FC2ブログ

第1日目終了

Category : きぐる


-鬼胡桃 (website URL): 1枚目
下山してからレンタカーのパンクを修理して
から島一周の旅です。反時計周りで。
深夜、ゲートが閉まる前に淀川登山口の
林道に入れば良いですからね。
屋久島最北端の矢筈崎です。
西の磯場の洞窟に神社が祀られていました。
矢筈神社と呼ばれます。




-鬼胡桃 (website URL): 2枚目
矢筈崎の西側の湾である一湊の漁港から
眺める硫黄島(鬼界ヶ島)だと思います。
右のピークが硫黄岳になります。



-鬼胡桃 (website URL): 3枚目
一湊海水浴場の砂浜からの
矢筈崎です。
左のピークが矢筈岳で
標高134.5mです。



-鬼胡桃 (website URL): 4枚目
走行中に夕日をパチリですな。
左の手前の湾が吉田漁港の集落です。
まだ島の北端部分を走っています。
西南方向の永田方面を眺めた状態ですわ。



スポンサーサイト



もののけ姫の森を抜けたか

Category : もののけ姫の森


奥に見える頂は宮之浦岳でしょうか。
解説をもらわないと分かりませんね。

-鬼胡桃 :
太鼓岩からの宮之浦岳です。
ちょうど切れ目で見えてますね。
奥岳主稜が雲に隠れて残念。

催促して申し訳ない。
早速の解説ありがとうございます。


-鬼胡桃 :
太鼓岩からの辻峠方向の尾根です。
ヨウジガ高岳になります。宮之浦岳へ繋がる
尾根ですが一般登山道はありません。
大株歩道でこの尾根を迂回することになります。



-鬼胡桃 :
太鼓岩から眺める太忠岳の天柱石です。
ヤクスギランドから登ることができます。



-鬼胡桃 :
太鼓岩から安房港方面を眺めます。



-鬼胡桃 :
再び奥岳主稜線です。宮之浦岳のピークも
隠れてしまったね。太鼓岩の壁をちょっと
降りてみた状態です。



人影が見えてきましたね。

-鬼胡桃 :
降りた場所から太鼓岩を見上げます。
ほぼ一緒に登ってきた学生のパーティさんたちです。
1日1回遭遇のみなさんでもあります。




-鬼胡桃 :
太鼓岩から辻峠への下山開始です。
ここは若干斜面がきつめです。
前を歩くのはまた別のパーティです。


やっと下山ですか。
1日中歩きっぱなしで見ているだけでも疲れました。
どのくらいの時間を歩いたんだろう。
本日の行動はこのくらいで終了かな。


もののけ姫の森その2

Category : もののけ姫の森


道はこの樹の根元へと続いているのであろうか。



屋久鹿
しかも2頭



もののけ姫の森のもうひとつの門
それは出口か



気持ち正面の森が明るくなっているようだ。



樹の上に動くものが、




やっと広場へ出たのだが
ここは何処だろう。


-鬼胡桃 (website URL):
最初の写真はくぐりではなく
穴になっているだけなんです。
根っこが箒のようです。
もののけ姫の森からの出口には
ボルケーノなカルデラのような切株風な
杉が多くありました。
尾根に出るところが白谷の上部になる
辻峠になります。この周辺は峠になるので
光が多くなりますが展望はありません。
さらに峠から尾根を左手に急登すると
太鼓岩という展望の良いピークとなります。

もののけ姫の森その1

Category : もののけ姫の森



倒れた樹の腕から新しい枝が伸びて



前方になにやら人の姿が、
こんなところでジャンケンではあるまい。



ここなんかは空気がよどんで、おもーい沈殿池ふう。入れないね。



木の根の空間が変形住宅風で住民が息を潜めていて


-鬼胡桃 (site URL):
道も細く譲り合いモードです。
この学生の皆さんとは3日間
もののけ、温泉、灯台と1日1回は遭遇して、
また会ったねー!!て感じでやんした。
一期一会がすっかり三顧の礼だったりね。

空気の淀んだ....微妙です。
確かに水蒸気というか
湿気が多く空気が重く感じるのです。
しかしながら息苦しさは全く無いのです。
酸素がたっぷりあるという感じなんです。
緑が多い分、しっかり光合成してるんだろうなあ。

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示