FC2ブログ

190724 韓国 ロ軍機に警告射撃  竹島領空 手出せぬ日本

Category : 竹島
DSCF3048
'19/07/24付北海道新聞朝刊5面の記事

韓国 ロ軍機に警告射撃
竹島領空 手出せぬ日本


韓国軍戦闘機が島根県・竹島(韓国名・独島)周辺で、ロシア軍機に警告射撃した。

日本は「固有の領土」と主張するが、実効支配するのは韓国。

外国軍機が飛来しても「手出しできない」(防衛省関係者)空域だ。




DSCF3049
「韓国軍は領空・領海を守るための警戒態勢を整えている。一寸の譲歩もあり得ない」。

合同参謀本部の関係者は23日、ソウルで記者団にこう強調した。

同日午前9時9分。

ロシア軍のA50空中警戒管制機が韓国軍機による無線警告を無視し、竹島領空に侵入。

警告射撃を受けていったん離脱したが、旋回して戻ると同33分、再び領空を侵犯し、韓国軍機がさらなる警告射撃を行った。




DSCF3050
日本政府は航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応したと強調する。

しかし防衛省関係者によると、緊急発進したのは、中国軍機が東シナ海から北上してきたからだった。

ロシア軍機による竹島付近の飛行が緊急発進の直接の理由ではないという。

日本政府は竹島上空に「領空」を設定しているものの、韓国が実効支配しているため外国軍機が飛行しても、緊急発進の対象とならない。

さらに領空侵犯に備えて領空外側に設定する「防空識別圏」にも竹島上空を含めていないのだ。




DSCF3051
ロシアの爆撃機「ツポレフ95」は先月20日には、沖縄県・南大東島付近などでも領空を侵犯。

極東地域を管轄するロシア東部軍管区が定期的に軍機を飛行させ、韓国軍や日本の自衛隊双方の反応を試している可能性もある。

日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟や半導体材料の対韓輸出規制で日韓関係は「戦後最悪」(日本政府高官)の状態。

日本側からは、警告射撃は竹島を「韓国領」と国際社会に印象づけようとする韓国側の思惑があるとの疑念が渦巻く。(ソウル、モスクワ、東京共同)



191023-190724韓国ロ軍機に警告射撃


スポンサーサイト



190724 韓国、ロ軍機に警告射撃  竹島周辺 「領空侵犯」と360発

Category : 竹島
DSCF3041
190724北海道新聞1面の記事

韓国、ロ軍機に警告射撃
竹島周辺 「領空侵犯」と360発


【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は23日、島根県・竹島(韓国名・独島)周辺で、ロシア軍のA50空中警戒管制機が同日午前、2回にわたり領空侵犯したとして、韓国軍戦闘機がロシア軍機の約1キロ前方に向け計約360発の警告射撃をしたと発表した。

ロシア軍機の領空侵犯は初めてとしている。

これに先立ち、ロシア、中国両軍の爆撃機計4機も韓国の防空識別圏内に入ったため無線で警告したという。




DSCF3042
中ロ軍機は日本の防空識別圏に入っており、竹島を「日本固有の領土」と位置付ける日本政府は自衛隊機を緊急発進(スクランブル)させた。

また、A50が日本の領空を侵犯したとしてロシアに抗議した。

韓国政府に対しては、警告射撃に関し「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして、到底受け入れられず、極めて遺憾だ」と外交ルートで厳重抗議した。

一方、韓国外務省当局者は、領有権は韓国側にあると反論し「一蹴した」としている。




DSCF3043
ロシア国防省は23日、爆撃機「ツポレフ95」2機が中国のH6爆撃機2機と共に、日本海、東シナ海の公海上空で初の合同パトロール飛行を行ったと発表。

国際空域を飛行中に韓国軍のF16戦闘機が接近し「進路を妨げ、危険な状況を作り出した」と非難した。

ただ、A50には言及していない。


韓国軍合同参謀本部の関係者によると、中ロの爆撃機4機が韓国の防空識別圏に出入りを繰り返し、無線の警告に応答しないまま離脱した後、A50が飛来。

竹島周辺を旋回するような形で、2回、計約7分間にわたり「領空侵犯した」という。




DSCF3044
韓国が竹島を実行支配していることから日本政府は上空に防空識別圏を設定していない。


191022-190724 1面韓国ロ軍機に警告射撃



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示