FC2ブログ

'15/08/15 戦争 日本兵たちは 中国・華北

Category : 北海道新聞
R0016124
'15/8/15の道新こども新聞「週刊まなぶん」の記事から

戦争 日本兵たちは 中国・華北

日本軍は1937年7月に中国との全面戦争を始めました。
北部の華北地域では、住民を味方につけた共産党の軍隊「八路軍」の攻撃に苦しむようになります。
日本軍は八路軍に協力する人が多いと考えた集落を激しく攻撃。
多くの住民がまきこまれてなくなりました。
家族を殺された人たちのいかりは今も消えていません。



R0016139
住民多くまきこまれ 「三光作戦」で激しく攻撃
91歳・稲葉績さんー「人はかんたんに鬼に変わる」


八路軍はゲリラ組織を華北の各地につくって、日本軍を待ちぶせしたり、とつぜんおそったりといった攻撃をくり返しました。
ゲリラというのは正式な兵士ではなく、ふだんは他の住民と同じようにくらしています。
ゲリラとその他の住民の見分けがつきにくく、日本軍が住民みんなを敵とみなしたことから、たくさんの中国人が殺されたといわれています。
中国側は日本軍の攻撃を「三光作戦」とよびました。
「殺しつくし、うばいつくし、焼きつくす」という意味です。


R0016128
記者は河北省かほくしょう北田童村ほくたんむらをたずねました。
この村で日本軍は42年5月、兵士や住民がにげこんだ地下道に、けむりを出す器具「発煙筒」を投入しました。
当時、住民たちは日本軍の攻撃をさけるために長い地下道をほっていたのです。
中国側は、ただのけむりではなく毒ガスだったと言っていて、日本の元兵士の中にもそれをみとめている人もいます。
なくなった人は、日本側の記録では300人ですが、中国側では千人以上ともいわれています。


R0016129
李慶祥りけいしょうさん(88)は8歳の妹などきょうだい4人をなくしました。
「あの日のことは思い出したくない」と言いながら、手を引いてともににげていた妹がたおれ、そのまま死んでしまったことを話してくれました。


R0016132
李欣友りきんゆうさん(79)も父親など家族6人が殺されました。
生き残ったお姉さんはショックで心の病気になったそうです。
約3キロ離れた大王耨村だいおうどうむらでも、37年12月に100人以上がなくなったそうです。
二つの村には、今でも日本をゆるせないと思っている人がいました。
劉秀花りゅうしゅうかさん(83)は「あんなひどい目にあわせた日本人がどうしてまたここに来るのか」と強い口調で言いました。


R0016133
中国に行った日本の元兵士の人たちにも話を聞きました。
今年1月に101歳でなくなった神奈川県茅ヶ崎市の絵鳩毅えばとつよしさんは、まだ元気だった去年の11月、山東省で中国人の捕虜4人を殺した体験を話してくれました。
申しわけないことをしたという気持ちから、ずっとわすれることができなかったそうです。
さいたま市の稲葉績いなばいさおさん(91)は山西省で村に出かけては、食べ物などを無理やりうばったり、家を焼いたりしたそうです。
「人間はかんたんに鬼に変わる。二度と戦争をしてはいけない」と声をしぼり出しました。





R0016134
どうして日本は中国と戦争を始めたのか








スポンサーサイト



150917 第23回 松尾由紀子 書の個展

Category : 展覧会
P9175364
松尾由紀子の第23回書の個展が開かれている。

P9175365
千歳市民ギャラリーの2階のフロアいっぱいに作品が展示されている。

P9175367
今年のテーマは「耕」なのだそうです。

P9175368
今年の春は大雪だった。

P9175369

P9175370

P9175371
なので、こんな気持ちに

P9175372

P9175373

P9175374

P9175375

P9175376

P9175377

P9175378

P9175379

P9175380

P9175381
今年はこんな気持ちなのだそうだ。

P9175382

P9175384

P9175385

P9175386

P9175388

P9175389

P9175390

P9175393

P9175394

P9175395

9月20日まで
10時から午後7時まで
最終日は午後4時まで




120211 OLYMPUS E-620 と Panasonic DMC-G1

Category : カメラ
P1010633

P2111571

P1010634

P2111572

P1010635

P2111573

P1010636

P2111574

Panasonic が気持ちだけ赤色の発色が明るいのだろうか。
撮影時の露出などは統一されてはいないが・・・


150904 TPP問題 北大・東山寛先生に聞く

Category : 北海道新聞
P1010365
’15/07/04の道新こども新聞 「週刊まなぶん」の記事から

TPP問題 北大・東山寛先生に聞く  (農学部講師=専門は農業経済学)


農家減り町消える 国は約束守るべき

日本が「関税はなくさない』と主張していた、コメなど「重要な5品目」の農産物は、「聖域(ふれてはいけない神聖な場所)」とも呼ばれています。
これらの関税がなくなれば、日本にとって大問題だからです。
日本の食をささえる農業地帯・北海道も、もちろん大だげきを受けるでしょう。
中でもえいきょうが大きいのは、コメと牛肉です。


P1010368
コメは日本人の主食。
今、国内産のコメは5キロ2000円前後で買うことができます。
関税がなくなり、外国産のコメが日本で安く売られるようになると、消費者にとってはいいことのように思えますよね。
しかし、本当にそうでしょうか。


P1023204
もしも国内産のコメが余った場合、国は一定の量を買い上げ、災害などが起こった時に配る「備蓄米」にしようとしているようです。
数年たつと牛などのえさ用にとても安く売ります。


P1010369
しかし、「備蓄米」として買い上げる時に使うのは、国民がおさめる税金です。
外国産米を安く買えたからといって、私たちは損をしないと言えるのでしょうか。
さらに、今も日本は年間約77万トンものコメを海外から買っているのです。
TPP以前に定めた世界的な取り決めがあるからです。


P1010370
また、牛をあつかう農家はすでに苦しい状況にあります。
子牛の値段やえさ代が上がっていることから、あとをつぐ人が減り、高齢化が進んでいます。
オーストラリアやアメリカの安い牛肉も売られており、国産の牛肉よりそちらを選ぶ消費者もいます。


P1010371
こうした状況でTPPに加われば、ますます農家が減るでしょう。
北海道をはじめ地方の人口が減り、消えてしまう町があるかもしれません。


P1010373
日本がTPPの話し合いに参加することになった時、国会は今のまま関税を守るよう政府に求めました。
しかし政府は話し合いが進むにつれ、コメについて一定の量を、無税か低い関税で輸入しようと考えるようになりました。
牛肉も、今38.5%かけている関税を9%まで下げる案があるようです。


P1010374
重要な5品目を守るという国民との約束は、絶対に守られなくてはなりません。

P1010376


150704 TPPって何ですか?

Category : 北海道新聞
P1010354
’15/07/04の道新こども新聞 「週刊まなぶん」の記事から


TPPって何ですか?

税金を減らして貿易しやすく
北海道の農業には大きな問題


「TPPについて、子どもでも分かるようにくわしく教えてほしいです」。
後志管内真狩村の川西杏さん(御保内小6年)から「まなぶん」編集部に、こんなお便りが来ました。
農業を営む父泰史さん(30)がていねいに教えてくれたそうですが、「難しくて分からないし、なんだか心配です」という川西さん。
そこで、編集部が取材しました。   (舩木理依)


P1010357
「TPP」は、太平洋を囲む日本やアメリカなど12カ国が、農産物やさまざまな製品の売り買いを、国境をこえて自由にできるようにする仕組みのことです。
「環太平洋連携協定」といい、英語にしたときの三つのことばの頭文字が「TPP」なのです。
日本は2013年から、TPPの仲間に入ろうと考えている国々との話し合いに参加しています。
ある国が外国からものを買う(輸入する)時は、「関税」という税金をかける、国際的なルールがあります。
もともとその国にある同じようなものの売れゆきをじゃましないようにし、農業などを守るのです。
TPPの大きな目的は、この「関税」をなくしたり、減らすことです。
参加する国が、国外へものを売りやすくするためですが、北海道には深刻なえいきょうがあります。


P1010358
日本は大切な農業を守るために、特に重要な5品目の農産物には関税をかけ続けるつもりですが、アメリカなどは納得していません。
この五つはコメ、麦、牛肉・ぶた肉、バターなどの乳製品、「甘味資源作物」といわれるビートやジャガイモ(でんぷん用)。
すべて北海道でも作っているのです。


P1010360
一方で、日本が海外へ売っている自動車などは、関税がなくなれば、ライパルとの競争に有利でしょう。
国全体で見ればこうしたいいこともあります。


P1010361
また、TPPのねらいは関税をなくす以外にもあります。
たとえば、病気を治療する薬は一定の期間、開発した会社が製造や販売をひとりじめできます。
この期間がすぎれば、他の国でも同じような薬を安く作れます。
しかし、自分の国の製薬会社がつくった薬を高い値段で売り続けるために、ひとりじめできる期間をのばす仕組みを作ろうとしている国もあります。


“P1010362"
TPPの話し合いは、それぞれの国が利益を求める上、国民の生活に直接関わるため、とても難しいのです。







150627 戦争について知ってる?

Category : 北海道新聞
PC283198
’15/06/27の道新こども新聞 「週刊まなぶん」の記事から

『こどもっと意見』

戦争について知ってる?

子どもの顔知らぬまま戦死 ♦︎ 自分も行くことになるかも


多くの命をうばった第2次世界大戦が終わってから、今年で70年。
小学生はどのように戦争について知り、どうすればなくせると考えているのでしょう。


PC283203
     ー ー ー ー ー

鈴木颯人君(苫小牧市・拓勇小4年)はニュースから、広島と長崎に原爆が落とされたことなどを知りました。
しかし「昔の日本は戦争が何より大事で、独裁(特定の人や集団がすべての権力を持ち支配すること)的な国だったというけれど、想像できない」というのが実感です。


P1020904
心が動いたのは、身近な人の話でした。
高橋佳那さん(後志管内仁木町・仁木小5年)が聞いたのは、祖母の話。
24歳だったお父さんが沖縄県で戦死した時、祖母はまだお母さんのおなかの中にいました。
「子どもの顔も見られずなくなってしまい、どんなに残念だったかと思うと、戦争に腹が立ちます」


P1010336
食べ物不足も深刻でした。
小原大河君(札幌市・新琴似小2年)は祖母から「(あたりに生えている)草などを食べていた」と聞きました。
「二度とそんなことが起きないよう、平和な世界をつくりたい」


P1010339
今、日本は戦争について大きな決断をしようとしています。
第2次大戦後は戦争をしないとちかい、憲法に定めました。
そして、外国からせめられたときだけ自衛隊が反撃することを許してきました。
しかし、今の安倍晋三政権は、仲の良い国がこうげきされたときいっしょに戦う「集団的自衛権」を使える仕組みをつくろうとしています。


P1010340
     ー ー ー ー ー

「安倍首相は軍隊を作ろうとしていると思う。それは戦争をしようとしているのと同じ。両親もそう話していた」と、犬飼こよりさん(北斗市・大野小6年)は教えてくれました。
日野戸航大君(深川小5年)は、ニュースを見て祖母と話をすることが多いといい「今の憲法が守られなければ、自分もいつか戦争に行くことになるのかも」と心配そうです。


P1010343
那須川叶愛さん(旭川市・愛宕東小6年)は、学校図書館で小説「火垂ほたるのはか」(作・野坂昭如のさかあきゆき)を読みました。
戦争で親を失い、だれの助けもなくさまようきょうだいの物語です。
「戦争になれば毎日おなかがすいて苦しむ。人はみんな、だれかの大切な人だということを忘れなければ、戦争は起きない」


P1010344
みなさんは小学6年の2学期に、社会科の授業で第2次大戦について学びます。
どうしたら戦争をなくせるか、考えるきっかけにしませんか。


P1010345
カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示