FC2ブログ

160602 世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由 3-3

Category : 福田和也のへそまがり世間論
P2234491
福田和也のへそまがり世間論

世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由
3-3

昨年、広島の鞆の津ミュージアムで開催された展覧会「極限芸術 死刑囚の表現」を見てきました。
死刑囚37人の制作した絵や器など300点が展示されていました。
私は「和歌山・毒入りカレー事件」の林真須美死刑囚の絵を見て驚きました。
はじめは家族を描いた漫画のような稚拙が筆捌きだったのですが、次第に技量を習得していき、血に濡れた涙と首吊り縄を描いた『国家と殺人』、青空が広がる外界から隔離され、小さな部屋に閉じ込められている自分を描いた『青空泥棒』など、ある種の抽象画としてかなり高いレベルに達していたのです。
死と向き合った人間ゆえの精神の深化が、そこには表れているように思われました。
人間にとって究極の決断とは、自らの実存を如何に把握し、発揮するかということでしょう。
その点、死刑囚たちの作品は、出来栄え等を問わない、真摯な創作意欲に溢れているのです。


P2234492
死刑廃止を唱える根拠の1つに、更生の道を閉ざしてしまう、という意見があります。
身もふたもない言い方ですが、死刑に値する罪を犯した人間が真に更生することはあり得るのでしょうか。
それを考えるうえで、『死刑絶対肯定論 無期懲役囚の主張』(新潮新書)は非常に興味深い本でした。
著者の美達大和氏は殺人を犯し、無期懲役の判決を受けました。
現在、刑期10年以上かつ犯罪傾向が進んだ者のみが収容される「LB級刑務所」で服役中ですが、彼は受験者の実態を見て、「犯罪者のほとんどは反省しない」と断じています。
とくに無期懲役囚は、反省、謝罪、更生の効果が望めず、それどころか、自分をこのような状況に陥れたのは被害者だと言う恨みを抱き続けるというのです。
無期懲役は終身刑と違い、仮釈放があります。
人を殺した非を全く反省することなく、長い時間を刑務所で過ごし、恨みを募らせてきた人間が解放されるのだとしたら、これほど恐ろしいことはないでしょう。



(’14.8.28 週刊新潮)





スポンサーサイト



160531 世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由 2-3

Category : 福田和也のへそまがり世間論
P2234489
福田和也のへそまがり世間論

世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由
2-3

さて、わが国に話を戻すと、平成21年の内閣府調査では、国民の85.6パーセントが死刑の存置を認めるという結果が出ています。
この調査は5年ごとに実施されており、平成6年は73.8パーセントという結果でした。
一貫して増えていることがわかります。
日本では高度経済成長に入った頃より凶悪事件が減り、それと共に死刑判決も少なくなっていきました。
ところが、平成7年に起きたオウムサリン事件により一転して死刑判決が増え、国民の意識が死刑存置に大きく傾いていったのです。
私個人としても、死刑存置論を支持しています。
肝心なのは、人権の尊重をいかに考えるかということです。


P2234490
想像したくもないことですが、もしも罪のない家族が殺人者の手にかかったらーー。
私はその殺人者を絶対に許さない。
当然、死刑を要求します。
江戸の昔であれば、自ら敵を討ったでしょう。
今は判例主義で、1人の殺害であれば死刑を免れることが多いのですが、自分の利得のために罪のない人間を殺したのであれば、たとえ1人でも死刑に処すべきです。
そうした殺人者を自らの死と対峙させない限り、被害者の尊厳はありません。


P2234494
逆に自分が殺人を犯してしまったらーー。
月並みな言い方ですが、人生は何が起きるかわかりません。
ある日、自分が明確な意思をもって人を殺す可能性が絶対にないとは言えないのです。
もしも私が、誰かを殺し、死刑でなく、無期懲役となった場合、その後に残された時間は全く無意味なものになることが想像されます。
何故なら、「死」と向き合うことができないからです。
死刑囚であれば、執行がいつかは分からないまでも、自分の前に確実な死があり、その恐れから、被害者の受けた苦しみや恐怖に共感し、心から反省することがあるかもしれません。
また、死について繰り返し考えることで、精神が深化する可能性もあるでしょう。



(’14.8.28 週刊新潮)





160529 世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由 1-3

Category : 福田和也のへそまがり世間論
DSC_3739
福田和也のへそまがり世間論

世界が反対でも私が「死刑制度」を支持する理由
1-3

死刑ーー。
報道以外では頻繁に耳にする言葉ではありません。
しかし、わが国が死刑制度を維持している以上、国民は死刑に関心を持つ責任があると、私は思います。
加えて、死刑囚・袴田巌さんの再審が決まり、釈放された件もあって、今後、死刑の存置をめぐる議論はますます喧しくなっていくことでしょう。


DSC_3742
しかも、平成21年5月21日、日本では裁判員制度が始まりました。
すでに国民は、ある人間を死刑に処すべきかどうか決定しなければならなくなる可能性があるのです。
日本の現行刑法は、明治40年4月24日に公布され、翌年の10月1日に施行されました。
以来、死刑は廃止されることなく現在にいたっています。
これは、世界的に見ると、めずらしいことなのです。
現在、世界の3分の2を超える国が、法律上、または事実上、死刑を廃止しています。
アメリカは州によって異なりますが、EU加盟国はすべて死刑を廃止しており、EUに加盟する条件に死刑廃止を挙げています。
死刑廃止の根本には、死刑が生命という最も基本的な人権を侵害する極めて残酷で非人道的な刑罰だ、と言う考え方があります。


DSC_3743
また犯罪者を死刑にしてしまったら、更生の道がありません。
威嚇力の点でも、一瞬にして命を奪う死刑よりも、終身刑にして一生を刑務所の中で拘束し教化する方が、社会にとって喜ばしく効果的だ、という意見もあるでしょう。
犯罪者の生命を奪う刑罰は古代から見られますが、近代国家の死刑は中世ヨーロッパ社会の国家刑罰から始まったといえます。
12、3世紀ごろに出現した都市的環境においては、浮浪者、いわゆる非定住民による犯罪の増加が問題となりました。
こうした犯罪に対しては、それまでの罰金などといった処罰ではとても対処できるものではなく、犯罪被害の防止と威嚇のため、死刑が行われるようになったのです。



(’14.8.28 週刊新潮)




カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示