FC2ブログ

蛍光灯室内照明

Category : あれこれ

LUMIX DMC-G1

突然、何時も故障は突然起こるのであるが、
突然照明が暗くなった。

1度消灯して、再度点灯すると正常に明るい照明に戻る。

このような事を繰り返していたが、そのうちにこの操作では復元しなくなってしまった。

蛍光管の寿命かと照明のカバーを外して見たが、電極付近の変化はなく蛍光管は正常のように思えた。
点灯しなくなる蛍光管を取り外して販売店に持ち込み、点灯試験してもらったが蛍光管には異常がなく、器具のインバーターの劣化と言われた。
インバーターの交換は本体購入と同じくらいの費用がかかるという話であったが、例によって面倒な修理より新品製品の販売に力点を置いているのではないかと勘ぐった。



LUMIX DMC-G1

帰宅後蛍光管を取り付けて点灯してみると、正常に点くので決定的に点かなくなるまで使おうとした。
1度正常に点灯すると、その夜は消灯するまで異常は発生しなかったのだが、数日後には頻回に点灯しなくなり、管の取り外しをしながら過ごしていた。
そのうち、管の差込部分を押すと正常になるので接触不良ではないかと疑いメーカー(日本語では製造販売会社か)へ問い合わした。
品番は HA9820T-R76 半導体式である。

会社からの返事は
「お問い合わせの状況から判断しますとやはりソケット、またはインバータの
故障の可能性が高いと思われますが、やはり見させて頂かないと原因の特定が出来かねます。」

とのことで、修理は可能だが出張料技術料部品代などの金額を考えると、設置して10年以上経過しているようなので、その部分のみならず他の部分も劣化してるので、修理代と同程度の出費で新品への交換を薦めているという。


LUMIX DMC-FT1

ストーブの事故のこともあるし、長く使えることは良いことではあるが想定年数以上の使用は発火などの予期せぬ出来事もあるやも知れんとて、家電量販店で住宅用照明器具(シーリングライト)HHFZ4150を¥8250で購入し取り付けした。


LUMIX DMC-G1

点灯してみて光の色が冷たいのに気がついた。
付属の蛍光管は、電球色、ナチュラル色、クール色の3種類あるうちのクール色であった。
今までのはナチュラル色であったのだ。
ナチュラル色は、昼間の太陽光線に近い、自然な光色。キッチンやダイニングにおすすめ。
クール色は、少し青みがかった光色ですが、すがしい爽やかな色とのことで、リビングに…という。

劣化したら買い換えようと考えたが、このランプ約16,000時間の長寿命とのこと。
1日7時間点灯するとして一月210時間、一年2520時間、16,000時間だと6年間も持つことになる。
しかも、この管は2本一組で3000円位だという。 ま、いっか…。



スポンサーサイト

プラグアダプタ AP-119A

Category : 音楽

LUMIX DMC-G1

若い頃に買ったLPレコードがある。
これをウォークマンに取り込む方法を考えていた。
プリメインアンプのヘッドホンジャックからの録音を試みたのだが、録音レベルの調整が標準化できない。
それでTAPE2のREC OUT端子から信号を取り出せば、録音レベルは常にソースの録音レベルと一致すると考えた。
ピンジャック↔ステレオミニジャックコードを持っていた。
ピンジャックをTAPE2のREC OUT端子に挿し込み、ステレオミニジャックとウォークマン録音用ケーブルWMC-NWR1のステレオミニジャックをVictorのプラグアダプターAP-11Aで中継し、録音した。
一応、録音は成功した。
しかし、音質が極めて貧弱である。
プレーヤーのピックアップからのピュアな信号がそのまま録音されているのか、無機的で痩せていて面白くない。


PENTAX Optio WP

使用したシュアーのカートリッジV15TYPEⅣのゴムダンパーも長年のエージングで硬化してしまったからだろうか…。



USB2.0対応48in1マルチスロットカードリーダー

Category : G1

LUMIX DMC-FT1

G1に液晶ガードフィルムを貼った。
4GBのSDHCカードを入れて撮影した。

LUMIX DMC-G1

SDHCカード対応のカードリーダーを買った。'10/04/19


LUMIX DMC-G1

撮影したデータをパソコンに取り込んで確認する日がやってきた。
取扱説明書にはスロット②に「端子部分を上面にした状態で挿入」とある。
そのようにしてカードを挿入する。が、カードが入らない。
力任せに入れるものでもないので、カードリーダー製造上の不具合があり不良品である。交換されたい。と'10/04/22製造会社にメールを入れた。
'10/04/23会社から返事があり、
「一度直接弊社にお送りいただき、弊社規定環境にて動作検証作業をした後、対応判断および確認をします。返送の際には、製品添付の保証書および付属品を添付してください。」
との事だったので'10/04/25に送料着払いで送った。

'10/05/15会社から宅急便が届いた。
「申告の症状を確認したが、弊社規定検査で本製品の正常な動作を確認したので現状のまま返却する。なお、本製品にSDカードを挿し込む際は、端子部分を下面にして接続してください。取扱説明書の誤記については迷惑をかけたことをお詫びします。」
との文書が付いてそっくり戻ってきた。

製品はMADE IN CHINAであった。


カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示