FC2ブログ

191016macOS Catalinaをインストールしたのだが

Category : iMac
スクリーンショット 2019-10-08 7,50,37

アップデートの案内があったのでApp Storeを確認するとiMovieだったので「すべてをアップデート」をクリックしたのが間違いの始まりだった。 2019.10.08 7:50


スクリーンショット 2019-10-08 8,08,30

現れたのは「macOS Catalina」のアップデートの画面で、したに「ほかにもアップデートがあります」とあったが、これがiMovieだったのだ。

macOS Catalinaは、10月にリリースされるという情報があったので、やっときたかという思いでクリックしたのは「今すぐアップグレード」だった。 8:08



スクリーンショット 2019-10-08 8,43,41

インストールを設定するため、続けるをクリック。 8:43


スクリーンショット 2019-10-08 8,45,34

HDにインストールされるをクリック。 8:45


スクリーンショット 2019-10-08 8,46,58

Catalinaは64ビットのプログラムなので32ビットのプログラムは使えなくなるのは知っていました。
Apertureはレタッチの途中で異常終了する頻度が高くなっていたので、使い易くなると言われていた写真appを試してみようと思っていた。
なので続けるをクリックした。 8:46



R0016818
インストールのパスワードを入力したのが 8:48
あと3分の表示がでで10:59



R0016819
解析の画面が表示され、スクリーンショットを撮ろうとしたができず、続けるをクリックしたができず、トラックパッドの左下を押して次の画面へ 11:06


R0016820
スクリーンタイムの画面が出て、スクリーンショットはできず、続けるをクリックしたができず、トラックパッドの左下を押しても反応なし 11:09


R0016821
4時間後無反応だったので電源ボタン長押しで強制終了し、電源コードを抜いて10分後に電源ONするとCatalinaの画面が出た。
そして、キヤノン・インクジェットプリンタ ソフトウェア・アップデートの画面が出る。 15:18



スクリーンショット 2019-10-08 15,18,17

15:18


スクリーンショット 2019-10-17 14,27,53スクリーンショット 2019-10-17 14,28,06

Catalinaのインストールはできたものの、ドックのシステム環境管理に赤丸❶がついており、システム環境管理を開いてみると Apple ID についている。


スクリーンショット 2019-10-10 21,13,50

それを開くと「iCloudを使い始める」に不具合があるらしい。
私はiCloudを使っていないし、これからも使わないのでなぜ赤丸❶がついているのかわからず詳しい人に尋ねたら、「iCloudを使えとAppleが圧力をかけているのかも、iCloudにシステム環境設定でサインインすると消えたので何か関係ありそう」とのこと。

Appleサポートに尋ねることができたので状況を説明すると、iCloudを使い始めないと消えない仕様とのこと。

10月8日から今日15日までああでもないこうでもないと錆び付いた頭を悩ませてきたが、やっとこのまま放置するという結論を得た。




スクリーンショット 2019-10-16 7,56,56

なんと、10月16日に Catalinaの追加アップデートが出された。
「インストール設定アシスタントが完了しない問題を修正」とある。
スクリーンショットを撮ろうとした事がダメだったわけではないのだ。



スクリーンショット 2019-10-16 7,59,27

インストールを選ぶとスムーズにダウンロードされ、「解析」「スクリーンタイム」と画面が進み終了した。

ドックのシステム環境管理の赤丸❶は依然として付いているが・・・・。
大きなアップグレードは安定してから実施しなければ・・・と


スポンサーサイト



180303 iMac 21.5-inch Mid2011 オプソリート製品に追加

Category : iMac
DSCE4856
’18/03/03に「Apple,iMac(21.5-inch,Mid 2011)をオプソリート製品に追加」という記事があった。

それって、つい先日まで使っていた私のiMacではないか。

「オプソリート製品」とは、
製造中止から7年以上が経過した製品のことを指し、オプソリート製品と認定された場合、Appleはハードウェアサービスを受け付けてくれない。〜のだそうだ。

iMac Retina 2017 が故障した時の備えに使おうとしていたのだが・・・。





180218 LANケーブルを買った

Category : iMac
DSCT1880
iMac Mid 2011 を少し離れたところで使うために3メートルのLANコードを買った。
我が家には無線LANの装置がないので有線なのである。



R0016711
店ではELECOMの製品がメインで、低廉な製品の展示は1割にも満たない。
取り回しの楽な「やわらか」さを売りにしているものを買った。



R0016709 (1 / 1)
予想していた通り「Made In China」であったが、選びようがないのだ。









180303 iMac Mid 2011 がオブソリートに って!?

Category : iMac
“DSCE4857”
iMac(21.5-inch, Mid 2011 がオブソリート製品に っていう記事がある。
オブソリート製品とは、製造中止から7年以上が経過した製品で、ハードウェアサービスを終了する。〜ということと・・・。

そう、私が持っているのが正にそれで、そろそろ次のを入れる頃かなーと iMac Retina 2017 を入れたばかりなのである。
なんというタイミングの良さ!!
まるで私がRetinaを買うのを待っていたみたいではないか



171229 Aretureの異常終了

Category : iMac
スクリーンショット 2017-12-28 142833

かなり前からApertureが変な動きをしていたのだが、年も押し迫った今日この頃レタッチ中に突然終了してしまうのだ。

一応Appleに情報を送ろうと思い「レポート..」をクリックして状況報告してきたのだ。



スクリーンショット 2017-12-28 142910

再起動すると障害時の報告を自動送信するよう促されるが、自動送信については「いいえ」にしていた。


スクリーンショット 2017-12-28 162308

何度もそんなことをしていると「警告」が出る。
繰り返しクラッシュしているので、データベースに矛盾がある可能性がある。〜と。
それで「修復」をクリックして



スクリーンショット 2017-12-28 162417

「フォトライブラリFirst Aid」の「データベースの修復」を実行するのである。

修復後も安定せず突然終了してしまうのである。
仕方なく自動送信するように設定してご機嫌を伺うことにする。

Apertureの最後のバージョンは、3.6である。
私は’14/10/22にバージョンアップを終えた。
その後、OSはYosemiteからEl Capitan,Sierra,High Sierraとグレードアップしてきた。

Yosemite Ver.10.10.3(’15/04/10Ver.Up)から「写真app」が付属するようになったのだが、レタッチ機能が付いてなかったのとApertureとはまるで別物のアプリケーションだったので引き続きApertureを使うことにした。

〜が、’15年6月にはApertureのおもりは辞めるとAppleが発表したけど製品は買って自分のものだから使い続けようと今日まできたのである。

開発がされないのだから、その後に発売されたカメラに対する対応はなされない。

新しいカメラの認識、EXIF情報の表示などができないのはまあ仕方がないと諦めていた。

High Sierraになって写真appに調整機能が付加されたとのことだが、レタッチ機能が見当たらない。

フイルムをスキャンしたデータをレタッチする作業があるので、Apertureからは離れられないのです。

そんな時の突然のクラッシュのラッシュ!!

早く写真appに乗り換えろと言わんばかりの仕打ちに思える。




カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示