FC2ブログ

130118 サーモス真空断熱ケータイマグパッキン

Category : あれこれ

DSC_2278 (1 / 1)
Nikon D200 Micro-NIKKOR 55mmF2.8

ここんところ、ケータイマグから注ぐお湯に白いものが混じっていることが多くなった。薬缶についた水垢かと思って薬缶をクエン酸で洗ったりしてみたが、効果はなかった。何の気なしにケータイマグのせんユニットを見ると、せん本体の下部が白く変質していてそれが剥がれてお湯に混じっていたのだ。買ってからたいした手入れもせずに使ってきたのでパッキンを外して洗浄しようとしたらパッキンの一部が切れてしまった。熱で弱っていたのだ。

ホームセンターに取り寄せを頼んでから12日目に入荷の連絡があった。本体が中国製なので部品のパッキンも当然中国製であった。まあ、今回は仕方ないが今使っているケータイマグが壊れた時には日本製のものを探すことにする。



スポンサーサイト

130114 乾電池

Category : 家電

DSC_2268 (1 / 1)
Nikon D200 Micro-NIKKOR 105mm F2.8

東芝のK-400という乾電池を使うライトがある。
遠方まで光が届くサーチライトと蛍光灯が切替スイッチで点くものである。
いままでマンガン乾電池を使っていたので買いに行ったのだが、単1形のマンガン乾電池はパナソニックのものしか置いてなくて中国製である。
東芝かソニーのものがないかと見て回ったのだが、置いていないのである。

もうマンガン乾電池は需要もないのであろう。断然アルカリ乾電池が多い。
ある店で変わった乾電池を見つけた。「トップパリュ」という名の乾電池で単1形は日本製である。アルカリ乾電池なのだが日本製ということで使うことにした。

体重計の単3形のマンガン乾電池も疲れてきているのでついでに買うことにした。この単3形アルカリ乾電池はタイ製と書いてあった。


DSC_2270 (1 / 1)
Nikon D200 Micro-NIKKOR 105mm F2.8

両方ともマンガン乾電池が良いのだけど、中国製以外のものを捜すとなるとアルカリ乾電池しかないので仕方がないのだ。

DSC_2272 (1 / 1)
Nikon D200 Micro-NIKKOR 105mm F2.8

追記
大型電気製品量販店で東芝のマンガン乾電池を見つけたが、日本製ではなかった。アルカリ乾電池は日本製であった。
その後、コンビニエンスストアでも東芝の別の銘柄の乾電池を見つけたがアルカリ乾電池で日本製だった。



130112 OLYMPUS OM-D E-M5 短期入院

Category : E-M5

DSC_2248 (1 / 1)
Nikon D200 Micro-NIKKOR 105mmF2.8

OLYMPUS OM-D E-M5の液晶モニター枠に割れ目があるのを知ったのは昨年の12/11であった。多くのE-M5にそれが発生していることをオリンパスは把握しているらしいとのことであった。どうも初期ロットのものでないかとの推測もあるらしい。そのうちオリンパスから該当ユーザー宛に連絡が入るだろうとの観測も出ていた。私は雨天用としてE-M5を購入したのでその割れ目から水が入りショートでもしたらおおごとになるので3年保証があるとしても水気のない冬のうちに何とかしたいと考えていた。カスタマーサポートセンターにメール照会すると現品見て判断という見解であり、'13/01/07新年の業務が始まった同センターへ電話照会では「使用方法」についてのみの対応であり不具合等についてはやはり製品を確認して判断ということであった。

P1121802 (1 / 1)
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL14-54mmF2.8-3.5Ⅱ

有償修理になるのか無償修理になるのか分からないまま送らざるを得ないと覚悟し'13/01/08にオリンパス修理ピックアップ窓口に電話する。1/9に回収可能というので午後ということで依頼した。1/9午後3:04 E-M5は上下をフイルムに挟まれて宙づり状態が保たれる壊れ物専用の箱に入れられて運ばれて行った。

1/12 午後1:15 E-M5は戻ってきた。10日くらいはかかるだろうと覚悟していたのだ。早速E-M5の動きを追ってみた。発送翌日の1/10 8:50に八王子修理センターに着いている。そして1/11 午後5:38には配送会社は受け取って翌1/12午後1:15には我が家に届けられた。


DSC_2253 (1 / 1)
Nikon D200 Micro-NIKKOR 105mmF2.8

どのくらいの数が修理センターに届くのかは分からないが、10日午後から11日午前の間に修理されたのではないかと推測するのであるが、オリンパスとしてはこの件専用の対応態勢をとっているのではないかと思うほど早かった。それとも年初めのこの時期は修理依頼が比較的少ないのであろうか。保証内修理で無償とあり請求書は同封されていなかった。
これからカメラの設定をし直さなければ・・・。



130106 初詣で

Category : あれこれ

P1061789 (1 / 1)
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm/F3.5-5.6

神社への階段の途中に手を清める水がある。

P1061790 (1 / 1)
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm/F3.5-5.6

気温は零下4℃で、水は冷たそう。

P1061787 (1 / 1)
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm/F3.5-5.6

階段を上り詰めると門があり、

P1061784 (1 / 1)
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL 14-42mm/F3.5-5.6

以外と若者が多い。お参りの形式に従って、これでいいのねって確認して2礼2拍1礼している。



130102 生きる力 それは欲望

Category : XZ-2

年頭から煩悩の嵐。

年末にOLYMPUS STYLUS XZ-2を借りて4〜5日ほど使ってみた。

外観は、電源が入っていない時はレンズが収納されていて携帯するのに都合が良い。—が、ポケットに入る大きさかといえば、そうでもない。小さなバックに入れるか、ストラップを付けて首から下げるかが良いところだろう。

操作して不都合に感じたところ、電源ボタンが押し辛くて気持ち良く電源が入らなかったし、カメラ背面のfc1ボタンがカメラを操作している最中に触ってしまってデジタルテレコンになってしまうことが度々あったのでfc1ボタンの機能を外して使った。オリンパスご自慢のハイブリットコントロールリングは広角側、望遠側のストッパーがないので無節操に回ってしまい興ざめである。液晶モニターの表示も撮影倍率を表示するので35ミリ換算で何ミリになっているのか計算しなければ分からず使い辛い。

撮影して感じたことは、AF合焦速度が速い。シャッターのタイムラグが小さい。E-M5+ZD14-54mmⅡを使っているが、AFはXZ-2の方が気持が良い。気温零下5℃程度で寒風にさらされると満充電のバッテリーが悲鳴を上げ出す。残念ながら寒冷地での活躍は期待できないだろう。E-M5+ZD14-54mmⅡのサブカメラとしてはあっても悪くはない。


130101 謹賀新年

Category : 未分類

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示