である。


R0016309
1台目は、AC電源専用で頑丈な硬質プラスチックスの箱入りだった。

R0016310
2台目は、バッテリー内蔵のもので音が静かであった。
1台目のシェーバーは、動作音が大きいのが特徴だった。


R0016307
2台目のブラウンの次には、日本製ということでビダンを買ったのである。
この会社は、フィリップスから特許に関して告訴されたとのことだが、勝訴した会社である。


R0016311
そして今回ブラウンの3台目となったが、音は静かで剃り心地も良く痛くないし、剃り残しも少なく、ずいぶんと進化したものだと感心する。

生産国はどこかと探していたのだが、こんなところに書いてあった。
ブラウンの高級シェーバーは自国製なのだが、普及品(¥4,681)はこの国で作らせているらしい。




141213 冬靴 North Dateac

Category : 道具
PC134312
冬靴を買った。
天然皮革でWグリップと表示していて、凍った道でも滑らず安全だと感じた。


PC134313
靴底はスタッドレスタイヤのようなパターンをしているし、踵には引き起こせば鉄製の爪で出てくるものだ。

PC134314
この靴は中国製ではなく MADE IN CAMBODIA と書いてある。

PC134315
牛皮を使い、凍結路対応と書いてある。

PC134316
爪を起こしたところ

P1100556
雪が降った日に実際に履いてみると、靴底に雪がくっついて高下駄状態になったので、道路を蹴飛ばして雪団子を取りながら歩いて帰った。
帰宅して靴底を見ると片方の爪がなくなっていた。
雪の塊と一緒に道路に置いてきたらしい。


P2120628
販売元に連絡すると、商品を送ってくれという。
送ると爪を付けて送り返してきた。
無理な力がかかると安全のため爪が外れるようになっているのだという。
それでも靴底に雪が団子状に付くのは解決されない。


P2120633
他の靴跡を見ると、靴底のパターンが残っている。

P2120635
この靴も残っている。

P2120637
この靴も残っている。

P2120636
これは私の靴で、完全に雪が靴底に付いていっている。

靴底のパターンは研究したのだろうが、靴底の材質には考えが及ばなかったのだろう。
カンボジアには雪は降らないからなー。
新雪時には使えないが、圧雪路やスケートリンク状になった氷結路では履ける。
牛の本革を使ったりしているので、都会のおしゃれ用の靴らしい。


『氷結路対応』と書いてあるタグの裏側に取扱上の注意として非常に小さな文字で、「この製品は山登りや各種スポーツ、作業安全の為に作られておりません。また、走ったり厳寒状態の連続歩行には向いておりません。」と書いてありました。
買う時に読んでいれば買わなかったと思うが、クレーム連絡先という表現で社名電話番号担当者名を書いているところを見ると、なんだかやられたーという気がしてきた。







151113 あれから1年2か月

Category : 災害
DSC_4740
2014年9月11日の暴風雨で国道453号のポロピナイ付近の道路と橋が大量の雨水と押し流されてきた岩石と流木に削られてしまった。
現在でもオコタンへの道路はまだ工事中で通れない。

ポロピナイにある駐車場
この道路(国道453号)ができた当時は、この駐車場から恵庭岳が見えていたのだが、今は樹が高く伸びてしまい見えない。


DSC_4742
北東側の森には風雨に痛めつけられたのか、葉をつけられない樹もある。

DSC_4743


DSC_4745
駐車場から少し登ると疎林となり恵庭岳が見えるところがある。

DSC_4747
活火山なので噴煙が出ている。

DSC_4752
上空の風の向きによって立ちのぼる煙の向きが変わる。

DSC_4753
新しいガードレールが取り付けられている。

DSC_4754
下手の道路端には流されてきた小さな岩が残っている。

DSC_4757
あそこは道路が削られて流されたところ。

DSC_4758
大岩が取り除かれ、土嚢が積まれている。

DSC_4759
土嚢の上に登って下流を見る。
水が流れた所がえぐられている。


DSC_4765

古いガードレールが一部残っているところ。

DSC_4774
左手に岩を3段に積んだところ。

DSC_4768
その下流は、樹が倒れ地表が削られた跡が残る。

DSC_4777
流されてきた樹や大岩は取り除かれ整地されて景観が整えられている。

DSC_4798
しかし、今まであった歩道は通行禁止状態で、流された橋はかかったが歩道部分は作られていない。



150920 富山市街

Category : 旅行長野
DSCF3434

富山市内の電車は3系統あって、いずれも富山駅から乗車できる。
1系統は、南富山駅前から富山駅間
2系統は、南富山駅前から大学前間である。


DSCF3435

3系統は、環状線でセントラムと呼ばれる新型車両である。

DSCF3437



PC095749.jpg

ぐるっとグルメぐりクーポン 路面電車1日フリーきっぷ 1,000円を使って富山名物ます寿し巡りをします。

DSCF3438

ここで電車を降りて、まず、せきの屋さんに向かいます。

DSCF3439



DSCF3442

これが、せきの屋さんのます寿し

DSCF3447

川上鱒寿し店の鱒寿しを作る機械

DSCF3448

川上鱒寿し店の鱒寿し
それぞれ、鱒の味付けや酢飯の作り具合が違うので、各店を食べ歩きするのが楽しい。


DSCF3450

変わった自転車が並んでいる。
観光客用の貸し出し自転車だろうか。


DSCF3452

ここは富山城を入れた撮影スポットに拵えてある。

DSCF3453



DSCF3454

普通の見慣れた路面電車も広告を掲げて走っている。

DSCF3455


DSCF3456

運転席

DSCF3457


DSCF3458


DSCF3459


DSCF3460


DSCF3463

運転席

DSCF3464


DSCF3465

座席は、通路を挟んで二人がけと一人がけ

DSCF3467


DSCF3468

車椅子席がある。

DSCF3469


DSCF3470


DSCF3472


DSCF3475

富山城を外から眺め、富山駅に帰ってくると駅の玄関広場でむかしのお姉さん方がハワイアンダンスを披露していた。





160305 辺野古移設 沖縄と再協議 和解成立 国、方針変えず

Category : 北海道新聞

P5180271

‘16/03/05の朝刊記事から

辺野古移設 沖縄と再協議 和解成立 国、方針変えず

安倍晋三首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる代執行訴訟で、福岡県高裁那覇支部が示した工事中止を含む和解案を受け入れると表明した。
県側も受け入れ、和解が成立した。
首相は国、県双方の対立が続けば、移設計画も危うくなるとして決断した。
再び移設に関する協議を始める。
辺野古移設を推進する方針の国と、反対する県それぞれの主張は変わらず、新たな訴訟に発展する公算が大きい。
移設計画の遅れは必至だ。



P5180275

との1面の記事を受けて、囲み記事の「卓上四季」は次のように書いているので抜粋する。

政府は沖縄県の米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐる訴訟で、反対する県側と和解した。
工事を中止し、県と再び協議するという。
対立していては普天間飛行場が固定化されかねない、との理由からだ。

むろん政府は辺野古移設の構えを崩したわけではない。
決裂後に再び訴訟になった場合、双方は司法判断に従うとする一筆が和解の決め手になった。
双方に勝つ自信があるのか、それとも政府は囲んで追い詰める「雪隠詰め」で県民を納得させる算段なのか。
いずれにせよ話し合いという対局が実現するのは一歩前進だ。
政府と県が対局に当たって考えるべきことは多い。
米国との関係は大事だが、まずは基地の負担を強いられてきた県民や国見の声に耳を澄ますことだろう。


~と、書いている。

P5180278

普天間飛行場は、米国のためにあるので米国との関係も大切だが、一番は負担を強いてきた沖縄県民、そして国民の声にも耳を澄ますことだ。
ーと言っているように聞こえる。
沖縄県民は、普天間飛行場を県外へ移転せよ、との主張だという。
国民は、現在の日本の防衛のため、東アジアの安定のためには沖縄に必要である、との考えだという。
東西冷戦時、ソ連の脅威が大きかった時代には北海道に米軍基地があったように・・・。


P5180279





160204 FUJIFILM X-E2 のファームウェアヴァージョンアップ

Category : X-E2
R0016404
'16/02/04にFUJIFILM X-E2 のファームウェアヴァージョンアップの案内があり、早速実施した。

Ver.3.10からVer.4.00への変更内容

1.新AFシステム搭載

1)動いている被写体の決定的瞬間を捉える「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」
を搭載。

「新AFシステム」では、全49点のAFエリアから任意に選択した1エリアでAFを行う、従来の高速かつ高精度な「シングルポイント」に加え、全77点のAFエリアを用いて、動いている被写体の決定的瞬間を捉える「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」を搭載した。

2)AF精度の向上
「シングルポイント」では、フォーカスエリア内をさらに分割し、被写体までの距離を正確に測ることで、より高精度なピント合わせが可能になった。
また、像面位相差AFの明るさ追従範囲が従来の2.5EVから0.5EVまで拡大。
より暗いシーンやコントラストの低い被写体でも位相差AFによる高速なピント合わせが可能になった。

3)「瞳AF」搭載
人間の瞳を自動で検出し、ピントを合わせる「瞳AF」を搭載。
明るい開放F値を活かして背景を美しくぼかすポートレート撮影など、ピント合わせが難しいシーンでも、手軽に瞳にピントを合わせることが可能。

4)「オートマクロ」搭載
被写体との距離に応じて自動でマクロモードに切り替わる「オートマクロ」を搭載。
近接撮影時に、その都度「マクロボタン」を押す必要がなくなった。
従来、「マクロボタン」の機能が割り当てられていた操作ボタンには、新たに任意のファンクション機能を割り当てることが可能。
(ファームアップ後の初期設定ではAFモードの切換機能に割り当て)



R0016407
2.機能の拡張

6)最高速度1/32000秒の電子シャッター
超高速電子シャッターを使えば、晴天時の雪原や海岸などの明るいシーンにおいて、開放F値で被写界深度の浅い写真を撮影しても露出オーバーしない。
電子シャッターでの撮影時に、シャッター音、シャッター音量を変更可能。
シャッター音を消して撮影することもできる。

7)ホワイトバランスブラケティングを搭載
1シャッターで色温度を変えた3枚の画像を生成。±1、±2、±3ステップでの設定が可能

8)ISO感度オートをAUTO1/AUTO2/AUTO3に拡張
ISO感度オートの設定を従来の1つから3つに拡張。

9)「マニュアル露出時の露出補正」
マニュアル露出かつISO感度オート時に、露出補正ダイヤルによる露出補正が可能になった。

10)目で見たままに近い自然な表示「ナチュラルライブビュー」モード
「モニター撮影効果反映」機能をオフにすれば、フィルムシミュレーションなどの撮影効果を反映させず、光学ファインダーのように目で見たままに近い自然な画面表示で撮影することが可能。

11)フレーミングガイドの細線化
「画面のカスタマイズ」で選択できる「フレーミングガイド」の線を細くすることで被写体の視認性を向上させた。

12)ワンプッシュAFの位相差AF対応
マニュアルフォーカス選択時にAF-LボタンでワンプッシュAFする際、高速な位相差AFが機能。

13)プログラムシフト設定領域の拡大
最長4秒のシャッタースピードまでプログラムシフトが可能。


R0016408
3.操作性の向上

14)新ユーザーインターフェース
表示情報の大きさや配置など見やすさにこだわった新ユーザーインターフェース。

15)AFエリアダイレクト選択
フォーカスエリアの選択が、ファンクションボタンを押すことなく、十字キーでダイレクトに行える。

16)マニュアルフォーカス時にフォーカスエリアのサイズ変更
マニュアルフォーカス撮影において、AF-LボタンでワンプッシュAFを行う際のフォーカスエリアのサイズが変更できる。

17)Qメニューのカスタマイズ
使用頻度の高いメニューが一覧表示され、各項目にすばやくアクセスできる
Qメニューにおいて、表示する項目やその並び順を変更できる。

18)測光エリアのフォーカスエリア連動
スポット測光選択時、測光エリアとフォーカスエリアの位置を連動させることが可能になる。
などなど




今まで馴染んだ設定変更の手順が変わってしまい、新しいカメラに取り替えたようで戸惑っている。
ひとつずつ確認しながら覚えていくしかないと、新しい取扱説明書をダウンロードして1ページから読み始めた。
なかなか頭が切り替わらない。

今回のファームウエアバージョンアップで1番早く良いと感じたのは4)の「オートマクロ」搭載機能だ。
それでも最短撮影距離が30cmなのは撮影素子がAPS-Cサイズなのだから仕方ないのだろうか。

10)の目で見たままに近い自然な表示「ナチュラルライブビュー」モードは、一眼レフのファインダーのような見え方を期待したのだが、(つまり、逆光時や冬山ピーカン時での一眼レフのファインダーのような見え方)機構上不可能なのだろう。
どういう使い方をするのか想像できない。

11)フレーミングガイドの細線化や14)新ユーザーインターフェースは、プロと初心者の両方の要望が強かったと感じる。

X-E2のファームウェアバージョンアップは、今回が最後のような気がする。
まあ、ゆっくり自分のものにしていこうと思っている。




カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示