FC2ブログ

オリンパスE-420かE-520か

Category : フォーサーズ

Pentax Optio WP

最近ずーと考えている。
もし買うのならE-420にしようか、それともE-520かと。
当初は小さいE-420に決めていたのだが、
この方がE-520が良いなんて言うものだから、
ぐらついてきているんだね、気持ちがー。


RICOH Caplio GX100

E-420を買ったは良いが、ぶれた写真ばっかりだったりして、
と、ずーと考えていたんだなー。
でも、そんなことにエネルギーを使わなくてもいいじゃないか、
簡単な答えが隠れていたよ。


Nikon D200 SIGMA24mmF2.8

どちらかを選ばなければいけないと、誰が決めたのだろう。
悩むのなら、両方手に入れれば良いのだ。
縦位置か、横位置か迷った時には両方撮る。
適正露出か、ハイキーか迷った時には両方撮る。
今までそうやってきたではないか。


Kodak DC4800

それにしても、Kodak DC4800は官能的な色を出すよね、
万能ではないが、当ると持ち味が光るのだ。


スポンサーサイト

フラッグシップ

Category : フォーサーズ

E-520のカタログから
カメラの世界にフラッグシップ機というのがある。
そのメーカーで一番高級で一番値段の高いカメラのことらしい。
アマチュアカメラマンの憧れの的、何時かは手に入れたい、使ってみたいというカメラ。
そのカメラを手に入れることが果たして幸せにつながるのだろうか。
そのカメラは夢のようなカメラで、どんな難題にも答えてくれるのだろうか。
自分の片腕となって、自分の目になって、自分の気持ちになっていつでも映像を切り取ってくれるのだろうか。


E-520のカタログから
誇らしく並べた交換レンズやシステムパーツ。
そのカメラさえ手に入れたら、写真はすべて君のものだ。
ーと、思わせるカタログや論評

E-520
ぶれない。見たまま。
AFライブビューデジタル一眼レフ。
E-520のカタログの文字である。
このカメラを手に入れると、難しいことをカメラが解決して簡単に良い写真が撮れるようだ。

多くの人が手ブレ補正機能が採用されているとしてE-420よりE-520を高く評価している。


E-420のカタログから
E-420は気軽に持ち歩ける小さな一眼レフを特徴としている。
18mmの超広角から600mmの超望遠までカバーする手ブレ補正撮影できるE-520
対するE-420は見逃していた何気ない毎日を写真に撮ることを提案している。


E-420のカタログから
この小ささが魅力である。
しかし、ひょっとしたらぶれているかもという不安がよぎる。
手に入れたいんだけれど、なかなか踏ん切りがつかない、というところがフラッグシップ機を手に入れる時と同じ悩みである。
手に入れたけれども使いこなせない、というのも同じ。
E-520にしておくのが安全であるが、どうしてもE-420が気になるのである。


Canon IXY DIGITAL 55
Kodak DC4800 良いカメラだ。
シャッターを切って、データが記録中でも直ちにズーミングして次のシャッターを切れるコンパクトカメラなんて、これ以外に触ったことがない。
カメラのホワイトバランスと露出に合致した時の画像は、完璧な色再現である。
F2.8~F4.5の明るさで35mm換算で28~84mmのレンズを持ち、1/1.75インチのCCDは力のある画像を記録する。
何枚ものA1サイズの作品をプリントしたが、破綻のないものであった。
今回このカメラを下取りに出そうとしている。
手元に残しておきたいのだが、新しいカメラを入れたら死蔵になりそうなので、そうなったらカメラがかわいそうだ。
なかなか悩ましいところである。

マウス

Category : パソコン

RICOH Caplio GX100
マウスを買い換えた。
パソコンに付いてきたものはボール式だが、画像の1mmのトリミングの時に言うことを利いてくれなくなった。


RICOH Caplio GX100
ボールとボール室の汚れかと、掃除をするのだがいっこうに改善されない。


RICOH Caplio GX100
マウスには、ボール式と赤外線式、レーザー光線式とがあるらしい。
レーザー光線式が働いてくれそうなので、それにした。


RICOH Caplio GX100
無線のが線が無くてすっきりとして良かろうと思ったが、重くて疲れるという声もありUSBケーブル付きとした。
軽くてすっきりとし、直線的な動きで満足している。
トリミングもうまくいく。

誰もいない写真展~みうらのぼる作品集から~ 

Category : Photo

RICOH Caplio GX100
玄関に入るとすぐそこはみうらのぼるの世界である。



RICOH Caplio GX100



RICOH Caplio GX100



RICOH Caplio GX100
自分の身近に置きたくなる写真も展示されている。
値札は付いていないが購入できるようだ。




RICOH Caplio GX100



RICOH Caplio GX100



RICOH Caplio GX100
1枚1枚の写真に付けられた題名が写真と一緒になってみうらのぼるの世界を作り出している。
ぜひ、ギャラリーに足を運んで、その世界に身をゆだねてみてほしい。




RICOH Caplio GX100
取材を受けるみうらのぼる氏と大友清志講師



みうらのぼるの誰もいない写真展

Category : Photo

みうらのぼる氏の写真展が「ギャラリー花のん」で開催されている。

また、6月10日には、女性だけのデジタルカメラ教室が同じくギャラリー花のんで午後1時から開催される。
講師は、フォトマスターの大友清志氏で受講料は無料である。


  みうらのぼる氏のプロフィール
1991 第42回アサヒ全北海道写真展入選
1994 第41回写真道展入選
1994 個展「空港のある風景」サッポロファクトリー
1996 第43回写真道展入選
2003 「空の日」フォトコンテスト佳作
2004 「空の日」フォトコンテスト銀賞
2006 個展「花物語り」千歳全日空ホテル
2007 新千歳空港フォトコンテスト優良賞
2008 個展「誰もいない写真展

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示