FC2ブログ

130724 建築物 GX100とLX7

Category : LX7
R0015976

P1000070

R0015977

P1000071

R0015978

P1000073




スポンサーサイト

130723 白い色

Category : LX7
R0015974
それではーと、最後に白いものを写したのですが、夕方の太陽が一瞬薄い雲に隠れたかのように写っているのですが、その状況は残念ながら覚えておりません。GX100はLX7に比べおとなしい写真となりました。

P1000067
照明はそんなに変化はなかったと思っています。LX7は白がより白く写り、文字の境界がハッキリしていることから、陰影が強調されているのでしょうか。エッジが立った現代的な絵作りとでもいうのでしょうか。



130723 掲揚塔と望遠と速写性

Category : LX7
R0015970
比べて見れば、ですが、国旗などの掲揚塔を写したのですが、空の色、木々の緑、塔のメッキの質感−違いますね。

P1000055
LX7には、フォトスタイルに彩度の調整ができることになっています。また、ホワイトバランスもオレンジ系、青系、緑系、赤系の微調整ができることになっています。次回撮影では、ホワイトバランスの調整に挑戦します。

R0015971
GX100の望遠端です。

P1000057
LX7の望遠端です。

P1000058
オートフォーカスの合焦速度が速いので、こういう写真も撮る気になります。

P1000056
飛行機も撮影できました。iAズームに設定すると記録画素数にもよりますが35mm換算200mm以上にまでも伸びます。ファインダーがないのでそんなに伸ばして撮影はできないとは思いますが、動きものでなければなんとかなりそうです。



130723 鉄の色

Category : LX7
R0015969 (1 / 1)
比べるから分かることなのかもしれませんが、少し錆の浮いたマンホールの蓋はどっちがそれらしいのでしょう。

P1000054
これはこれで良く写っているのです。



130723 青空と雲

Category : LX7
R0015968
青空と雲です。雲の色の違いに目がいきます。撮影は16:52~53の夕方なんですね。

P1000053
両方のカメラともISO感度は80ですが、GX100のf7.0,1/620sec.に対しLX7はF3.5,1/1600sec.になっています。レンズが明るい特性を生かしてシャッター速度を速め手振れを防いでいるようです。



130910 Aperture 3

Category : パソコン
P1000608
困り果ててApple サポートコミュニティ にApertureが起動しなくなった どうしたら良いのでしょうか。と質問したところ

Aperture 3 : 基本的なトラブルシューティング
http://support.apple.com/kb/HT3805?viewlocale=ja_JPの
Apertureライブラリ First Aid ツールを使用する—というのがあるからやってみては、と助言をいただいた。

開くと、・データベースを修復 が選ばれていたので,そのまま実行したが反応がない。
では、最初から実行することにして
・アクセス権を修復 を実行 するも反応なし。
次に、
・データベースを修復 を実行 やはり反応なし。
さらに、
・データベースを再構築 を実行 すると—


P1000610

この表示が出てパソコンが仕事をしている。
ライブラリデータベースの再構築が終わってApertureが立ち上がった。

エラーになった画像のリストが表示されたので、それを回復して固まる前の状態に戻すことができた。
Apple サポートコミュニティで助言下さった方々に感謝したします。


130723 逆光耐性

Category : LX7
R0015965
木々の間から漏れる陽の光がレンズに入るようにして撮影しました。

P1000050
Panasonic DMC-LX7のほうが幾らかましか、という程度でしょうか。
色味がかなり違いますね。暖色系と寒色系の見本みたいにはっきりと分かります。
Panasonicの絵作りは暖色系と思い込んでいたので意外な感じがします。




130918 OLYMPUS OM-D E-M1

Category : カメラ
DSC_3040
封筒を開くとファイルが入っていて、ファイルを開けると岩合さんが写したA4サイズの写真が目に付く。ペーパーはKodakである。

P9182180
オリンパスイメージング(株)小川治男代表取締役社長の挨拶文は斜めに読んで、48ページもあるカタログを開く。

P9182617
ページ数の割にはあっという間に見終えてしまった。何がどう素晴しいのかが伝わってこないし、何を伝えたいのかがわかる構成になっていない。日本人が作ったカタログとはとても思えない。最後のページの仕様なんかは、とても見る気がしない。

P1020407
体感フェアとやらが5大都市で開催されるらしいので、それを見に行くということで久しぶりに都会の空気を吸ってくるか・・・。

皮肉にもチョット見Panasonic LUMIX DMC-G1で撮ったのが一番良く撮れている。



第21回 松尾由起子 書の個展

Category : 展覧会
P1000689
第21回 松尾由起子 書の個展

P1000690
彼女の書は、生け花のような絵のような雰囲気を持つ不思議な空間表現で新しい領域を創り出したといえる。

P1000691


P1000692
ひかりふる朝 寒のあさ

P1000693
ひかり つながって 虹 こころ つながって ひと

P1000694
雪の上 ちらばる 光

P1000695
光うけて 彩雲

P1000696


P1000697
光ふる朝 寒のあさ

P1000698
光うけて 彩雲

P1000699
それでも 黙々と 生きつづける 地球

P1000700
ひかり つながって 虹 こころ つながって ひと

P1000701
光ふる朝 寒のあさ

P1000702
光うけて 彩雲

P1000703
花 氷る川面に 霜の花 まどのガラスに霜の花
新雪 枝に 雪の花 ふわふわふわふわ ぼたん雪


P1000704
失われた 土壌

P1000705
雪の上 ちらばる 光

P1000706


P1000707
ひとと ひと ちがう こころが むきあって

P1000708
のぼる陽に 梢のてっぺん こがね色

P1000709
ふわふわ雲が ひろがって つばさのように ひろがって

P1000710


P1000711
戦争は最大の 暴力

P1000712
光りうけて 彩雲

P1000713
ユウキだ ユウキをもて ユウキだ
何回も こころのなかで つぶやいた


P1000714


P1000715
光うけて 彩雲

P1000716
ほりおこせ こころのなかを ほりおこせ 寒気が 体の中を
はしるとき 歩きだす そんな力を ほりおこせ


P1000717
どの花も あってうれしい 秋の庭

P1000718
光ふるあさ 寒の朝

P1000719
青い鳥 みつけた 川のそば かわせみだ

P1000720
まどにつく 雪の結晶 花もよう 陽ざしをうけて 光 七色

P1000721
どの花も あって うれしい 秋のにわ

P1000722


P1000723


P1000724
雲の上 ちらばる ひかり

P1000725
冬だ 光あふれる 冬だ

P1000727


P1000728


P1000729
雪の上 ねころべば 空は海原 波しづか

P1000730


P1000731


P1000732
出展数は73もあります。ぜひ会場で実物を!



130918 OLYMPUS OM-D E-M1のカタログが届いた

Category : カメラ
DSC_3039
オリンパスからフラッグシップにふさわしい革新的なカメラと自讃する「OM-D E-M1」のカタログが届いた。

P9182178
カタログなどを取り出して大雑把に撮影した。
D200の絵は、いつも感じることではあるがしっとりとして艶を感じられる。
E-620のは、白が印象的で乾いた封筒の質感を感じる。



P9182616
E-M5とG1の比較だが、E-M5のほうが暖かさがあり、G1は白と黒の表現に特徴があり、ピアノ塗装的な質感を感じる。そのことが非日常的な雰囲気を出しているのかもしれない。

P1020408
G1は、カメラの設定がニュートラルでなかったので撮影し直したため被写体の配置が変わっている。


R0015989
R0015990
おっと、GX100は-0.3EVになっている。あわてて補正なしにして撮影した。

P1000678
GX100とLX7の絵だが、GX100は2007年に買ったカメラだがなかなか優秀であると感じる。



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示