FC2ブログ

131024 黄葉へ E-M5

Category : E-M5
PA242751

PA242753

PA242754

PA242755

PA242761

PA242763

PA242767



スポンサーサイト

141126 憲法・安保 戦後の平和、分岐点に

Category : 新聞記事
PA242741
'14/11/26の新聞記事

シリーズ評論 12・14 衆院選に問う

憲法・安保 
戦後の平和、分岐点に     学習院大大学院教授 青井未帆 さん


安倍晋三首相は衆院解散を表明した18日の記者会見で、集団的自衛権の行使容認について自らは語らなかった。
衆院選で、この論点を意図的に隠そうとしていると感じられてならない。


PA242742
政府は今年7月、閣議決定で憲法解釈を変えて行使を認めた。
首相は「憲法解釈の基本的考え方は何ら変わることはない」と説明してきたが、それは違う。
憲法改正に匹敵する大転換であり、首相自身があれほどの熱意で取り組んだことが、それを裏付けている。


PA242749
わが国は戦後、日本国の名の下に海外で人を殺していない。
先進国と言われる国々の中で約70年も戦闘に加わらなかったのは貴重な体験だ。
それが憲法9条を「自国が攻撃を受けない以上は、日本の意思で戦争当事国にならない」と理解してきた平和国家の形だった。
・・・中略・・・
安倍政権は今回の選挙に勝利すれば、安全保障を争点として前面に掲げずとも、信を得たことをたてに安全保障政策の転換を加速させるだろう。
武器輸出よりも、はるかに大きな社会の変化につながる。


PA242750
殺し、殺され、親を亡くし、子を失う。
戦争の惨禍に苦しむのは国家ではなく生身の国民だ。
今、私たちが意識せずとも享受している平和が、気がついた時にはなくなっていたー。
そんな分岐点にいる気がしてならない。
今回の選挙の意味は、あまりに大きい。(聞き手・平畑功一)




PA242756
「今、私たちが意識せずとも享受している平和が、」と、言っているが、
敗戦から今日までなぜ日本が戦争の当事国にならずに平和だったのか。
それが分かれば、これからも日本の国が存立して平和であるためにはどうすれば良いのかは見えてくるのではないだろうか。


141101 テレビを入れ替えた

Category : 家電
DSCF1473

<画面右上の白抜きの文字が黄色っぽいSony TV。>


テレビを入れ替えた。
今まで使ってきたテレビは、'06/10/07に238K円で買った、SONYのデジタルハイビジョン液晶プロジェクションテレビKDF-42E1000というもので、約2年ごとに交換用ユニットランプ「XL-2400」¥22,050を交換すれば常に新品のテレビになる、と説明されたものであった。
画像は特殊なスクリーンに映し出されて、表面にガラスがないため写り込みがなくギラつかず、斜めから見てもよく見えるテレビで満足していた。
音も良く擬似2.1チャンネルで、テレビの画面を離れて音が聞こえ、野球なら球場を見渡しているようだった。


DSCF0844
正月くらいから画面が黄色いと言われ出していたが、今回4回目のランプ交換をしたのだが、例の如く色鮮やかになったのだが黄色も強調されてしまうのだ。
ソニーサポートに照会したら、パネル交換で2〜4万円かかる、と言われ、いままでのランプ交換4回分8万円と修理の4万円を合わせれば、12万円のテレビが買えるではないか、とツレが怒る。
当時、液晶ディスプレイの寿命は7年と言われ、2年ごとに新品になるのと7年でテレビを買い換えるのとを比べてプロジェクションテレビが良いよと勧められて買ったのだ。


DSCF0845
さて、どこのテレビにしようかと眺めてみると、パナソニック、三菱、東芝、シャープ、ソニーと並んでいる。
お店で良く売れているのはパナソニックらしい。
三菱は高級路線のようで録画装置が付いている。
東芝は昔買った電気製品の印象が悪いとツレが言う。
ソニーの液晶は外国製品らしい。
ツレは吉永小百合のコマーシャルのシャープが気になるらしい。
しかし、なぜかシャープの製品には今まで見ていた42型はなく40型なのだ。
ツレは、いままでのより小さいのはイヤ、と言う。


DSCF0846
液晶製作技術ではシャープが独自路線を行っている、と、どこかの番組で放送していたのが記憶にある。
部屋の照明や窓からの光などの反射が少ない「モスアイパネル」採用、クアトロンプロの技術を使った4K相当の高精細表示ができる2Kの最高機種XL10を選んだ。
XL10には、80型から46型まで5種類の機種があるが、一番小さな46型にした。


R0016301
TVのうしろのプレートには、「MADE IN JAPAN」と表示してあった。


141119 カスペルスキーインターネットセキュリティ

Category : パソコン
DSCF1860
'14年8月に買ったeXcomputerのノートパソコンにはカスペルスキーのウイルス対策ソフト体験版が入っていた。

DSCF1861
体験版は90日間利用することができる。
中山美穂がイメージモデルであったNECのWindows3.1のデスクトップ機には、マカフィーの後ノートンインターネットセキュリティを使っていたが、ノートンのサポート対応には苦い思い出が残った。


DSCF1862
WindowsMeの時代に買ったeMachinesにもカスペルスキーのものを入れていた。

DSCF1864
eXcomputerには、初めからカスペルスキーの体験版が入っていたので9月20日にアクティベーションコードを入れた。
1台1年で3,980であるが3年では8,050なので、少し悩んだが3年分支払った。


141124 画家 野 田 弘 志

Category : 新聞記事
野田弘志 (1 / 1)

思いもかけず、重なることがあるようで、北海道現代具象展の記事を載せた直後に'14/11/24付の新聞に北海道現代具象展会員の画家野田弘志氏の名前を見つけた。
新聞の連載小説「湿原」の挿絵の一枚なのだそうだ。


141120 第8回 北海道現代具象展 X-E2

Category : 展覧会
141120現代具象展0001
第8回北海道現代具象展が'14/11/20〜24まで千歳市民ギャラリーで開催されている。

DSCF1762
会場に入ると正面に招待作家で日本美術界の重鎮、笠井誠一氏と招待作家木原和敏氏(白日会・日展)の作品が来場者を迎える。

DSCF1763
右手に招待作家で日本美術界の重鎮、野田弘志氏、伊達市出身木村富秋会員、江別市出身波田浩司会員の作品へと続く。

DSCF1760
その奥に釧路市出身小樽市在住の羽山雅愉会員、旧満州牡丹江生まれ川畑盛邦会員の作品。

DSCF1764
奥の正面には、中国湖南省来陽市生まれ西田陽二会員、招待作家水彩画会小野月世氏の作品。

DSCF1767
正面の裏には、招待作家二紀会吉岡正人氏の作品。

DSCF1768
左手には、釧路で活躍している羽生輝会員、夕張市出身北広島市在住伊藤光悦会員、岩見沢市出身宮川美樹会員の作品。

DSCF1769
2階の展示会場へ上がる階段の前には、苫小牧市出身の高橋正敏会員の作品。

DSCF1770
2階の展示会場には左手から釧路市出身札幌市在住の川口浩会員、札幌市在住の黒阪陽一会員、穂別町出身室蘭市在住の福井路可会員の作品。

DSCF1771
札幌市在住鉢呂彰敏会員、雨竜町出身札幌市在住の富田知子会員、右手の壁に千歳市出身石狩市にアトリエを持つ佐藤武会員の作品。

DSCF1774
小樽市出身岩見沢市在住の武石英孝会員の作品。

DSCF1772
函館市出身札幌市在住の平向功一会員、東京都出身帯広市在住の村上陽一会員、斜里町出身の吉川聡子会員の作品。

DSCF1775
左手奥から函館市出身の輪島進一会員、札幌市出身埼玉県川越市在住の茶谷雄司会員、東京都板橋区出身札幌市在住の森山誠会員、伊達市出身矢元政行会員の作品。

DSCF1776


DSCF1777


DSCF1780


141120現代具象展会場
この後
札幌時計台ギャラリー 2014/12/01〜06
室蘭市民美術館 2014/12/09〜14
深川アートホール東洲館 2014/12/16〜28
中山峠森の美術館 2015/01〜10月下旬 (実行委員有志のみ出展)
に巡回展示される。


141120笠井誠一展
また、2015/01/25〜03/29まで札幌芸術の森美術館で笠井誠一展が開催される。


131024 紅葉三昧 E-M5

Category : E-M5

PA242727

PA242728

PA242729

PA242730

PA242731

PA242732

PA242733

PA242734

PA242735

PA242736

PA242737

PA242740


141114 ジャーナリスト前田哲男 安倍内閣の越権を批判 

Category : 新聞記事
DSC_1188
ジャーナリスト前田哲男が紹介する阪田雅裕編著「政府の憲法解釈」(有斐閣)

安全保障の定義をさぐると、「孫子」冒頭の「兵とは国の大事、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり」にたどり着く。
国の大事=安全保障の本質は今も変わらない。
明治日本はそれを「富国強兵」によって達成しようとし、「自存自衛」という拡張主義、「武力同盟」(日英同盟・日独伊三国同盟)による集団自衛に国策を託し「好戦国家」の道を歩み、ついに亡国にいたった。


DSC_1189
敗戦の教訓から、戦後日本は憲法前文に「政府の行為による戦争の惨禍」を再び起こさない、と非戦安全保障を選び「諸国民の公正と信義に信頼した安全と生存」「全世界の国民が等しく恐怖と欠乏から免れる」国際協調主義を国家規範とした。
第9条にある戦争放棄・戦力不保持・交戦権禁止が証しである。


DSC_1191
その9条が、いま最大の試練を受けている。
安倍内閣は7月、「集団的自衛権行使容認」の閣議決定を行い、次期国会に「安全保障法制を一新する」法案を提出することを明言した。
一内閣にそのような権限があるのか?


PA121077
「政府の憲法解釈」は、かつて内閣法制局長官の任にあった著者が、70年近い政府の9条解釈の変遷を丁寧に解き明かしてくれる。
安倍政権の閣議決定が「他国軍隊に対する支援の限界」を突き抜けた越権行為であるとする著者の姿勢が浮かび上がる。
文字通り「政府の憲法解釈」について基本的理解を得るのに役立つ。


ーとしている。

’14/11/09の朝刊記事から抜粋


11月19日解散12月14日投票 ’14/11/12のTV放送 

Category : あれこれ
DSC_1183
’14/11/12のTV画面に、”11月19日解散12月14日投票”の文字が流れた。
折しも安倍首相はアジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席中である。
解散は首相のみが行使し得る行為である。
彼の地で首相が記者会見で解散を発表するなどは考えられない。
APECの会議が終わってからも、外国を訪問しているらしい。
そんな時に解散の報道がもたらされたら、相手国の対応はどうなるのだろう。
目の前の安倍首相は選挙後に首相ではないかもしれない、と思ったら真剣な話ができるものだろうか。


DSC_1184
首相の身辺でそんな話が出ていたとしても、首相が他国を訪問中は報道しないことがスジなのではないだろうか。
日本の報道機関は、敵国の手先のように思えてならない。


131024 公園での憐れ E-M5

Category : E-M5
PA242720

PA242721

PA242722

PA242723

PA242724

PA242725

PA242726


カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示