FC2ブログ

121130 オリンパス STYLUS XZ-2

Category : XZ-2
こんな画像を見せられたら、いっぺんに参ってしまうよ。
robinさんのブログ



スポンサーサイト



121117 秋の夜長は上原ひろみ「MOVE」

Category : 音楽


上原ひろみ とても素晴らしいジャズピアニスト ほとばしる音の粒立ち。 
ゆったりした曲も聴いてみたい。



121113 第6回北海道現代具象展

Category : 展覧会

PB131916 (1 / 1)
すべてOLYMPUS OM-D E-M5 ZUIKO DIGITAL14-54mmF2.8-3.5Ⅱ


北海道現代具象展が始まった。
今回で第6回目となり、千歳では13日から18日まで、千歳市民ギャラリーで開かれる。
以後、札幌、室蘭、深川と巡回するが、日程は末尾に表示する。


PB131883 (1 / 1)


正面には、招待作家の作品が展示されている。

PB131914 (1 / 1)


右端の野田先生の作品のテーブルクロスの描写は、
立体感があるのだが極めて自然であり
主題を引き立てていて主張していないところがー
などと感想を述べるのはおこがましい。


PB131888 (1 / 1)


右手には、おなじみの宮川さんの作品から並ぶ。

PB131884 (1 / 1)



PB131886 (1 / 1)



PB131911 (1 / 1)


壁の前に子供が立っているのだが、何気ない壁の模様の精緻さに釘付けになる。

PB131887 (1 / 1)



PB131892 (1 / 1)


左端の矢元さんの作品、暗くて一見目が行くところがないが、上から下まで
ゆっくりと、特に下の方はしゃがんで注意深く見ないと見えないものがある。
どの作品にもいえるのだが、ゆっくり見て発見する楽しみがあるので
時間に余裕を持って入るか、さもなくば期間中何度も入ることになる。


PB131894 (1 / 1)


ここからは2階に展示されている作品である。

PB131895 (1 / 1)



PB131906 (1 / 1)



PB131896 (1 / 1)



PB131907 (1 / 1)


右端の作品、すべてに精緻なのだが特に髪の描写に見入った。
かけていた老眼鏡では見きれず、近方用の眼鏡を持ってもう1度行かねば。


PB131897 (1 / 1)



PB131898 (1 / 1)



PB131901 (1 / 1)



PB131900 (1 / 1)


右側の作品は、初めて見るタイプに思う。  やはり新会員の作品であった。

PB131908 (1 / 1)



PB131910 (1 / 1)


階段を降りるとき、正面から迫る作品があった。


6具象展2
招待作家  
笠井誠一 野田弘志 玉川信一 松田環 永山優子

6具象展1
実行委員
伊藤光悦 川口浩 川畑盛邦 木村富秋 黒阪陽一 佐藤武 武石英孝 高橋正敏
茶谷雄司 富田知子 西田陽二 波田浩司 鉢呂彰敏 羽生輝 羽山雅愉 平向功一
福井路可 宮川美樹 村上陽一 安田祐三 矢元政行 吉川聡子 輪島進一

6具象展3
巡回日程
札幌時計台ギャラリー '12.12.03~08
室蘭市民美術館 '12.12.111~16
深川市アートホール東洲館 '12.12.20~'13.01.10

中山峠森の美術館 '13.01.中旬~08.下旬(実行委員有志のみ出展)



121111  ドジな白鳥

Category : あれこれ

P4290066
OLYMPUS OM-D E-M5 ZUIKO DIGITAL14-54mmF2.8-3.5Ⅱ

朝、新聞を取りに表に出る。
白鳥の啼き声が聞こえる。この時期は、朝、白鳥が南下するので珍しいことではない。
でもこの啼き声はいつもの声ではない。お互いを確認し合う穏やかな啼き声ではなく、緊張気味の甲高くせわしない啼き声なのだ。
空を見上げると、1羽が隊列を離れるところだった。並び順を替えるのかと見ていると、そうではなく西側を南下している別の隊に啼きながら向かっている。
しかし、その隊からの応答がないので、その白鳥は北へ進路を変え元きた方向へ向かったのだ。

きっと、近くにいた別の家族が飛び立つとき、自分の家族と勘違いして飛び立ち、水平飛行になって点呼のとき自分の家族でないことに気が付いて慌てたのだろう。

元いた場所に戻っても、果たしてまだ家族はそこに居たのだろうか。
白鳥にもドジなのがいるのだろうか。
今年の春、はぐれたらしい白鳥の幼鳥を見たが、この白鳥もはぐれてこれから一羽で生きていくのだろうか。



121109 写真を捨てる

Category : カメラ

同時プリント
Panasonic LUMIX DMC-G1
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH/MEGA O.I.S.

コンタクト代わりの同時プリントを捨てる作業を始めた。
大量のプリントを残されても、残された家族は処理に困るという。
コンタクトは、自分が写真を選ぶ時に必要だが、家族はそんなものは見たくもないだろう。
せいぜい自分らが写っている写真くらいで、それも良い写りでないものは必要ない。
だから、家族の目を持って写真を選択し、要らないだろう写真を、まずはスクラップブックから取り外して捨てる。



121102 電気店の店員の説明

Category : パソコン

カスペルスキーアンチウイルス

カスペルスキーアンチウイルス2013のダウンロード版のカスペルスキーストアの定価は¥3,150である。
カスペルスキーアンチウイルス2013だけ、パッケージ版の購入画面が「存在しない商品コードです」との表示が出て開かれない。

市内の電気店に価格を見に行った。
箱は置いてあるが、値段は表示されていない。
若い店員が老人をウイルス対策ソフト展示棚へ案内してきたので、話の切れ目にカスペルスキーアンチウイルス2013の価格を尋ねた。
若い店員はその箱を持って少し離れてトランシーバで照会して、¥3,370だと言う。
私が怪訝な顔をしていると、
「何か?」と言うので、
「(量販店なので)メーカーの値段より高いのでは」と応えると、
「インターネットで買うより人件費がかかっているから」と言う。
¥3,150はダウンロード版でパッケージ版は¥200くらい高いから¥3,350くらいが定価だろうから¥3,370は値引きなしの価格であろう。
メーカーも店もこの商品は積極的には売りたくないようだ。

老人が若い店員に尋ねた。
「感染してからこれを入れても駄目なんだね」
店員
「感染していたら店に持ってきてください。店でも対応できないものだとメーカー送りになります。」

えっ、そうなの?感染したパソコンにウイルス対策ソフトを入れたら駆除してくれるんじゃないの?



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示