FC2ブログ

Nikon D200/MicroNIKKOR105mmF2.8 #2/2

Category : D200
DSC_9000

めっきり少なくなった月見草

DSC_9001

オオハンゴウソウ

DSC_9002

DSC_9003

ここまで寄ると手持ちでは厳しい。三脚が欲しくなる。

DSC_9004

DSC_9005

DSC_9006

エゾヤマハギ

DSC_9009

DSC_9011

マニュアルの単焦点レンズで被写体に向かう時、しっかり撮ろうという気持ちが起こる。
それは、どこにピントを合わせようかと考えてフォーカシングリングを回すからだろう。

DSC_9013

DSC_9014

DSC_9017

スポンサーサイト



Nikon D200/MicroNIKKOR 105mmF2.8 #1/2

Category : D200
最近、雨模様の日が多かったのと散歩にも飽きてきていたので閉じこもりがちであった。
食事は美味しく食べることができ、それはそれで結構なことではあるのだが溜まるばっかりで遣うのがおろそかになっている。
なにか理由を付けて出掛けなければ、収支のバランスが崩れて不健全なことになる。
と、いう訳でD200にマニュアルのマイクロニッコール105mmを付けて持ち出すことにした。
2006年に中古で買ったレンズであるが、タムロンSP90の柔らかさとは対極の濃厚な描写をするはずである。

DSC_8985

夕方で陽が差し込まない森の中なので緑色が落ち着いている。

DSC_8986

しかも、明るいとは言えない状態なので手持ちでF5.6を維持するのは難しいだろう。
ISO感度は400である。 キヌガサギク だろう。

DSC_8987

DSC_8988

緑は納得できる発色である。

DSC_8989

風で枝がゆーらりと揺れるのでピント合わせが難しい。
オートフォーカスレンズなら一気押しでとまるのであろうが

DSC_8990

DSC_8992

DSC_8994

DSC_8995

オオハンゴウソウ

DSC_8996

近づいたのでF8に設定したが、バックがうるさくトンボが埋もれてしまった。
開放の方が良かったのかもしれない。

DSC_8997

DSC_8998

サワヒヨドリ か

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示