FC2ブログ

141216 元朝日記者の解雇脅迫問題 E-M5

Category : 新聞記事
PA302947
141216の朝刊記事

元朝日記者の解雇脅迫問題
北星大、週内にも結論


北星学園大(札幌市厚別区)は、元朝日新聞記者の非常勤講師の解雇を要求する脅迫状が届いている問題で、講師の来年度の契約更改について、週内にも結論を出すことが分かった。


PA302949
田村信一学長が取材に答えた。
田村学長は10月末、契約を更新しない方向で検討していると発表。
その後、大学を経営する学校法人の理事会などで雇用継続を求める声が出たことから、学内外で議論を重ねてきた。


PA302950
この問題をめぐっては、「今起きている暴力に目をつぶることは明日の暴力を認めることだ」と同大を支援する運動が全国に広がり、海外メディアも取り上げた。
下村博文文部科学相も11月の記者会見で、「脅迫行為に訴えることは決して許されない。学問の自由が脅かされることについて、負けないよう対応を考えてほしい」と述べた。


PA302953
講師は取材に、「田村学長もネットで激しいバッシングを受けている。大学を巻き込みつらいが、学内にも大学の自治、学問の自由を守ろうとする教職員や大学院生が現れた。問題はもう、私の雇用うんぬんを超えていると思う」と語った。



PA302954
この元朝日新聞記者とは、慰安婦に関して事実に反する記事を書いた植村隆氏である。
そのような事実が分かった時点で、契約を更新するのかしないのかを決めるのは大学である。


PA302955
平成26年4月に北星学園大学で講師に就任したが、虚偽の記事を書く人物をどうして採用するのかという趣旨の抗議が大学に多数あり、学長が契約を更新しない意向を発表したが有名人や弁護士などから大学の自治、学問の自由を守るため契約更新をするよう働きかけがあったという。

PA302957
下村文部科学相も、
脅迫行為に訴えることは決して許されない。
学問の自由が脅かされることについて、負けないよう対応を考えてほしい。
と述べたという。


PA302959
大学としては、虚偽の記事を書く人物が同大の講師としてふさわしいのかどうかを判断して契約更改をするのかどうかを決すればよいのであり、たとえ契約更改をしなくとも脅迫に負けたからではなく本学にふさわしくないことが分かったからと説明すればよいことであろう。

PA302961
また、契約を更新して次年度も講師として採用し、虚偽の記事を書いたことについて講師を中心に検証を行う、とすれば、脅迫行為に負けず、応援した人々の顔も立ち、学問の自由、大学の自治も守られることになる。
ただ、契約が継続となっても従来と同様の講義内容では、北星学園大学は虚偽の記事を書いた講師と同じ思想であると判断されることとなるであろう。
下村文部科学相の「学問の自由が脅かされることについて、負けないよう対応を考えてほしい。」という意味は、契約を更新したほうがよい、ということとは違うのではないか。


スポンサーサイト

141216 ブレーキない「安倍党」化 300議席だったら

Category : 新聞記事
PA302939
ブレーキない「安倍党」化 300議席だったら

「30議席減までなら御の字」との声もあった衆院選を首相は微減で乗り切った。
「自民党単独で300議席に達していたら、首相は憲法改正を考え出す。291議席にとどまってよかった」と側近が漏らすほど、首相の意向に与党がブレーキをかけることはより難しくなった。


PA302941
15日に首相と会談した公明党の山口那津男代表は「幅広く民意を糾合し、合意をつくり出す役割を果たす」と首相の「暴走」をけん制。
同党幹部は「(保守色の強い)首相の取り巻きが動きださないか心配だ」と懸念を隠さなかった。ーーー(東京報道 村田亮)抜萃




PA302944
・新しい憲法の制定を
私たちは近い将来、自立した国民意識のもとで新しい憲法が制定されるよう、国民合意の形成に努めます。そのため、党内外の実質的論議が進展するよう努めます。

と、平成17年11月22日付 自由民主党の新綱領の最初に掲げている。
https://www.jimin.jp/aboutus/declaration/


PA302946
組織の最重要目的遂行に反する行動をとることは正常な状態といえるのだろうか。
また目的遂行のための行動を「暴走」と表現する党は、果たして同じ目標に向かって協力する党としてふさわしいのだろうか。


141216の朝刊記事 沖縄の意志 E-M5

Category : 新聞記事
PA302937
きのうの本紙朝刊に色分けした衆院選小選挙区の勝敗図が載っていた。
気付いた方は多いと思うが、自民党の議席を表す青色に染まっていないのは沖縄だけだ。
米軍基地を県内移設で済まそうとする政府に、野党は「オール沖縄」の掛け声で、反対を鮮明にした。
有権者が与えた議席は共産、社民、生活の各党に無所属と多様だ。
イデオロギーだけで一票を投じたのではないことがよくわかる。
中央が地方に犠牲を強いる構図にノーを突きつける。
こうした動きは今後も起こりうる。



PA302938
近年の日本を取り巻く情勢にどう対処しなければならないか。
日本の国が存続するために、どこを守らなければならないのか。
沖縄の報道機関が世論をリードしているという。
上の記事を載せた新聞社もそのことは知っているはずである。
中央と地方とか、勝者と敗者、強者と弱者などと言っている場合なのか。
広い視野を持って記事を書いて欲しい。


141215 基地NO 沖縄熱風

Category : 新聞記事
PA303005
'14/12/15の新聞記事

基地NO 沖縄熱風
自民 4選曲全敗


全国で自民が議席を伸ばす中、米軍基地問題を抱える沖縄県では、4選挙区で全敗。
先月の知事選に続き、有権者が安倍政権に「NO」を突きつけた。


PA303013
今回の投票率(推計値、午後11時現在)は、全国で沖縄だけが前回比で上昇し、県民の関心の高さを示している。


PA303008
'14/12/16の新聞記事に全国の投票率が載っており、

沖縄小選挙区 52.36 前回56.02
沖縄比例代表 50.91 前回58.01
全国小選挙区 52.66 前回59.32
全国比例代表 52.65 前回59.31

で、前回を上回ってはいないし全国平均にも及ばないものである。


141215の衆議院議員選挙の新聞記事に

Category : 新聞記事
PA292933
衆院選の投票率は戦後最低の52%台、有権者のほぼ半数が選挙に背を向けた。
低投票率の理由はさまざまに考えられるが、つまるところ、政治の言葉が国民有権者に届いていないということだろう。
世界には、民主的な選挙を求めて戦っている若者たちがいる。
日本も、多くの有権者の参加で乗り切るべき問題を抱えているはずなのだ。
これほど低い投票率で、正統性ある政府が構成できるのかという疑念さえわいてくる。
任期4年の半分しかたっていないのに突然の解散に踏み切った首相。
まったく準備ができていなかった野党。
どちらにも問題があった。
そして有権者にも、と言いたいところだが、さてどうだろう。
解散から公示、投票までの期間がこれほど短くては、一般の有権者には関心を高める余裕さえなかったかもしれない。
有権者が「熟慮」できる環境がぜひとも必要だ。
手続き論というより倫理の問題だ。

ーーー’14/12/15の新聞記事を抜粋




PA292934
>政治の言葉が国民有権者に届いていないということだろう。
ーー新聞は怠惰だったので反省している。

>これほど低い投票率で、正統性ある政府が構成できるのかという疑念さえわいてくる。
ーー投票率が低いと投票が偏ってしまい正統性のある議員を選出できないのだ。
ーー投票に行かなかった人だけが正統性のある議員を選出できる。


>任期4年の半分しかたっていないのに突然の解散に踏み切った首相。
ーー選挙が必要だと思った安倍首相の考え方に不満である。
ーー国の政治の方向を作る報道機関の考え方を無視している。


>そして有権者にも、と言いたいところだが、
ーー投票に行かなかった有権者は良くない。

>解散から公示、投票までの期間がこれほど短くては、一般の、、、有権者には関心を高める余裕さえなかった。
ーー自分の考え方を持っていない有権者に対して報道機関が世論を醸成する時間がなかった。

>手続き論というより倫理の問題だ。
ーー安倍首相には倫理が欠けている。


ここ数年の国際情勢の変化を見聞きしていれば、これから日本という国が存在していくために何が必要なのかは既に分かっている。
すぐにでも取り組まなければ、それだけ後で苦労することになる。
現在の言論の自由も生活の安定私有財産も住所の自由も思想信条の自由も、今の日本という国があってのことだ。
日本の国がなくなれば私の生命の保証もない。
だからどれを選ぶべきかということに迷いはない。


141215 安倍1強維持 長期政権視野

Category : 新聞記事
PA292926
141215の朝刊記事

自公325 3分の2超
安倍1強維持 長期政権視野
民主微増73 共産倍増21


自民党は小選挙区、比例代表とも、民主党や維新の党など野党を圧倒。
一方、沖縄では全4選挙区で議席を得られなかった。
ーーーと、報道。
沖縄は米軍の基地問題で自民党の方針に反対を表明したかのように受け取れる。


PA292930
しかし、比例代表では自民党から4人が立候補して4人とも当選している。
沖縄1区では共産党赤嶺政賢氏が57,935票で当選した。共産党の比例代表では79,711票で14.29%
沖縄2区では社民党照屋寛徳氏が85,781票で当選した。社民党の比例代表では81,705票で14.65%
沖縄3区では生活の党玉城デニー氏が89,110票で当選した。生活の党の比例代表では28,525票で5.11%
沖縄4区では無所属仲里利信氏が71,227票で当選した。無所属の比例代表では0票で0%
である。
共産党だけが1区の小選挙区の得票より比例代表の得票が上回ったが、他の政党の比例代表の得票は当選した候補者の得票を下回っている。


PA292932
自民党は、小選挙区で230,726票で得票率40.54%、比例代表で141,447票で得票率25.36%である。

141214 政治とは悪さ加減の選択

Category : 新聞記事
P1010101
<政治とは悪さ加減の選択>は福沢諭吉の言葉である。
1893年(明治26年)、自ら創刊した時事新報の論説でその趣旨を書いた。
現実的で冷めた福沢の言葉を取り上げたのは戦後論壇の旗手だった政治学者の丸山真男である。
講演「政治的判断」で「政治の選択とはせいぜいベターなものの選択だ」と言い換えた。


P1010102
今日は衆院選の投票日。
ベターな選択をしようと頭を悩ませる有権者も多かろう。
「大義なき」といわれる解散が急だったため、各党の公約を見ても生煮えが多い。
暮らしを見渡すと景気や雇用、格差拡大、政治とカネ、集団的自衛権など選択の材料はいくらでもある。
悪さ加減が我慢できないなら投票でノーを突きつけるのも手だ。
1票の積み重ねが政治をつくる。
それに答えを出す日である。


P1010103

ーーー’14/12/14の新聞記事から抜粋


141210 しゃべる と おしゃべり LX7

Category : 新聞記事
P1010098
141210の朝刊記事

太平洋戦争のさなか、米軍機による初の本土空襲があった直後に東京都内で体験発表会が開かれた。
<せめて焼失家屋数とか死傷者数ぐらいは、発表してもらえないだろうか>
住民の素朴な質問に、国土防衛担当の陸軍中佐が答えた。
<何でもかんでも、しゃべることはやめてもらいたい。日本には外人がいます。筒抜けです。だから日本国民に(真相を)いえないのです>。
小樽出身の作家山中恒さんが、「暮らしの中の太平洋戦争」(岩波新書)で紹介している


P1010099
このことを
真相を知ろうとしている国民の声を遮り、極度に神経質になり、情報を秘密にしようとする。
戦時下という特殊な状況下であっても、おしゃべりまで制限するのは異常と言わざるを得ない
と、この記者は断じている。


P1010100
焼失家屋数とか死傷者数を尋ねたことが、真相を知ろうとしたことなのか。
しゃべることはやめてもらいたい、と言ったことは、住民のおしゃべりをやめろ、と言ったことなのか、この記者の受け取り方に釈然としないものを感じる。


141218 FUJIFILM X-E2 ファームウエアバージョンアップ

Category : X-E2
DSCF0859
'14/12/18の今日はあの噂の日である。
本日午後2時にFUJIFILM X-E2のファームウエアアップデートサービスが実施される、という情報である。
我が家には14:31に連絡があった。やれ嬉しや、である。


DSCF0860
何が嬉しいのかというと、X30に搭載されたフイルムシミュレーションのクラシッククロームがX-E2にも追加されるからである。

DSCF0861
コダクローム調と紹介する人や、いやいや、アグファクロームに似ているという人もいて、どんな写真が出てくるのか楽しみなのです。
言えることは、明るくハッピーな絵ではなく落ち着いた絵になることだという。
ドキュメントカメラマンからその色調の要望があって開発したとのこと。
自分としては、もう手放してしまったオリンパスのE-620のあの暗い緑色が好きだったので、早くクラシッククロームの写真を見て確認したいのである。



131028 虹を見たかい D200

Category :

P1010093

P1010094

DSC_3081

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示