FC2ブログ

101130 森の美術館

Category : あれこれ
101130R0014862
すべてRICOH Caplio GX100

池に氷が張りだした。
冬はもうそこまで来ている。

101130R0014863

101130R0014865

霜柱

101130R0014866

落ち葉

101130R0014867

残照

101130R0014869

ひろば

101130R0014870

別れ道

101130R0014872

わらべ

101130R0014873

門番

101130R0014876



101130R0014878

抱擁

101130R0014879


スポンサーサイト

101126 FMいーにわの道の駅スタジオ

Category : あれこれ

Lumix DMC-FT1

国道36号線にある「道と川の駅花ロードえにわ」の中にあるFMいーにわのスタジオを見てきた。
丁度お昼(11:30-13:00)の生放送中であった。
77.8MHz出力20Wの放送だから10Kmぐらい離れるとアンテナがないと聞こえない。
だからどうなの?って。
いや、お金がないから人を雇えなくて(たぶん)、生放送以外はずーっとゆったり系の音楽を流しているのだが、それが逆に、私にとっては話がうるさくなくて良いのだ。


101123 New FM2のメーターがおかしい

Category : あれこれ

RICOH Caplio GX100 撮影モードP F3.5 1/25

久し振りにNikon NewFM2を持ち出した。
露出を見るのにシャッターボタンを押すのだが、いつもと赤いダイオードの表示の出方が違う。


RICOH Caplio GX100 撮影モードP F3.5 1/5

規則性がない。
当然アンダーになるはずが、オーバーの表示が出る。


Lumix DMC-FT1 撮影モードP F4.9 1/2

接点不良かと思い、シャッターダイヤルと絞り環をガチャガチャ回してみる。
それでも直らない。


Lumix DMC-FT1 撮影モードP F4.9 1/2

メーターのスイッチを入れシャッターボタン半押にすると、表示値が変わってしまう。
尋常ではない。


RICOH Caplio GX100 撮影モードP F3.5 1/10

家に帰ってから電池を取り出しテスターで測ってみると、電圧は3分の1しかなかった。
新しい電池を入れてテストすると、正常な表示に戻った。
電池をケチってはいけない。
どうも貧乏性が失敗の原因となることが多いようだ。


GX100とFT1とでPモードで撮り比べたが、GX100はシャッター速度を、FT1は被写界深度を稼ぐようなプログラムになっているようだ。

101114 12ヶ月点検

Category : あれこれ
PB144483
OLYMPUS E-520/ZD40-150mm

昨年11月29日に納車された車の12ヶ月点検をメーカーディーラーで受けた。

前の車では、セールスかメカニックが車を引き取りに来ていたのだが、人手が足りないせいか代車を用意するから工場まで車を持ってきてほしいということで出向いた。

フロントマンは、車の鍵を確認して点検が終わったら電話連絡するという。
当方は、前回修理の不備な点の補正を依頼する。
前の車では、車を預かる時に、どこか不具合や気になるところはありませんか?と、聞かれたのだがそんな空気はなかった。

2時間ほどして点検が終わったという電話連絡が入ったので、車を引き取りに行った。
先ほどとは別のフロントマンが、点検確認の署名を求め、署名後前回修理の補正は終わっています、とのこと。
点検結果についての説明はなかったのでこちらから尋ねたところ、特に説明することはない、とのこと。

ついつい前の会社と比較してしまうのだが、せめて「点検の結果異常ありません。調子良いです。」くらいの点検結果の報告はほしかった。

うちの車は、定期的にオイルとオイルフィルターを交換していれば絶対心配ない、という自信の表れなのだろうと思うのだが…。


101105 鵡川漁港

Category : あれこれ
101105DSC_0680
Nikon D200/AF-S18-70mm

7月4日の痛風発作から2ヵ月半になろうとしている。
革靴はまだ腫れがひかないので履けないが、スニーカーなら何とか履けるようになった。
水田の黄金色の穂を見ながらインプレッサアネシスを走らせ鵡川漁港に寄った。

101105DSC_0679
Nikon D200/AF-S18-70mm

漁船にはレーダーのほかに通信用のアンテナが数本立っている。

101105DSC_0678
Nikon D200/AF-S18-70mm

船体塗装のためか、陸にあげている船もある。

101105DSC_0677
Nikon D200/AF-S18-70mm

中には、どこにぶつけたのか船底が壊れた船があった。
今の船はFRPでできているから、こういう場合どう修理するのであろう。

101105R0014661
RICOH Caplio GX100


漁港を通り過ぎて海の見えるところでゆっくり握り飯にかじりついた。


101103 小樽にしん御殿

Category : あれこれ
101103P1000981
すべてLumix DMC-G1/G VARIO 14-45mm ASPH

小樽に行ってきた。
滅多に行かない高島岬
有名なにしん御殿・旧青山別邸で小樽貴賓館となっている。

101103P1000983

1度建物を見ておいたほうが良いと言われていた。
それほど造りが素晴らしいという。

101103P1000982

門前に、「食事と売店利用者以外は入館をご遠慮下さい」という意味の言葉が表示されていた。
そして、門からは正面にカラス張りの現代的な建物が見えた。
入ろうという気持ちは消えた。

101103P1000989

岬の突端に小樽市鰊御殿がある。そちらへ向う。
海が見える丘の上に建っていた。

101103P1000993

鰊御殿の隣に「水富稲荷神社」と読める神社があった。

101103P1000998

泊村に建築されたものを移築したという。
大量の積雪を考慮してだろう、とてつもなく太い柱や梁が使われていた。

101103P1000999


101103P1010002

2階への階段や欄間には細かい細工が施されている。

101103P1010003

101103P1010005


101103P1010018

向こうに見えるのは積丹半島だろう。

101103P1010029


101031 シャッター街の馬

Category : あれこれ
101031DSC_0707
すべてNikon D200/AF-S18-70mm

かなり間延びした馬君である。

101031DSC_0709

車の運転手の視線を意識したシャッターの絵
この店は馬と関係のある商売をしているのだろうか?



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示