FC2ブログ

さくら 浜離宮恩賜庭園

Category : さくら 浜離宮恩賜庭園














from syode 
3月20日に例年より8日早く開花宣言となった東京の桜、いよいよ見頃を迎えました。

桜の名所は数多けれど・・・今回は新橋駅より徒歩10数分、浜離宮恩賜庭園へ行って来ました。 
徳川将軍家の別邸(六代家宣~)から皇室の離宮となり国の特別史跡として現在に至ってます。
 「関東大震災や空襲によって損傷を受け往時の面影はなくなった」と庭園パンフレットには記されていますが、
都心にあってその清楚・閑静なたたずまいは外国人観光客にも人気のスポットとなっている様です。

私が訪れた3月30日は菜の花や牡丹も見る事ができました。


スポンサーサイト



もののけ姫の森への道2

Category : もののけ姫の森


樹齢○○年の巨木です。



芯がなくなって、枝が四方に伸びているのだろうか。



ほらほら、周りはそれらしく暗くなって…



樹の精が覗いているかも、


-鬼胡桃 (website URL):
七本杉は七本並んでるんじゃなく
枝が七本に分かれしちゃってるんですよね。
七本杉からすぐにもののけ姫の森です。
緑の世界が広がります。

そっかー
じゃあ、ここまではもののけ姫の森への序曲かあ
タイトルを変えなくちゃ

もののけ姫の森への道1

Category : もののけ姫の森


ほらほら、ここが入り口でしょう?



門があります。



第2の門です。



撮影者も震えています。
感じますか?
感じるでしょう。


-鬼胡桃 (website URL):
いやあ...単純に暗いだけなんす。
シャッタースピードが下がってるのを
てきとーに撮影してしまうと
ヨレヨレっす。(笑)

楠川歩道から三叉路で
白谷川から外れ
まずは「くぐり杉」です。
そして「七本杉」へ。


そろそろもののけ姫の森か

Category : もののけ姫の森


だいぶ上まで登ってきました。
見下ろすと結構な落差がありそう。



沢から離れてトラバースしている模様



おっと
不気味な樹木
根元に穴が開いているけど
人が通れるのだろうか



あの穴を潜り抜けると
この景色に出くわすのだろうかー、
いよいよの感じですな~。


-鬼胡桃 (website URL):
トラバースが終わる地点から
もののけ姫に近づきます。
鬱蒼と暗い森のため
シャッタースピードが遅く
ぶれた写真が多いです。
申し訳ないです。
一脚兼用ストックを使えば良かったですけど。

一脚兼用ストックは山用のストックの2倍以上の重さと値段するんですよね。
私も、持とうかと思ったけれど普通のストックを代用する工夫を考えます。


もののけ姫の森に近づいたか

Category : もののけ姫の森


そろそろそんな雰囲気になってきましたね。





倒れた木の上に子供が生えているのかな






-鬼胡桃 (website URL):
二代杉あたりはまだ入口です。
徐々に歩いて行きます。

もののけ姫の森へ

Category : もののけ姫の森


屋久島全島の見取り図です。



真近に山塊がそびえます。



川に沿って登ります。





水が見えなくなりました。
そろそろ、もののけ姫の棲家に近づいたのでしょうか。


-鬼胡桃 (website URL) :
白谷峡雲水峡の渓流が登山口になります。
下の大岩もまだ入口付近なんですよ。
渓流部分から少し離れて
山道を歩いて白谷山荘(無人避難小屋)に到着し
さらに歩くともののけ姫の森になります。
そして尾根まで登ると、そこが辻峠です。


もののけ姫の森

Category : もののけ姫の森



ここはベースキャンプでしょうか
この車が宿舎にもなるんですね



フェリーが入ってきます
安房港でしょうか。



山が海岸まで迫っているように見えます。
いよいよ山に入るんですね。


-鬼胡桃 (website URL) :
空港でレンタカーを受け取り早速
もののけ姫の森へ。
この森は白谷雲水峡の奥の部分です。

レンタカーはスズキのMRワゴンです。
ワゴンRにしなかったのは運転席の
シートがフラットに倒れないためです。
MRワゴンは綺麗にフラットにはなりませんが
リアシートの手前に納まるのですよ。

写真は白谷雲水峡へのアクセス道路の
脇からの写真で、眼下の港は
宮之浦港になります。

屋久島は極端に言うと台形な島で
海岸線から本当に急激に標高が
上がります。
小さい島なのに九州最高峰の
宮之浦岳をもつのも納得しちゃいます。

着きました屋久島空港

Category : 屋久島へ


またまた噴煙が見えます。
日本は火山列島であることが
よーくわかります。
ーで、地図を見ても見つけられません。



到着しました、屋久島空港。
いいですね、機体の一部が開いて
階段になり、手すりをつかんで降りてくる。



日本人にはこのデザインは出来ないか。
黒の翼と6枚プロペラがアクセントになっていますね。
思ったほどギラギラとした日差しはないようですね。


-鬼胡桃 (website):
屋久島の北西にある薩摩硫黄島です。
活発な活動を続ける火山島で
海の色もまっちゃっちゃなのが有名です。

離島の空港ではほとんどが
エプロンに直接降り立ちますね。
ボンバルディアは
ローカル路線を想定した造りなんでしょう。

屋久島空港へ

Category : 屋久島へ


飛び立ちました。
プロペラ機です。
私はまだ1度も乗ったことがありません。
どんな音がするんでしょうか。



鹿児島市を見下ろしているようです。



鹿児島の顔 桜島
御岳というんですね。
いやー恐ろしいような、見たいような。



石油備蓄基地でしょうか、
桜島の傍だとヒヤヒヤものですね。
どのくらい離れているのでしょうか。



あれに見えるは、開聞岳と池田湖でしょう。



ぐんぐん高度を上げて屋久島へ


-鬼胡桃 (website URL) :
ボンバルディアは故障が多く何時かは?
って思ったらやっちゃいましたね。
でも、YS-11に比べればは乗り心地も良いし
静かな機体です。故障さえなければ
すばらしい飛行機なんですけどね。

見下ろしているのは
加治木付近で錦江湾(鹿児島湾)の
北端部分になります。
薩摩半島と大隅半島の
ちょうど股間の位置です。

桜島は降灰が日常化して
噴火で動揺することもなく
生活がいとなまれてる風景が
なんかスゴイです。
まさに火の国、
激しい自然を実感します。

石油の備蓄基地は民間の
喜入の備蓄基地です。
日石が管理しており、志布志湾の
国の備蓄基地とセットで考えると
やはりかなりの量が鹿児島に
ストックされていますよね。

ともあれ、開聞岳。
まさに薩摩白波のコマーシャルですわ。
特攻機が最後に見る
日本の風景となると
知覧で語り部の方が話しておりました。


着きました鹿児島空港

Category : 屋久島へ


着きました鹿児島空港
乗ってきたJALエクスプレス



どこのヘリでしょうか。



翼が胴体の上についています。
一見、翼が無いみたい。



これに乗るんでしょうか?


-鬼胡桃 (website URL):
ヘリは鹿児島県警のベルです。
山岳救助用にも使われるかな?

ひょろーんと長いのは
ボンバルディアのDASH8です。
これと同じ機体で屋久島に渡ります。

下の小さめの機体はサーブです。
これは奄美方面と繋ぐ路線だと
思います。
サーブもHACで道内路線用に
数機保有してますね。


カナダ・ボンバルディアDHC8
早速今日(3/13)テレビに出てましたなー。
スムースな着陸で良かったですわ。 

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示