FC2ブログ

181024 宮崎哲也の時々砲弾 ノーベンバー・ステップス 3rd mov.

Category : 未分類
DSCF1116

宮崎哲也の時々砲弾
 ノーベンバー・ステップス 3rd mov.


さて、吉成真由美編著『人類の未来』(NHK出版新書)に収録された、フィナンシャル・タイムズ経済論説主幹、マーティン・ウルフのインタヴューの内容をみてみよう。

何度も紹介したように、ウルフは世界で1番信頼されている経済新聞の、当代で最も影響力のある経済ジャーナリストである。
世界の投資家、各国の財務大臣、中央銀行総裁ら実務家から注目されているだけではなく、多くのノーベル賞クラスの経済学者からもリスペクトされている。

この吉成氏による連続インタヴューに相応しい碩学なのだ。
経済記者といっても、日本の新聞紙面にゴミのような論説を書き散らしている経済部出の”茶坊主ジャーナリスト”と比べたら、それだけで礼を失する。




DSCF1118
ウルフはここで、ドルの基軸通貨としての未来、グローバル・エコノミーの進度に対応したグローバル・ガヴァナンスのあり方、国家主権と民主主義の行く末などについて、いつにもまして率直に談じているが、やはり刺激的なのは、日本経済の現状の見立てと将来の見通しであろう。

まずウルフは日本の財政状況を診断する。
「国の資産が負債をはるかに上回っていることは確か」だが、政府の負債がその「支払い能力を上回っている可能性」は十分にあると推す。

だが、デフォルト(債務不履行)を宣言するなど愚の骨頂であるし、「不必要なこと」だと断じる。彼は、日本政府はいつまで借金し続けられるかと問われ、「あと20年くらいは続く」と予測した上でこう述べる。




DSCF1119
「このような場合重要なのは、別のやり方、つまり政府がその債権者である国民に対して、妥当な総需要を保証する方向で働くということでしょう」
「日本銀行は政府のコントロール下にあり、国民は政府を信頼しているので、これが可能になります。ですから政府がすべきことは、妥当な国内総需要を確保するための持続可能な政策を施行するということで、これは理にかなっていると思います」

性急な財政健全化よりもまず総需要拡大が優先されるべきであり、その方途としてウルフが提案しているのが企業の抱え込んでいる巨額の余剰資金の活用だ。
内部留保課税のような乱暴な方法ではなく、現実的な方策が挙げられている。




DSCF1120
「法人税率を上げることです。日本では法人税を上げるのが適当だと思います」
いずれにしても、企業の内部留保や家計の保有する金融資産など、民間に滞留している2,000兆円を超える膨大なマネーを、いかにして投資や消費のかたちで動かしていくかが鍵となる。

景気回復、デフレ脱却のための金融政策、財政出動とは、詰まるところ、これを実現するための”呼び水”に過ぎない。

民間部門の過剰な黒字を公的部門に吸い上げて政府債務を解消することが財政再建の捷径しょうけいだ。
だが、消費税増税のような縮小均衡への道を選んではならない。




DSCF1127
ウルフはさらに公然たる財政ファイナンスを提案する。
「つまり企業の内部留保という余剰を除かない限り、この負債はなくならないという事実を踏まえて、日本銀行が国債を直接引き受ける、すなわち国債を貨幣化マネタイズすることになるでしょう。/日本銀行は国債のほとんどを保有することになるでしょうし、現在はどんどんそれらを貨幣化しています。国債を市場に再び売り出す可能性はなく、将来にわたって持ち続けることになるでしょう。日本の銀行は、日銀に多額の準備金を預けることになります。こうやって政府がどんどん国債を貨幣化して、市場にお金を拠出するわけです」




DSCF1122
時間は限られている。
いま総需要の拡大に躊躇したりしくじったりすれば、長期的には、20年から30年の後には悪性インフレに陥る虞がある。

だからこそ、現在は金融政策の「出口」を目論んだり、大規模な財政支出を厭ったりすべきではないのだ。

実に真っ当なマクロ政策だが、なぜかこの国では「禁じ手」扱いされる。




2017/11/16の週刊文春から



スポンサーサイト

140912 みなさまに深くおわびします 1-2

Category : 未分類
DSC_3144
140912 みなさまに深くおわびします 1-2

朝日新聞社社長 木村 伊量



朝日新聞は、東京電力福島第一原発事故の政府事故調査・検証委員会が作成した、いわゆる「吉田調書」を、政府が非公開としていた段階で独自に入手し、今年5月20日付朝刊で第一報を報じました。
その内容は「東日本大震災4日後の2011年3月15日朝、福島第一原発にいた東電社員らの9割にあたる、およそ650人が吉田昌郎所長の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発に撤退した」というものでした。


DSC_3146
吉田所長の発言を紹介して過酷な事故の教訓を引き出し、政府に全文公開を求める内容でした。
しかし、その後の社内での精査の結果、吉田調書を読み解く過程で評価を誤り、「命令違反で撤退」という表現を使ったため、多くの東電社員の方々がその場から逃げ出したかのような印象を与える間違った記事になったと判断しました。
「命令違反で撤退」の記事を取り消すとともに、読者及び東電福島第一原発で働いていた所員の方々をはじめ、みなさまに深くおわびいたします。


DSC_3147
これに伴い、報道部門の最高責任者である杉浦信之編集担当の職を解き、関係者を厳正に処分します。
むろん、経営トップとしての私の責任も免れません。
この報道にとどまらず朝日新聞に対する読者の信頼を大きく傷つけた危機だと重く受け止めており、私が先頭に立って編集部門を中心とする抜本改革など再生に向けておおよその道筋をつけた上で、すみやかに進退について決断します。
その間は社長報酬を全額返上いたします。


DSC_3148
吉田調書は、朝日新聞が独自取材に基づいて報道することがなければ、その内容が世に知らされることがなかったかもしれません。
世に問うことの意義を大きく感じていたものであるだけに、誤った内容の報道となったことは痛恨の極みでございます。


DSC_3149
現時点では、思い込みや記事のチェック不足などが重なったことが原因と考えておりますが、新しい編集担当を中心に「信頼回復と再生のための委員会」(仮称)を早急に立ち上げ、あらゆる観点から取材・報道上で浮かび上がった問題点をえぐりだし、読者のみなさまの信頼回復のために今何が必要なのか、ゼロから再スタートを切る決意で検討してもらいます。

DSC_3150
同時に誤った記事がもたらした影響などについて、朝日新聞社の第三者機関である「報道と人権委員会(PRC)」に審理を申し立てました。
すみやかな審理をお願いし、その結果は紙面でお知らせいたします。


DSC_3151


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【吉田調書を読み解く過程で評価を誤り】
読み解かなければならないような、難解な内容の調書だったのだろうか。
だから評価を誤ったのだろうか。
現代に作成された文書で、知識人が理解に苦労する文書だとは思えない。

【吉田調書は、朝日新聞が独自取材に基づいて報道することがなければ、その内容が世に知らされることがなかったかもしれません。】
正しく報道されていれば公表の必要があったであろうか。
曲解された内容だったから当事者の名誉のため公表せざるを得なかったのではないか。

【新しい編集担当を中心に「信頼回復と再生のための委員会」(仮称)を早急に立ち上げ、読者のみなさまの信頼回復のために今何が必要なのか、ゼロから再スタートを切る決意で検討してもらいます。】
社内の職員による委員会なのだから、「検討してもらいます」ではなく「検討させます」というのが社長としての姿勢ではないか。







140903 マウスを発注 

Category : 未分類
P9050019
ノートパソコンのタッチパッドが使いづらいのでマウスを買うことにした。
ノートパソコンにはBluetooth4が備わっているので、それを使おうとしたのだがこの新しい機構はまだ一般的にはなっていないようで、安定した性能が出ていないようだ。
ノートパソコンは、ウオークマンの楽曲管理を主な仕事になるので、必要な時に本棚から取り出して使うということになる。
従って、その度にマウスを付けたり外したりするのは面倒なので無線仕様としたいのだがBluetooothが使えないとなれば、一般的な無線仕様のマウスでUSBポートに受信機を付けっぱなしにすることになる。
気を付けて持ち運べばぶつけて壊すことはないだろう。
ーということで、LogicoolのM325tを選んだ。
ボタン数は五つで、右クリック、左クリック、スクロールホイール、右スクロール、左スクロールである。
iMacで使っているMagic Mouseとほぼ同じことができる。


131013 Olympus E-620 Panasonic DMC-LX7 2

Category : 未分類
P1000975
Panasonic DMC-LX7で撮影

PA132361
Olympus E-620 ZD14-42mmで撮影 以下同じ

P1000976

PA132362

P1000978

PA132363
よく言われるオリンパスブルー? 私はそんなこと感じたことないのです。
E-620はコントラストが強く、暗い緑が特徴だと思っています。濃い緑ではなく暗い緑です。




131230 大瀧詠一氏 逝去

Category : 未分類
P1010368
2013年12月30日大瀧詠一氏が亡くなった。65歳だった。解離性動脈瘤だったという。



 
カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示