FC2ブログ

140702 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)5-7

Category : 政治
P4290057
’14/07/02 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)5-7   北海道新聞

3 憲法第9条の下で許容される自衛の措置


(1)わが国を取り巻く安全保障環境の変化に対応し、いかなる事態においても国民の命と平和な暮らしを守り抜くためには、これまでの憲法解釈のままでは必ずしも十分な対応ができない恐れがあることから、いかなる解釈が適切か検討してきた。

その際、政府の憲法解釈には論理的整合性と法的安定性が求められる。
したがって、従来の政府見解における憲法第9条の解釈の基本的な論理の枠内で、国民の命と平和な暮らしを守り抜くための論理的な帰結を導く必要がある。


P4300077
(2)憲法第9条はその文言からすると、国際関係における「武力の行使」を一切禁じているように見えるが、憲法前文で確認している「国民の平和的生存権」や憲法第13条が「生命、自由および幸福追求に対する国民の権利」は国政の上で最大の尊重を必要とする旨定めている趣旨を踏まえて考えると、憲法第9条が、わが国が自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛の措置をとることを禁じているとはとうてい解されない。

一方、この自衛の措置は、あくまで外国の武力攻撃によって国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆されるという急迫、不正の事態に対処し、国民のこれらの権利を守るためのやむを得ない措置として初めて容認されるものであり、そのための必要最小限度の「武力の行使」は許容される。

これが、憲法第9条の下で例外的に許容される「武力の行使」について、従来から政府が一貫して表明してきた見解の根幹、いわば基本的な論理であり、1972年10月14日に参院決算委員会に対し政府から提出された資料「集団的自衛権と憲法との関係」に明確に示されているところである。

この基本的な論理は、憲法第9条の下では今後とも維持されなければならない。


P4300078



スポンサーサイト

151225 Windows10のコントロール画面が出せない

Category : パソコン
Windows10になってパソコンの設定画面が変わってしまった。
画面左下の窓印のアイコンをクリックして表示されるメニューから「設定」をクリックして開くのであるが、今までのような詳細な設定項目は表示されない。
あちこち思い当たるところをクリックしてみるのだが、現れない。
残念ながら日経パソコンの記事に頼ることになる。


151225スタートメニュ


窓印のアイコン、スタートボタンというのだそうだがそれを「右クリック」して表示されるメニューから「コントロール パネル(P)」をクリックするのだ。



151225コントロールパネル


出ました。そうです、この画面です。
右上にカテゴリ別の表示もできるリンクもある。




151225プログラムアンインストール


これで「プログラムのアンインストール」を開くことができる。





140702 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)4-7 

Category : 政治
P4290046
’14/07/02 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)4-7   北海道新聞

2 国際社会の平和と安定への一層の貢献

(2)国際的な平和協力活動に伴う武器使用


ア わが国は、これまで必要な法整備を行い、過去20年以上にわたり、国産的な平和協力活動を実施してきた。

その中で、いわゆる「駆け付け警護」に伴う武器使用や「任務遂行のための武器使用」については、これを「国家または国家に準ずる組織」に対して行った場合には、憲法第9条が禁ずる「武力の行使」に該当する恐れがあることから、国際的な平和協力活動に従事する自衛官の武器使用権限はいわゆる自己保存型と武器等防護に限定してきた。


P4290049
イ わが国としては、国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の立場から、国際社会の平和と安定のために一層取り組んでいく必要があり、そのために、国連平和維持活動(PKO)などの国際的な平和協力活動に十分かつ積極的に参加できることが重要である。

また、自国領域内に所在する外国人の保護は、国際法上、当該領域国の義務であるが、多くの日本人が海外で活躍し、テロなどの緊急事態に巻き込まれる可能性がなる中で、当該領域国の受け入れ同意がある場合には、武器使用を伴う在外邦人の救出についても対応できるようにする必要がある。


P4290053
ウ 以上を踏まえ、わが国として、「国家または国家に準ずる組織」が敵対するものとして登場しないことを確保した上で、PKOなどの「武力の行使」を伴わない国際的な平和協力活動におけるいわゆる「駆けつけ警護」に伴う武器使用および「任務遂行のための武器使用」のほか、領域国の同意に基づく邦人救出などの「武力の行使」を伴わない警察的な活動ができるよう、以下の考え方を基本として、法整備を進めることとする。

(ア)PKO等については、PKO参加5原則の枠組みの下で、「当該活動が行われる地域の属する国の同意」および「紛争当事者の当該活動が行われることについての同意」が必要とされており、受け入れ同意をしている紛争当事者以外の「国家に準ずる組織」が敵対するものとして登場することは基本的にないと考えられる。

このことは、過去20年以上にわたるわが国のPKO等の経験からも裏付けられる。
近年のPKOにおいて重要な任務と位置付けられている住民保護などの治安の維持を任務とする場合を含め、任務の遂行に際して、自己保存および武器等防護を超える武器使用が見込まれる場合には、特に、その活動の性格上、紛争当事者の受け入れ同意が安定的に維持されていることが必要である。

(イ)自衛隊の部隊が、領域国政府の同意に基づき、当該領域国における邦人救出などの「武力行使」を伴わない警察的な活動を行う場合には、領域国政府の同意が及ぶ範囲、すなわち、その領域において権力が維持されている範囲で活動することは当然であり、これは、その範囲においては「国家に準ずる組織」は存在していないということを意味する。

(ウ)受け入れ同意が安定的に維持されているかや領域国政府の同意が及ぶ範囲等については、国家安全保障会議(NSC)における審議等に基づき、内閣として判断する。

(エ)なお、これらの活動における武器使用については、警察比例の原則に類似した厳格な比例原則が働くという内在的制約がある。


P4290055


140702 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)3-7 

Category : 政治
P4290036
’14/07/02 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)3-7   北海道新聞

2 国際社会の平和と安定への一層の貢献
(1)いわゆる後方支援と「武力の行使との一体化」


ア いわゆる後方支援と言われる支援活動それ自体は、「武力の行使」に当たらない活動である。

例えば、国際の平和および安全が脅かされ、国際社会が国連安全保障理事会決議に基づいて一致団結して対応するようなときに、わが国が当該決議に基づき正当な「武力の行使」を行う他国軍隊に対してこうした支援活動を行うことが必要な場合がある。

一方、憲法第9条との関係で、わが国による支援活動については、他国の「武力行使と一体化」することにより、わが国自身が憲法の下で認められない「武力の行使」を行ったとの法的評価を受けることがないよう、これまでの法律においては、活動の地域を「後方地域」や、いわゆる「非戦闘地域」に限定するなどの法律上の枠組みを設定し、「武力の行使との一体化」の問題が生じないようにしてきた。


P4290038
イ こうした法律上の枠組みの下でも、自衛隊は、各種の支援活動を着実に積み重ね、わが国に対する期待と信頼は高まっている。

安全保障環境がさらに大きく変化する中で、国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の立場から、国際社会の平和と安定のために、自衛隊が幅広い支援活動で十分に役割を果たすことができるようにすることが必要である。

また、このような活動をこれまで以上に支障なくできるようにすることは、わが国の平和および安全の確保の観点からも極めて重要である。


P4290040
ウ 政府としては、いわゆる「武力の行使との一体化」論それ自体は前提とした上で、その議論の積み重ねを踏まえつつ、これまでの自衛隊の活動の実経験、国連の集団安全保障措置の実態等を勘案して、従来の「後方地域」あるいはいわゆる「非戦闘地域」といった自衛隊が活動する範囲をおよそ一体化の問題が生じない地域に一律に区切る枠組みではなく、他国が「現に戦闘行為を行っている現場」ではない場所で実施する補給、輸送などのわが国の支援活動については、当該他国の「武力の行使と一体化」するものではないという認識を基本とした以下の考え方に立って、わが国の安全の確保や国際社会の平和と安定のために活動する他国軍隊に対して、必要な支援活動を実施できるようにするための法整備を進めることとする。

(ア)わが国の支援対象となる他国軍隊が「現に戦闘行為を行っている現場」では、支援活動は実施しない。

(イ)仮に、状況変化により、わが国が支援活動を実施している場所が「現に戦闘行為を行なっている現場」となる場合には、直ちにそこで実施している支援活動を休止または中断する。


P4290041


140702 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)2-7 

Category : 政治
“P4160038"
’14/07/02 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)2-7   北海道新聞

1 武力攻撃に至らない侵害への対処

(1)わが国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増していることを考慮すれば、純然たる平時でも有事でもない事態が生じやすく、これによりさらに重大な事態に至りかねないリスクを有している。

こうした武力攻撃に至らない侵害に際し、警察機関と自衛隊を含む関係機関が基本的な役割分担を前提として、より緊密に協力し、いかなる不法行為に対しても入れ目のない十分な対応を確保するための態勢を整備することが一層重要な課題となっている。


P4160043
(2)具体的には、こうしたさまざまな不法行為に対処するため、警察や海上保安庁などの関係機関が、それぞれの任務と権限に応じて緊密に協力して対応するとの基本方針の下、おのおのの対応能力を向上させ、情報共有を含む連携を強化し、具体的な対応要領の検討や整備を行い、命令発出手続きを迅速化するとともに、各種の演習や訓練を充実させるなど、各般の分野における必要な取り組みを一層強化することとする。

P4160051
(3)このうち、手続きの迅速化については、離島の周辺地域等において外部から武力攻撃に至らない侵害が発生し、近傍に警察力が存在しない場合や警察機関が直ちに対応できない場合(武装集団の所持する武器等のために対応できない場合を含む)の対応において、治安出動や海上における警備行動を発令するための関連規定の適用関係についてあらかじめ十分に検討し、関係機関において共通の認識を確立しておくとともに、手続きを経ている間に、不法行為による被害が拡大することがないよう、状況に応じた早期の下令や手続きの迅速化のための方策について具体的に検討することとする。

P4180001
(4)さらに、わが国の防衛に資する活動に現に従事する米軍部隊に対して攻撃が発生し、それが状況によっては武力攻撃にまで拡大していくような事態においても、自衛隊と米軍が緊密に連携して切れ目のない対応をすることが、わが国の安全の確保にとっても重要である。

自衛隊と米軍部隊が連携して行う平素からの各種活動に際して、米軍部隊に対して武力攻撃に至らない侵害が発生した場合を想定し、自衛隊法第95条による武器等防護のための「武器の使用」の考え方を参考にしつつ、自衛隊と連携してわが国の防衛に資する活動(共同訓練を含む)に現に従事している米軍部隊の武器等であれば、米国の要請または同意があることを前提に、当該武器等を防護するための自衛隊法第95条によるものと同様の極めて受動的かつ限定的な必要最小限の「武器の使用」を自衛隊が行うことができるよう、法整備をすることとする。


P4180002


140702 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)1-7

Category : 政治
P4130011
’14/07/02 集団的自衛権に関する閣議決定(全文)1-7   北海道新聞

集団的自衛権の行使を容認する閣議決定「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の全文は次の通り。


P4130012
わが国は、戦後一貫して日本国憲法の下で平和国家として歩んできた。
専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国とはならず、非核三原則を守るとの基本方針を堅持しつつ、国民の営々とした努力により経済大国として栄え、安定して豊かな国民生活を築いてきた。

また、わが国は、平和国家としての立場から、国際連合憲章を順(遵)守しながら、国際社会や国連をはじめとする国際機関と連携し、それらの活動に積極的に寄与している。

こうしたわが国の平和国家としての歩みは、国際社会において高い評価と尊敬を勝ち得てきており、これをより確固たるものにしなければならない。


P4130013
一方、日本国憲法の施行から67年となる今日までの間に、わが国を取り巻く安全保障環境は根本的に変容するとともに、さらに変化し続け、わが国は複雑かつ重大な国家安全保障上の課題に直面している。

国連憲章が理想として掲げたいわゆる正規の「国連軍」は実現のめどが立っていないことに加え、冷戦終結後の四半世紀だけをとっても、グローバルなパワーバランスの変化、技術革新の急速な進展、大量破壊兵器や弾道ミサイルの開発および拡散、国際テロなどの脅威により、アジア太平洋地域において問題や緊張が生み出されるとともに、脅威が世界のどの地域において発生しても、わが国の安全保障に直接的な影響を及ぼし得る状況になっている。

さらに、近年では、海洋、宇宙空間、サイバー空間に対する自由なアクセスおよびその活動を妨げるリスクが拡散し深刻化している。

もはや、どの国も一国のみで平和を守ることはできず、国際社会もまた、わが国がその国力にふさわしい形で一層積極的な役割を果たすことを期待している。


P4160018
政府の最も重要な責務は、わが国の平和と安全を維持し、その存立を全うするとともに、国民の命を守ることである。

わが国を取り巻く安全保障環境の変化に対応し、政府としての責務を果たすためには、まず、十分な体制をもって力強い外交を推進することにより、安定しかつ見通しがつきやすい国際環境を創出し、脅威の出現を未然に防ぐとともに、国際法にのっとって行動し、法の支配を重視することにより、紛争の平和的な解決を図らなければならない。


P4160019
さらに、わが国自身の防衛力を適切に整備、維持、運用し、同盟国である米国との相互協力を強化するとともに、域内外のパートナーとの信頼および協力関係を深めることが重要である。

特に、わが国の安全およびアジア太平洋地域の平和と安定のために、日米安全保障体制の実効性を一層高め、日米同盟の抑止力を向上させることにより、武力紛争を未然に回避し、わが国に脅威が及ぶことを防止することが必要不可欠である。

その上で、いかなる事態においても国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜くとともに、国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の下、国際社会の平和と安定にこれまで以上に積極的に貢献するためには、切れ目のない対応を可能とする国内法制を整備しなければならない。


P4160021
5月15日に「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」から報告書が提出され、同日に安倍晋三首相が記者会見で表明した基本的方向性に基づき、これまで与党において協議を重ね、政府としても検討を進めてきた。

今般、与党協議の結果に基づき、政府として、以下の基本方針に従って、国民の命と平和な暮らしを守り抜くために必要な国内法制を速やかに整備することとする。


P4160034



151214 Safari の調子がおかしい

Category : パソコン
スクリーンショット 2015-12-14 94905

最近Safariの調子がおかしい。
ブログの表示が遅くなったし、日本語入力も変換が遅れて調子が狂うのだ。
カーソルと文字の位置が一致しないので、ブログ入力もPagesで下書きしてから貼り付けているがhtmlタグが正しく反映されないのだ。

Safariのバージョンを調べてみると、9.0.2になっている。
私の記録では、'15/10/22に9.0.1にしたのが最後である。

soft関係で変更したのは'15/10.29にOS X El Capitan にアップグレードしている。
Apple Storeでアップデートの記録を見ても1ヶ月以内しか表示されないので、9.0.1から9.0.2にアップデートした日が表示されないのは'15/11/10以前だからだろう。
〜とすれば、El Capitanにアップグレードした時以外には考えられない。

私だけの現象なのか。だとすればインターネット サービス プロバイダの問題か。
ストレスなく表示できるブログもあるので、ブログなどの会社のシステムの問題なのか。
もしそうなら、会社に苦情が行くだろうからこんなに長い間放置することはないだろう。

なんとなく、Safariに原因があるように思える。



151125 第9回北海道現代具象展 5-5

Category : 展覧会
151125現代具象展-1

これからの開催は、
深川アートホール東洲館 '15/12/16〜27
中山峠森の美術館 '16/1月〜9月
である。


これから作品の一部分を掲示するのだが、さて、どの作品の一部であろうか。
これから展示される会場で発見していただきたい。


DSCF3834
遠目には海である。
近くに寄ると小さな波頭が一つ一つ描かれているのである。


DSCF3835
手の皮膚、血管の浮き上がり。

DSCF3836

DSCF3837

DSCF3838

DSCF3839

DSCF3840

DSCF3841

DSCF3842

DSCF3844

DSCF3845

DSCF3846


DSCF3847


DSCF3848


DSCF3849 (1 / 1)

DSCF3852

DSCF3853

DSCF3854

DSCF3855

DSCF3856

DSCF3857

DSCF3858

DSCF3859

DSCF3860

DSCF3861

DSCF3862

DSCF3863
ドレスと扇子の刺繍を見てください。

DSCF3864
水疱の一つひとつ、砂の一粒ひとつぶ

DSCF3866
髪の毛、まつげ、 うぶげまで見えて

DSCF3865
この美しさは、やはり現物を見なくてはならない。




150920 富山市岩瀬地区

Category : 旅行長野
DSCF3334
富山地鉄ホテルに泊まったら、北陸新幹線開業記念 市内路面電車無料利用券が1枚もらえた。
富山ライトレール全線と富山地方鉄道市内軌道線全線の乗車券2枚が付いていた。
これで富山ライトレールで岩瀬地区まで往復することにした。


DSCF3335
ます寿し試食がついた富山市内の電車1日乗り放題のフリーきっぷをここで買うことにする。

DSCF3336
立山黒部アルペンルート専用の乗車券販売窓口があった。
ここできっぷを買って立山に向かうのだ。


PC095749.jpg

これが、電車乗り放題のフリーきっぷと案内書

DSCF3337
切符を買ってライトレールの乗り場へ向かいます。
富山駅の地下通路を通って駅の北側に出るのですが、途中の空間に竹を使った作品?が展示されていた。


PC105758 (1 / 1)

電車が来るまで時間があったので、売店でライトレールのトラッブを買う。

PC105760 (1 / 1)

緑の車体に北アルプスの山々がデザインされている。

DSCF3338
電車が到着した。

DSCF3340
近代的なデザインとでも言うのだろうか、流線型で車体には切符を持った子供?の絵が描かれている。

DSCF3341
途中の駅で待機していた電車(単線なので)には魚介類の絵が描かれいる。
そういえば、空港で預けた荷物を待っている時にベルトの上にお寿司が出てきたのを思い出す。


DSCF3344
どこかの駅で、電車を待つ素敵な女性がいた。
白と黒で決めていて、手に持ったスマートフォン?の水色が引き立った。


DSCF3345
富山駅北から岩瀬浜までの駅名が書いてある。

DSCF3348
終点岩瀬浜に到着です。

DSCF3349
ここから折り返し運転です。

DSCF3351
富山港展望台まで歩きます。

DSCF3355

DSCF3356
諏訪神社

DSCF3357
富山港展望台が見えてきました。

DSCF3358
近くに漁港関連の施設らしき建物が

DSCF3359
展望台の敷地内に大きな鉄の

DSCF3360
錨が展示されていました。

DSCF3364
展望台に上ると雲がかかっていて山々は見えなかったが、窓に山の形と名前が書いてありました。

DSCF3365
立山はあそこ付近らしい〜。

DSCF3370
展望台の中に入ると展望台の説明書きがあった。

DSCF3372

DSCF3373
浜風除けなのか砂除けなのかヒバに似た木が植えてあった。

DSCF3375
住宅街に入っていくと、、塀に囲まれた屋敷があった。

DSCF3376

DSCF3377

DSCF3378
街一番の屋敷のようだった。

DSCF3380

DSCF3381
古い建物と新しい建物が混在しているのは肩肘張らなくて良い感じである。

DSCF3382
この地方は竹を利用する文化があるようで、すだれのような効果をもたせた使い方なのだろう。

DSCF3384
北陸銀行の看板と岩瀬銀行の幕。
実際に営業しているのだろうか。


DSCF3385

DSCF3387
北前船廻船問屋 森家の前で見入る老夫婦。
さっき見てきた広い屋敷は森家の屋敷だったのだろうか。


DSCF3389

DSCF3390

DSCF3391
ここのどら焼きは美味しかった。
三角形をしたどら焼きで、ばあさんが鉛筆でお代を計算していた。


DSCF3392

DSCF3393
大塚屋の名物三角どら焼き。
富山市に行ったら、またここへ買いに行くだろう。


DSCF3394

DSCF3395

DSCF3396
展望台への案内があったが、周りの建物に合わせて石造りである。

DSCF3398

DSCF3399
瓦屋根、ガス灯風街灯、デジタル放送の受信アンテナ。

DSCF3400
散策に疲れたら”どうぞ”とでも言っているようなー。
スマートフォンなどの充電にと外部コンセントも付けて。


DSCF3403

DSCF3404

DSCF3405

DSCF3406

DSCF3407

DSCF3412

DSCF3414

DSCF3416
野村商店 今日は定休日 漬物が美味しいらしい。

DSCF3417

DSCF3418
おだんごの店 七福亭

DSCF3419

DSCF3420

DSCF3426
電車に書いてある絵は有名なのだろうが、私にはわからない。

DSCF3429
富山駅に戻ってきた。

DSCF3430
電車の横に”おわら風の盆” と

DSCF3431
”全日本チンドンコンクール”の宣伝が目を引いた。
おわら風の盆は、踊る人より観光客の方が多いし、宿の数も少ないので見に行くのは大変という。
でも、富山地鉄ホテルをベースにすれば見に行けるのかもしれない。





151125 第9回北海道現代具象展 4-5

Category : 展覧会
151125現代具象展-1

これからの開催は、
深川アートホール東洲館 '15/12/16〜27
中山峠森の美術館 '16/1月〜9月
である。


DSCF3796
矢元 政行

DSCF3794
木村 富秋

DSCF3798
富田 知子

DSCF3800
佐藤  武  2枚

DSCF3801


DSCF3802


DSCF3804
福井 路可

DSCF3806
村上 陽一

DSCF3808
黒阪 陽一

DSCF3813
武石 英孝

DSCF3815
鉢呂 彰敏

DSCF3817
森山  誠

DSCF3819
茶谷 雄司

DSCF3821
吉川 聡子

DSCF3823
輪島 進一  2枚

DSCF3824


DSCF3825


DSCF3827
川口  浩

DSCF3830
伊藤 光悦  2枚

DSCF3829


DSCF3831



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示