FC2ブログ

111207 高齢者講習の案内

Category : 自動車
運転免許証の更新期間が満了する日の年齢が70歳以上の人は、満了する日前6カ月以内に「高齢者講習」を受けなければ、免許証の更新手続きができません。ーという案内がきた。

高齢者講習


この講習は5,800円の手数料がかかり、自動車学校で3時間の講習を受けるものである。
その内容は、①老人の注意力・判断力低下が原因となる事故のビデオを見せる。
そして、信号無視や一時不停止など特定の交通違反がある場合、「記憶力・判断力が低くなっている」と判断され専門医による臨時適性検査が行われ、認知症と認められた場合は、免許の停止または取り消しとなると説明される。
②運転適性検査機器で注意力・判断力・正確な操作能力・視野視力の低下状態の認識・確認
③自動車学校のコースを試験官同乗で実車の運転
④試験官から再度特定交通違反があった場合の説明がある。
優良ドライバーは、70歳になるまでは5年間、70歳からは4年間でその次からは3年間の免許期間になる。
運転免許証の返納制度もあります、ーとも付け加えられる。

高速道路の逆走は、すべて高齢者なのだそうだ。



スポンサーサイト

車の中で寝る

Category : 自動車
大きさについて調べた結果、
車幅は、数字が一番小さい車とは15mmの差であった。
片側7.5mmである。

比較のために選考した車はいずれも3ナンバー車であった。
もう少し車幅が狭いと林道も楽かなと思ったが
15mmの差では買い換える要素としては弱い。
実際、冬の林道では4輪駆動車と出会った時
普通乗用車の我が車が谷側に避けて4駆を通すのである。

全長は我が車が一番長いのであるが、これについて不便に思ったことはない。

次に、「車の中で泊まれない」という事であるが、
相方曰く
「一年に何回あるの」
「年5回あったとしても、ホテルに泊まれば良いじゃない。年6万円くらいでしょ。」
「予約してないと泊まれないよ」
「テントもマットもあるでしょ。それをいつでもトランクに入れておくのよ。」

燃費にしても、我が車が8.1km/l、16.2km/lの車があったとして
1万円のガソリン代が5,000円ですむが、年間6万円の差で
10年で60万円の差がある。
「60万円の出費を抑えるために200万円を支出するの?」

ということで、今の車を持て余す様になるまで乗ることにする。
持て余した時にどの車にするかは、その時に考えることにする。
その時私がどんな車に乗りたいのか、
その時日本でどんな車を買えるのか、
これが一番心配なんだが
今の日本の文化のあり方からは、あんまり期待はできないが…

さて、来年はタイミングベルトとウォーターポンプの交換をしようか。
走行距離も95,000kmを超えたことだし…

大きい

Category : 自動車
見た目はそんなに大きいと感じなかったが、選んだ車はいずれも全幅が1.7mを超える3ナンバー規格であった。
日本の道は狭いのだから、5ナンバーの規格で使い易い車があってもよさそうなのに、

生産効率を高めるために車台や部品を共通化する。
より沢山売れる道路の広い国向けの車を、日本国内向けに手直しして発売しているのでは、
と穿った見方をしてしまう。

小さな車が良いとの風が吹けば、各社揃って小型車を発売し既に発売していた車種を整理する。
大きい車と小さな車2台持てる家庭では良いかも知れないが、1台の車を20年使おうとする家庭にとっては選択できない車である。
今買っても、いずれ家族構成が変わったり家庭の状況や環境が変化すればまた買い換えなければならないと思うのだ。

丁度使い易い手ごろな車が今買えないのである。

【注】 長さが4.7m以下、幅が1.7m以下、高さが2m以下で総排気量が2000cc以下のエンジン(ガソリンエンジンの場合)を積んでいると5ナンバー

今の世の中こんなもん か

Category : 自動車

昨日の続き
朝から仕事にかかりました。

後部座席の座面を外して背もたれの下部両側のボルトを外し、
上へ持ち上げる。
やはり動かない。

背もたれの周囲を眺める。
両側の内側にもう一組ボルトがあった。
計4個のボルトで止まっていたのだ。
これを外して上に持ち上げる。
動かない。
まだどこかに固定されている所がある感触である。
仕方なくまた札幌日産へ出向く。

そうだ、今日は日曜日で工場は休みか。
フロントの人がいれば分かるだろうとー。

工場の整備士がフロントにいた。
訳を話すと車を見て
「ここにも止まっている所があるんです。
ここを外して上に持ち上げれば外れます。」
とアームレストの奥のボルトを指差す。
「アームレストのある車はここにもあるんですよ。」

一度帰宅すると、分からないことがあったらまた来なくちゃならないので
店の駐車場で作業する。
同軸ケーブルを配線した時は9年前だから初めての作業の様なもの。
全部ボルトを外したがなかなか外れない。
さらに、背もたれの上のほうに両端と真ん中の3箇所にフックがあった。
悪戦苦闘しやっと同軸ケーブルの位置を調整できた。
礼を言い帰宅したが、工場長が初めから正確に伝えてくれていたらと
少し不満。

今の世の中ってこんなものだろうか。

工場長に教えてもらった

Category : 自動車

車にアマチュア無線のアンテナを付けている。
同軸ケーブルはトランクから室内に入って前席まで延びている。
7年程前にフロントの人に教えてもらって自分で設置したのだが
このたび基台の位置をもう少し後ろに変えようと思ったが
後席の外し方を忘れてしまった。

札幌日産の会社へ行った。
フロントの人が席を外していたので
工場長に直接尋ねた。

座面は下のフックを引けばロックが外れる。
背もたれは両側のボルトを取って上に押し上げると
外れる。
と教えてくれた。

家に帰って作業開始
座面はそのとおり外れた。
背もたれは両側のボルトを外して上に持ち上げても
動く気配はない。
まだどこかで固定されている。

暗くなったので続きの作業は明日だ。

カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示