FC2ブログ

餘部鉄橋 完

Category : 餘部鉄橋


文字に書けばこれだけのことではあるが
重いものである。

既に架け替え工事は始まっているのであろう。



-鬼胡桃 Website URL :
私も知らなかったのですが
山陰本線の全線開通の最後の
工事はこの余部鉄橋だった
みたいですね。

ちょっと違うけど
難工事としては北海道の歴史の
1ページでもある青函トンネル。
まだ私は通ったことないので
体験してみたいです。


鬼胡桃さん、解説をお寄せ頂きありがとうございます。
次は何処を紹介できるかと、うれしい悩みが・・・
「近日堂々公開、乞うご期待!」です。

スポンサーサイト



餘部鉄橋 11

Category : 餘部鉄橋


2007年3月から鉄橋架け替え工事が始まるというので
今の鉄橋に対して感謝の気持ちを表す
巨大看板が掲示されているのですね。


-鬼胡桃 (Website URL):
ほんとうに町にとっては
ランドマークであり、
シンボルなのでしょう。
墜落事故という負の面もあったけど...



餘部鉄橋 10

Category : 餘部鉄橋


生活の道具として車は必需品となり、
ここもその例外ではないようだ。
人を運ぶ、チョット大きなそして少し重たい荷物を運ぶ
昔はやはり馬車であったのだろうが、


-鬼胡桃 (website URL) :
ここは余部鉄橋観光用の駐車場です。
トイレもあって、ちょっと前は
そんなものも無かったんですけど
いつのまにやら出来てました。


あっ、そうですか。観光客用の駐車場でしたか。
やっぱり、写真だけ見ても解説がないと実態は分からないものですね。
でも、写真は嘘をついているわけではありません。
そこに車があるのは事実なんですよね。


餘部鉄橋 9

Category : 餘部鉄橋


住んでる人は、いつもこういう風に
見上げているんですな、


-鬼胡桃 (website URL):
鉄橋でのスロー運転は
風の事故を懸念するより
民家への騒音を和らげる
意味合いの方が強いかもしれない
ですね。

餘部鉄橋 8

Category : 餘部鉄橋


ほんとに鉄橋のすぐ傍に民家があるんですね。


-鬼胡桃 (website URL):
登り口の民家の納屋には
お土産ものが無人販売してたり
資料などが展示してありました。


カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示