FC2ブログ

大丈夫かソニー

Category : 音楽

Nikon D200/Micro-NIKKOR105mmF2.8

ウォークマンNW-S644にアルバムレコードを録音したところ、2曲が録音されなかったのでソニーに次のように問い合わせた。

『 コンポーネントオーディオを使っています。
LPレコード「井上陽水/断絶」をかけ、アンプの録音端子からWMC-NWR1を使ってNW-S644に接続しシンクロ録音しました。
断絶と感謝知らずの女が2秒しか録音(無音)されていませんでした。
最初の1拍の出力が大きい曲が録音されないようです。
これらも録音できる設定を教えて下さい。
プレーヤーは、パイオニアPL-70、アンプはソニーTA-F555ESAです。
WMC-NWR1はTAPE2REC OUT端子につなぎ、LEVELスイッチはLEVEL[2]に設定しています。』

2日ほどして次のように回答があった。

『ウォークマン「NW-S644」とオーディオ機器を接続して「シンクロ録音」した場合、オーディオ機器で再生を始めると、ウォークマンが自動的に音を検出して録音を開始しますが、録音元の音量が小さい状態が続くと録音が開始されなかったり、1曲が複数曲として録音されることがございます。

誠に恐れ入りますが、お伺いいたしました症状につきまして、録音元の音量を上げて録音することで改善されるかお試しいただきますようお願い申します。

また、2秒以上無音が続くと自動的に録音が終了し、音の検出待ちの状態になります。曲に2秒以上の無音がある場合や上記内容をお試しいただき改善されない場合は、お手数でございますが、録音の開始や停止のタイミングを任意に指定することができる「マニュアル録音」をお試しいただきますようお願いいたします。』


ソニーのアンプTA-F555ESAのTAPE2 REC OUT端子は、出力固定なので音量を上げることはできないのだ。
WMC-NWR1のLEVELスイッチをLEVEL[2]からLEVEL[1]に変更しなさい、とか回らないのかねー
以前中国のコールセンターに批判が大きかったけれど、人のことを言っている場合じゃない。
今の日本は危ないのだ。
大丈夫かソニー、大丈夫か日本。
結論として、マニュアルで録音できたのではあるが、想定問答のこことそこを繋げて回答書を作ったようで、「ソニーよお前もか」という気持ちである。


スポンサーサイト

西宮千尋・詩写真展

Category : 展覧会

LUMIX DMC-FT1

ギャラリー花のん」で西宮千尋詩・写真展が開かれている。


LUMIX DMC-FT1

西宮 千尋さん


LUMIX DMC-FT1

北海道千歳市出身である。
詳しくは会場のプロフィールを




LUMIX DMC-FT1

写真にステキな言葉がつけられている。
ことばに写真が寄り添っている。



ことばの数々を会場で味わってみては・・・



星野道夫写真展

Category : 展覧会
P1000538
すべてLUMIX DMC-FT1

星野道夫写真展を見るために東川町に来た。
丁度昼飯時になったので、道の駅で食事が摂れるか、でなければ情報をもらおうと寄った。

P1000539

昼時なのでベンチで昼寝の人もいた。
近くに有名なラーメン屋があるという。

P1000543

「ラーメン蝦夷」という店で、町外からも食べに来ると言う。

P1000542

昼時はいつも満席状態なのだと言う。

P1000541

正面の壁に、三笠宮寛仁親王殿下御来店記念の色紙が飾ってあった。

P1000540

「蝦夷味噌・醤油」がお勧めという。
蝦夷味噌ラーメンを注文した。
旭川ラーメンの細めの麺の上にチャーシューではなく肉が、白菜とキクラゲが乗っていて丁度良い味でつゆも全部呑みそうになったが半分でやめておいた。

P1000547

この店から400m程の所に東川町文化ギャラリーがあり

P1000548

そこで星野道夫写真展が開催されている。
道の駅もらった入場券を見せると入場料が無料になるという。
町民は100円、町民外は200円である。

P1000549

200円払っても安いと思っていたが、道の駅でも入場券を捌くノルマ見たいのがあるのだろう。
使わせてもらった。
この人の被写体を見る目、シャッターを押す時の気持ち、とても穏やかである。
写真展は5月23日までである。

P1000553

今日の目的はもうひとつある。
東川町に住む写真家飯塚達央氏の家を確認することである。
北写人で聞いてやっとたどり着いた。

P1000552

スズキのバイクDRやルイガノのマウンテンバイクがある。
そういえばブログにあった写真に写っていた。

P1000551

ネームプレート、表札の上に引延し機の光源部が取り付けてあった。
写真家のアトリエらしい。

P1000557

帰路は、美瑛、富良野、美唄富良野線を通って途中三段の滝で一休みした。



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示