FC2ブログ

190802 日韓外相が直接応酬  輸出規制 米仲介きょう再会談

Category : 輸出管理
DSCF3080
'19/08/02付北海道新聞朝刊5面の記事

日韓外相が直接応酬
輸出規制 米仲介きょう再会談


河野太郎外相は1日、訪問先のバンコクで韓国の康京和外相と会談し、日本の対韓輸出規制や元徴用工問題を巡り協議した。

康氏は日本政府が2日にも閣議決定する、輸出管理の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正の中止を求め、応じない場合は対抗措置に出る可能性を示唆。

河野氏は日本の対応の正当性を主張し、要求を拒んだ。

両氏は2日、仲介に意欲を示すポンペオ米国務長官を交えて再会談するが、事態打開につながるかは見通せない。   (上家敬史、ソウル幸坂浩、バンコク森奈津子)




DSCF3086
日本政府が7月4日に元徴用工訴訟の事実上の対抗措置として半導体材料の対韓輸出規制強化に乗り出して以降、日韓外相が直接会談するのは初めて。

康氏は約1時間の会談で輸出規制強化の撤回を要求。

ホワイト国からの除外が決まった場合の「両国関係への重大な影響」にも言及し、政令改正が閣議決定されれば「韓国としても必要な措置を講じるしかない」と強く牽制した。

これに対し、河野氏は輸出規制強化やホワイト国からの除外方針について日本政府の立場を改めて主張。

徴用工問題への対抗措置ではなく、「輸出管理を適切に実施する観点からの運用見直し」と訴えたとみられる

河野氏は元徴用工訴訟を巡り「韓国側の責任で国際法違反の状態を速やかに是正してほしい」とも要求。

韓国最高裁に賠償を命じられた日本企業に実害が生じないよう対応も迫ったが、折り合わなかった。




DSCF3089
康氏は会談後、ホワイト国除外に関し、韓国メディアに「韓日安全保障協力の枠組みに影響があり得ると話した」と説明。

韓国外交筋によると、除外が決まれば、8月下旬に更新期を迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄が検討される可能性がある

こうした動きを踏まえ、河野氏は1日夜、記者団に「(韓国側が)安全保障上の問題を他の問題と混同することはないと思う」と牽制した。

米国側は、日韓関係の悪化が北東アジアの安全保障環境に悪影響を及ぼすことを懸念。

ポンペオ氏は2日の日米間外相会談で日韓双方が争いを一時休止し、対立状態の解消に向けて交渉を進めるよう促す構えだ。

ただ日本政府高官は2日の閣議決定に関し「変更はない」と断言。




DSCF3098
韓国側も国内の反日感情の高まりを踏まえ「GSOMIAを破棄しても支持は得られる」(外務省関係者)とみており、日韓両国とも決定的な亀裂を回避するために妥協点を探る動きはない。


191109_190802日韓外相直接応酬






スポンサーサイト



190801 ホワイト国除外「延期を」  米、韓国との仲介案 日本は方針維持

Category : 未分類
DSCF3074
'19/08/01付北海道新聞朝刊8面の記事

ホワイト国除外「延期を」 米、韓国との仲介案
 日本は方針維持


日本による輸出規制強化など一連の日韓対立を巡り、米政府高官は7月30日、新たな措置は取らない状態で交渉する仲介案を提示したと明らかにした。

安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外する日本の手続き延期を事実上促す内容。

ロイター通信が伝えた。

日本は除外方針を維持し、関連の政令改正を8月2日にも閣議決定する方向で調整を続ける。




DSCF3077
日本政府が閣議決定するのは、日本企業が賠償を命じられた元徴用工問題の解決へ向けて韓国から譲歩を引き出すのが狙い。

世耕弘成経済産業相は「粛々と手続きを進めていく」と記者団に述べた。

菅義偉官房長官は記者会見で「安全保障のため、必要な見直しだ」と強調した。

ただ日韓対立を懸念する米国の真意を慎重に見極め、最終判断するとみられる。

日米間は、タイで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に合わせ、3カ国外相会談を2日に行う予定だが、日本は米国から正式に仲介案が示されても受け入れない考え。

1日開催を決めた日韓外相会談でも主張の応酬に終始し、平行線が続く見通しだ。




DSCF3079
ポンペオ米国務長官は、日米間会談で河野太郎外相と韓国の康京和外相に対し「前に進む道を見つけるよう勧める予定だ」と記者団に語った。


191108_1908018面ホワイト国除外延期を


190801 日韓議員 平行線  関係改善目指し会談

Category : 輸出管理

DSCF3067
'19/08/01付北海道新聞朝刊4面の記事

日韓議員 平行線
関係改善目指し会談


超党派の日韓議員連盟(額賀福四郎会長)は31日、韓国の超党派議員でつくる韓日議員連盟の議員団と東京都内で会談した。

韓国側は「戦後最悪」とされる日韓関係を議員外交で打開する狙いだったが、輸出規制強化や元徴用工問題を巡る議論は平行線をたどり、関係改善への努力を申し合わせるのにとどまった。




DSCF3069
会談は非公開で1時間45分行われ、日本側は額賀氏ら9人、韓国側は韓日議連会長を務めた徐清源団長ら10人が参加した。

日本政府は半導体材料の輸出規制強化に続いて、2日にも輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する見通し。

額賀氏によると、会談で韓国側は影響が大きいとして閣議決定の中止を求めたが、額賀氏は「輸出禁止ではなく、安全保障の問題だ」と説明した。

徴用工問題については、日韓請求権協定で解決済みとの立場に基づき額賀氏が「韓国政府が自ら処理することが解決策だ」と対応を求めたのに対し、韓国側は「8月の国会で解決策を講じていく」と応じた。




DSCF3071
一方、文化・スポーツ交流を継続させるべきだとの認識では一致。

徐氏は会談後、日韓関係について「このままではいけないとの思いは共有した」と記者団に語った。

当初予定していた共同声明の発表は見送った。 (古田夏也)



191107_1908014面 日韓議員平行線



カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示