FC2ブログ

190317 インプレッサ アネシス サンバイザー壊れる

Category : インプレッサ アネシス
DSCF3092
インプレッサ アネシス で走行中、サンバイザーを下ろしたら落ちてきた。

目的地に到着してから嵌め込んだのだが、バイザーを下ろすと外れてくる。
どのように取り付けられているのか分からないので、インプレッサをスバルへ持ち込んだ。

バイザーの軸を固定する箇所が割れて外れていたと・・・。
接着剤で接着固定してくれたので、しばらく様子を見ることにする。

今まで10年以上乗ってきた車は3台だけど、10年未満の車も含めてバイザーは落ちたことがなかった。
バイザーの使用頻度から見るとどの車でも接続部分が壊れるほど使うことはなく、とすれば材質の経年劣化なのだろうか。
考えられないことである。



スポンサーサイト



171121 インプレッサ アネシス のリコール整備

Category : インプレッサ アネシス
DSC_5968
'16/12/16にインプレッサアネシスリコールの第1点目の整備「ウォーターポンプ交換」を受けた。↓
http://xe2xf.blog.fc2.com/blog-entry-1250.html

2点目の「エアバッグモジュール」の交換は、部品がないため1年後くらいに案内するということであったが、'17/10/07にリコール作業の案内を受けた。



DSCT1585
11月に12ヶ月点検を受ける予定だったので'17/11/20に一緒に作業してもらった。


DSCT1586
助手席のサンバイザーには、新しく乳幼児向けの注意書が貼られた。


DSCE4854
エアコンのファンにキュルキュルという音が出始めたのでどうして出るのか尋ねた。
「老朽化」と・・・。



DSCE4852
まだ、38,160kmしか走っていないし、エアコンの冷風は嫌いなので夏はほとんど使わない。
雨の日や冬期間の除湿と暖房しか回していない。
しかし、かえって使わないことでファンの軸受のオイルが固着したのかもしれない。


170115 スバル インプレッサ アネシスのリコール

Category : インプレッサ アネシス
IMGP0744
‘16年11月25日にスバルインプレッサアネシスのリコール報道があった。
車台番号で調べると該当することがわかった。


DSCF2132
リコールの内容の1点目は、
「エンジンのウォーターポンプのベアリング部の組み付け隙間が小さいため、ベアリングが破損し、ウォーターポンプがが破損し、ウォーターポンプが機能しなくなる場合がある。そのため、タイミングベルトが破損し、そのまま使用を続けると、エンジンが停止して再始動できなくなる畏れがある。」

と、いうものであった。


DSCF2184.jpg

2点目は、
「助手席用エアバッグの膨張装置のガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時に膨張装置容器が破損する畏れがある。」

と、いうものであった。


DSCF2183.jpg

1点目のウォーターポンプは12月16日に交換したが、2点目のエアバッグは在庫がないという。
それで、助手席を使わないようサンバイザーに警告書が貼られた。

交換時期はいつ頃になるのか尋ねたところ約1年後になるという。
エアバッグは、あのタカタ製で、まだ作っていないのでこれから作り準備できたら連絡するという。


161205 75歳以上運転者20万人 道内10年で倍増 高い死亡事故率

Category :
161202高齢者自動車事



’16/12/02の新聞記事

75歳以上運転者20万人
道内10年で倍増 高い死亡事故率


75歳以上のドライバーを対象に免許更新時の認知機能検査を強化する改正道交法施行を来年3月に控え、道内の75歳以上の運転免許保有者が20万7406人に上ることが、道警のまとめで分かった。
20万人を超えるのは初めてで、この10年で倍増した。

75歳以上のドライバーが主原因となった死亡事故は全体の10%を占め、認知症との関連が疑われる事例もあった。
全国で高齢ドライバーの事故が相次いでおり、道警は認知機能検査制度の周知を図っている。



「認知症の虞」2千人

道警交通部は死亡事故の原因について「身体機能や判断力低下による操作ミスや、アクセルとブレーキの踏み間違いが目立つ」と指摘する。

帝塚山大(奈良市)の蓮花一己教授(交通心理学)は
「注意力や判断力などの認知機能は徐々に低下するため、ドライバーが自覚するのは難しく、検査の機会はもっとあった方がよい」
とした上で、
「取消処分になる人が増えるため、特に公共交通機関の乏しい地方では、タクシーやバス料金の補助など行政的な支援がこれまで以上に必要だ」
と指摘している。



ーなどとしている。
高齢者の事故の報道は、駐車場や店舗へ突っ込んだものがほとんどである。
それは、新聞記事にもあるようにアクセルとブレーキの踏み間違いが原因だろう。

認知機能の検査をして運転免許の取消処分をすすめれば、事故発生を少なくできると考えているのだろうか。


新聞記事にあるアクセルとブレーキの踏み間違いは、起きるべくして起きているように感じる。
今の高齢者が運転免許を取った頃はマニュアルシフトの車が大半の時代だったろう。
しかもコラムシフトで、今の車とは運転方法がまったく別の車と考えた方がよい。



IMGP0975 (1 / 1)


クラッチペダル、ブレーキペダル、アクセルペダルと並んでいた車のクラッチペダルが無くなっただけと考えたのは分からない訳ではない。

クラッチペダルは思いっきり踏み込むので、右足でブレーキペダルを踏む習慣を左足でブレーキペダルを繊細に調節するのは難しいと感じて右足でアクセルペダルとブレーキペダルの両方を操作していたと考えられる。

危険と感じて右足でブレーキペダルを強く踏んだつもりが、アクセルペダルであったのだろう。

ブレーキペダルは左足、アクセルペダルは右足でとクセをつければ踏み間違いは回避できる。
ブレーキを踏んでかけるという習慣をペダルに足を乗せてから押す、という方法に直すだけでよい。

だいいち、いつでもブレーキをかけられるように用意しながらアクセルペダルを操作することかできる。
ペダルを踏み替えるタイムラグがない。
アクセルを踏みながらブレーキをかけることもできる。


自動車学校ではブレーキペダルの踏み方をどう教えているのだろうか。
“ブレーキペダルは右足で”と教えているのなら、問題はそこにあるのではないか。



161106 スタッドレスタイヤ

Category :
DSCF2156 (1 / 1)

11月に3回目の車検がある。
今持っているスタッドレスタイヤは7シーズン使ったブリジストンのものだ。
インプレッサは車重が軽いせいか効きが良いとは思えないが、一番良いという評判なので使ってきた。
走る距離は少ないのでまだまだ減ってはいないけど、ゴムが硬くなるので5年で交換した方が良いという話らしい。
5回どころか7回も使っている。

そんなことを思っていたら、ダンロップのタイヤのチラシが入った。
ダンロップのタイヤは、グリップは良いが減るのが早いという印象だったが、氷上性能と長持ちが謳い文句のチラシだ。


DSCF2124
車検整備時にスタッドレスタイヤもWINTER MAXX 02に交換することにした。
ダンロップタイヤショップでタイヤ脱着、ホイールバランス、タイヤ廃棄込みで73,200という価格を出していたがディーラーでも同じくらいの数字が出ていたので車検整備と同時に交換してもらうことにした。


DSCF2121
タイヤは、乗り心地を考えて195/65R15にしている。

DSCF2123 (1 / 1)
パターンはどのメーカーのものもミシュランのサイプの系統で、ゴム質に工夫があるのだろう。

DSCF2126
家に戻ってタイヤの空気圧を測ったら2,5もあった。

DSCF2128
これからの厳寒時にちょうど良くなるように多目に入れているのだろうか。







カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示