FC2ブログ

130102 生きる力 それは欲望

Category : XZ-2

年頭から煩悩の嵐。

年末にOLYMPUS STYLUS XZ-2を借りて4〜5日ほど使ってみた。

外観は、電源が入っていない時はレンズが収納されていて携帯するのに都合が良い。—が、ポケットに入る大きさかといえば、そうでもない。小さなバックに入れるか、ストラップを付けて首から下げるかが良いところだろう。

操作して不都合に感じたところ、電源ボタンが押し辛くて気持ち良く電源が入らなかったし、カメラ背面のfc1ボタンがカメラを操作している最中に触ってしまってデジタルテレコンになってしまうことが度々あったのでfc1ボタンの機能を外して使った。オリンパスご自慢のハイブリットコントロールリングは広角側、望遠側のストッパーがないので無節操に回ってしまい興ざめである。液晶モニターの表示も撮影倍率を表示するので35ミリ換算で何ミリになっているのか計算しなければ分からず使い辛い。

撮影して感じたことは、AF合焦速度が速い。シャッターのタイムラグが小さい。E-M5+ZD14-54mmⅡを使っているが、AFはXZ-2の方が気持が良い。気温零下5℃程度で寒風にさらされると満充電のバッテリーが悲鳴を上げ出す。残念ながら寒冷地での活躍は期待できないだろう。E-M5+ZD14-54mmⅡのサブカメラとしてはあっても悪くはない。


スポンサーサイト



121227 OLYMPUS STYLUS XZ-2って

Category : XZ-2


RICOH Caplio GX100

寒さに弱いのは、このバッテリーのせいなのか。


RICOH Caplio GX100

このファンクションキー1は、カメラを構えている時に指が触れる所にあるもんだから、いつの間にかデジタルテレコンになっているのでOFFにしました。


RICOH Caplio GX100

オリンパスご自慢のハイブリッドコントロールリングは、左手でカメラを持ち替えなければならないから使わなかった。ズーミングしてもどこまでもするすると回るので、生理的に受け付けないようだ。露出補正もカメラの持ち替えが面倒なので右手親指でサブダイヤルを回した方が楽なのだ。


RICOH Caplio GX100

三歩ゆずっても液晶モニターに表示される倍率が35mm換算の焦点距離ならまだ使えると思うのに。(液晶モニター右上)


RICOH Caplio GX100





121227 XZ-2のホワイトバランス

Category : XZ-2

PC270319 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
仕上がり:NATURAL 露出補正:なし ホワイトバランス:AUTO

OLYMPUS STYLUS XZ-2は、ホワイトバランスを変えられるので赤だけを1目盛りずつ変えて撮影した。

PC270320 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
仕上がり:NATURAL 露出補正:なし ホワイトバランス:AUTO+1STEP(R)

緑と赤の手袋の色合いの変化は大きくないが、テーブルの茶色が濃くなっているのが分かる。

PC270321 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
仕上がり:NATURAL 露出補正:なし ホワイトバランス:AUTO+2STEP(R)

左の手袋と上の青白の手袋の白い部分が赤味を帯びて、手袋が暖かそうに変わっていくのが分かる。



121226 XZ-2 C-AFでD200に挑戦

Category : XZ-2

PC260275 (1 / 1)

PC260276 (1 / 1)

PC260277 (1 / 1)

PC260278 (1 / 1)

PC260281 (1 / 1)

OLYMPUS STYLUS XZ-2

C-AF 連写モード。

PC260284 (1 / 1)

PC260285 (1 / 1)

PC260286 (1 / 1)

PC260290 (1 / 1)

PC260295 (1 / 1)

OLYMPUS STYLUS XZ-2

C-AF 連写モード。

PC260310 (1 / 1)

PC260312 (1 / 1)

PC260313 (1 / 1)

PC260314 (1 / 1)

PC260316 (1 / 1)

OLYMPUS STYLUS XZ-2

C-AF 連写モード。 シャッター半押しにすると液晶モニターがブラックアウトするのでシャッターを押すタイミングが難しい。

DSC_2219 (1 / 1)

DSC_2220 (1 / 1)

DSC_2222 (1 / 1)

DSC_2224 (1 / 1)

DSC_2226 (1 / 1)

DSC_2227 (1 / 1)

DSC_2229 (1 / 1)

DSC_2230 (1 / 1)

Nikon D200 AF-S DX VR18-200mm F3.5-5.6

AF-C 連写モード。 D200のファインダーの良さを改めて確認した。で、XZ-2とD200の写真の差は・・・。



121225 XZ−2 と GX100 で風景を

Category : XZ-2

PC250249 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015734 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100

RICOH Caplio GX100はPモードで補正なしの設定で撮影したので、カメラ標準設定の4:3のアスペクトになった。XZ-2もPモード補正なしである。

PC250250 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015735 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100



PC250251 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015736 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100



PC250252 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015737 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100



PC250253 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015738 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100



PC250254 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015739 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100

空と雪に色調の違いがある。が、画質の差としてはどうであろうか。

PC250256 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015740 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100

比べるとWBに極端な差があるように見える。が、わからん!

PC250257 (1 / 1)
OLYMPUS STYLUS XZ-2
R0015743 (1 / 1)
RICOH Caplio GX100

RICOH Caplio GX100のAFは、こういう被写体には弱い。合焦マークがついたのでシャッターを押したのだが・・・。



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示