FC2ブログ

130510 まつかさ D200とE-M5

Category : Photo
DSC_2420

P5102133


スポンサーサイト



カメラの分類

Category : Photo
DSC_0423
Nikon D200/micro55mm

しのご、8×10、69、67、66、645など
フィルムの大きさによるカメラの呼び名だったような、

二眼レフ、一眼レフは
ピント合わせ機構の違いによる呼び名で、
35mmフィルム使用のカメラは
一眼レフカメラとレンジファインダーカメラ、コンパクトカメラ、インスタントカメラ
などがあったよねー、

二眼でないカメラは一眼で、
レフレックス機構がないからレフレス。
だから、レンジファインダーカメラやコンパクトカメラは一眼レフレスカメラかね。
レフレックス機構がなくてコンパクトだからコンパクトカメラ。

デジタルカメラは、撮像素子の大きさの違い、ピント合わせ機構の違い
により呼称が変わるのかねー。

カメラはカメラなのだから
商品名で区別をしたらどうなのかなー。
車と違って新製品ごとに商品名が変わるからだめかー…。

新しい分類で命名されるべきかー。


「鞄の中身」のyy2828yyさんは、また、怒っている。


たのしい写真 ホンマタカシ

Category : Photo

Nikon D200/Micro-NIKKOR55mmF2.8

ホンマタカシの「たのしい写真 よい子のための写真教室」という本を読んでいる。
読んでいく中に、次のような文があった。
この言葉は、忘れていた昔を思い起こさせてくれたようだ。
昔は、不自由な中で工夫しながら撮影していたもんだ。
常に工夫があったから、あきるという気持ちがなかった。
失敗写真ばかりになり撮影を中断した時期があったが、再開して最近では便利なデジタルカメラも手に入れた。
近頃では、撮影よりもカメラを集める事の方に気持ちが行っていたのだ。
満足できない写真をカメラの所為にして…

そもそも写真撮影には、カメラ=機械を使用しなければならないという制約がある。
どんなに写真家がこう撮りたい!と口にしてみたところで、カメラの性能が追いつかなければ実現しなかった。
ところが、デジタルカメラの進歩により、撮影表現の可能性は飛躍的に広がり、今では、誰もが、どのようにでも撮影することができるようになった。

その結果、皆が同じような写真を取るという、なんとも皮肉な事態が生まれた。
機械が発達して圧倒的に自由になったにもかかわらず、表現はみんな同じになってしまった。
「社会が成熟すると物事は平準化する」という考え方があるが、せっかく写真という自由を楽しんでいるのに、社会と同じように平準化してしまうなんて本当にバカらしい話です。

そこであえて不自由な制約を設けて撮影してみたらどうなるか。
実はこの「制約を設ける」という方法こそが、長く楽しく写真をやり続けるための秘訣なのではないか、とボク(ホンマタカシ)は考えている。
自分自身の感性とやらを過大に評価しはじめた瞬間から、行き詰まりがはじまる。
チッポケな自分自身の内面よりも、自分を取り巻く環境にこそ無限の可能性があると考えるほうが前向きで健全な気がする。

思い通りにならないことは、常に新鮮な驚きをもたらしてくれる。


こわれたサンディスクのCFカード

Category : Photo

LUMIX DMC-G1

壊れてしまった。
SanDiskのCompactFlash MEMORY CARDが…。
久し振りにKodak DC4800の電源を入れたのだけど、
CFカードを認識しないんですよ~。
「取り扱えないカードです(別のカードを入れて下さい)」って、メッセージが出るのです。

バッテリーの電圧が無いからかなと、予備の電池を充電して、再度電電を入れたのだけれど、
駄目でした。
パソコンでフォーマットしようとしても、パソコンも認識しないしー、
まいった。

だってこの64MBのCFカード、¥6,280もしたんです、平成13年ですけど。
箱や保証書に1,000枚無期限保証って書いてあるから、修理か新品と交換してくれるのかなー

カメラに入れっぱなしにしていたのが悪かったのだろうかー。

カメラ考察

Category : Photo
カメラ考察 

私が注目しているブログがある。
タイトルは「落書き」というのだが、とてもそんな内容ではない。
更新は、谷筋深く分け入っての滝の撮影や冬山テント泊後の記録などで山行後整理されてなされるのだが貴重なものである。
そのブログの記事の中から、自分が求めていたカメラや写真に関する記載を抜粋していつでも参考にできるように以下に掲載した。

-------------------------

今私はデジタルの世界にどっぷりと浸かっている。まだデジタル歴は1年未満だが、多くのことを学んだと思う。
カメラが吐き出すJPEGではとても満足出来ないので、Raw現像に拘り、その現像ソフトにも拘っている。
そしてベルビアとデジタルを何度も何度も比較し、今後はデジタルでいくことを決めた。
一部のプロが扱う上では、まだデジタルはリバーサルを越えれないと思う。
しかし、高画質なドラムスキャナ等が普通には使えないアマチュアが扱える範囲では、デジタルに分があるのではないか。


Nikon D40Xの画質は、他機と違う一皮むけたようなクッキリとした絵に見え、価格差が何倍もあるような高級機すら寝ぼけた絵にしか見えなかった。
実際に使ってみると、JPEGでは、リバーサルに較べ黒が浮いた白っぽい絵に見えたが、RAW現像で階調を好みにすると、なかなかの絵になった。
それとレンズ(18-55mm F3.5-5.6G II)も 素晴らしく、こだわりのある人からは見向きもされない安いレンズだが、少し絞って撮る限りは、その抜けが良くコントラストの立ち上がりのクッキリとした描写は秀逸で、広角域での目立つ歪曲等、細かい問題はあるものの、全てのNikkorの中で最も優れた一本だと今でも信じている。
D40Xの画質面では、結構満足して使っていたのだが、ケーブルレリーズが使えない、ミラーアップ撮影ができない、オートブラケットができない等々、非常に使いにくいカメラでもあった。


次に気になったのは、OLYMPUS E-3、ネット上のテスト作例を見ると、フォーサーズという小さなセンサーサイズにも関わらず、同時期に出てきたD300等は足下にも及ばない高画質に見えた。
ネイチャー向けのコンセプトも気に入り、導入してテストを開始、それなりの感触を得ていたのだが、愛犬の疾走の撮影時には、ちょっと力不足だった。
カタログ上5コマ/秒の連射性能もCAFでは、たちまちスピードが落ちてストレスがたまりまくった。


我慢できずにD300とバッテリーパックを購入、8コマ/秒の連射はCAFでも全く落ちることなく素晴らしかったが、もっと驚いたのがその画質、RAWで撮ったその絵は精細感にあふれ、ネット上のテスト結果のJPEGの甘い絵とは全くの別物に見えた。

E-3と比較の為、同じ被写体を撮りテストを重ねるが、どうもE-3に冴えはなく、マウントアダプターを介してE-3にニコンレンズを付けてまで徹底的にテストをした。
結果、非常に残念だったが、E-3は私の元から去っていった。


狂った私は、次にD3を購入してテストを開始、D300との至福の2台体制を組んだが、その絵の階調感にやや不満で、最低感度ISO200が、滝の撮影では、やはり使いにくかった。


PENTAXの出す絵は前から気になっていた。やはりネイチャーにはPENTAXかと、懲りない私はK20Dを試してみることにしたが、こいつには本当に驚いた。
画質の精細感が最上級なのはもちろんだが、なにより階調感が素晴らしく、曖昧になりがちなホワイトとシルバーの差といった微妙な領域も鮮やかに描ききる。
操作性も露出やフォーカスにマニュアル設定を多用する私の撮影スタイルにピッタリはまった。
ハイパーマニュアルと呼ばれる操る為の露出設定、元々90パーセント以上マニュアル露出で撮っていたが、K20Dでは、完全に100パーセントになった。
ミラーアップでのワンプッシュ連続オートブラケットも他メーカーにはない芸当だ。
他にも使いやすいデジタルプレビュー等、撮影を助ける為のギミックと呼びたくなるような機能が楽しい。
価格の低いレンズにも機能面での手抜きがなく、フォーカスリングは必ずレンズ前部にあり、きちんとマニュアルフォーカスができるようになっている。
しかし、カメラの為かレンズの為か、ストレートに描く特徴は、色収差等があれば、それがよりはっきりと見えてしまうようにも思う。


D300は残したが、D3は売却した。大きなセンサーは、高感度でのノイズ感で小さなセンサーにはっきりと差を付ける。
しかし、最低感度では画質に全く差がないというのが私なりの評価だ。
フィルムの世界では、ブローニと35mmには圧倒的な差があり、それ以上になるともっとすごい世界だと思う。
そういう意味では、フォーサーズもAPS-Cもフルサイズもたいした違いではない。
だいいちデジタルにおいてフルサイズなどという呼び方は違和感があるし、フィルムの価値観でデジタルを語っても仕方がない。
Nikonがフルサイズという言葉を使わずにFXと呼ぶのもそれを意識してのことだと思う。


結局のところJPEGでの比較に意味はなく、それはカメラが作る絵の違いでしかない。RAWで比較すれば色んな点が見えてくるが、現像ソフトにカメラメーカーの物を使う限りは、出てくる絵にJPEGとさしたる違いはない。


そしてそしてK-7、かなりかっこ悪かったK20Dに較べるともちろん、他メーカーのカメラと較べてもかなりかっこええと思う。小さく軽くなったボディは、何よりありがたい。
細かい違いはあるが、フィールドでの素晴らしい操作性は、もちろん受け継いでいる。
100パーセントのファインダー、ピントの山が見えやすい暗くざらついたスクリーン、軽快になった動作、早くなった書き込み等は、撮影時のストレスをさらに減らしてくれる。構図微調整や自動水平調整等の新たなギミックも搭載、これらが有効かはまだ分からない。
JPEGは、K20Dに較べると薄くコントラスト感のない仕上がりで、較べると寝ぼけた感じは否めない。
この点かなり物議を醸していて、画質が悪くなったと騒いでいるが、絵の振り方が変わっただけだ。
ノイズ、ノイズとそれが画質の全てのように言うから薄い絵になってしまう。
薄くするとノイズ感を減らせるからだ。
シャープネスの設定が弱いという評価が多いが、シャープネスよりもコントラストと彩度の出し方が違うように思う。
詳しい検証はまだだが、RAWで撮るとK20Dと基本的に同じで、高感度ノイズも同じだ。

理想のカメラに一歩近付いたかもしれないが、まだまだ大きくて重い。
K-mが出たときには導入を検討したが、D40Xと同じで、カメラの基本的な機能が備わってなくて断念。
入門機等という位置付けで必要な機能を削るのはやめて欲しい。

一方で今のデジタルカメラは、いろいろな機能が満載だが、殆どが私には必要ない。ピントの見えるファインダー、振動の少ない動作、ミラーアップ、オートブラケット、ケーブルレリーズ使用可、必要なのはこの程度で、シーンモードはもちろん、Dレンジ補正、HDR、ノイズ低減、カスタムイメージ等は全くいらない。


カメラの世界もどちらかと言えば重く大きく豪華な物がもてはやされ、質感という言葉が多用される。私は、精度に問題がなければ、プラボディでもなんでもかまわないし、質感等は二の次だ。

ネイチャー撮影では、小さく軽いということが何よりの恩恵をもたらす。
整備された道であれば、重さは我慢すればよいが、険しいルートをいく場合、それは遭難にも繋がりかねない。
重い荷物を背負ってゼェーゼェー、ヒーヒーと歩いても、大自然を見たり感じたりする余裕もないようでは、私には楽しくも何ともないように思える。


愛用機であるDMC-FT1には、それなりに満足しているわけだが、画質面でちょっと不満があって、広角域で鋭い切れ味の絵も望遠域になるにしたがいノッペリした霞がかった絵になってしまう。
Rawで撮れないので、青空のグラデーション等でJpeg圧縮に伴う画の荒れが目立つし、Web用に再圧縮するといちだんと顕著になる。

もう少しなんとかしたいと思っていたわけだが、カメラ屋さんにGF1を見に行くと、かなり安くなっていたこともあって購入してしまった。

マイクロフォーサーズといえば、一時はメインにと考えたOlympusのフォーサーズを経験済み、しかしOlympusはNikonとの対決であっけなく敗退、短いつきあいに終わった。これは、Olympusの性能が悪いというわけではなく、その絵作りが私の嗜好とは違ったということだと思う。

Olympusは、使ってみると当初の期待程の精細感がなく、ややのっぺりとしてしまうように感じた。
後から分かったことだが、ローパスフィルタが強い為にそのような絵になっているらしく、その分滑らかな絵だとも言える。これに対しPanasonicは、ローパスフィルタが非常に弱く、人工物等では盛大にモアレが出るらしいが、精細感や立体感はかなりのものらしい。

有名なdpreviewにおいても解像度テストでパナのマイクロフォーサーズが全く劣らないことを示している。
レンズシステムもなんとか揃いつつあり、その性能も侮れないものを持っている。
slrgear等で、安いキットレンズであるLUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.と誰もが最高のレンズとして疑わないNikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDを較べてみても全く劣らない程の素晴らしい性能だ。

パナのマイクロフォーサーズは、K-7のようなネイチャー撮影に有効な気の利いた操作性はなく、現場では苦労することも多いと思う。
だだ、その部分を我慢してでも試したくなるカメラだ。

機は熟したかなという感じで、GF1を試して良ければ、PENTAXを捨てて全てPanasonicに変えることまで考えている。
Panasonicからの新機種発表も近く、Olympusからはさらに小さい広角と高倍率ズームレンズの発売が予定されている。
Nikon、Canon、SONYのミラーレス機の噂も絶えない。

各社からミラーレス機が登場すれば、ますます面白くなると思うが、パナとオリ以外は独自マウントになるだろう。
オープン規格であるマイクロフォーサーズ、全てのメーカーが賛同してくれれば、ボディとレンズを自由に組み合わせることのできる夢のような世界になるのだが・・・





カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示